1
/
5

「仕事って楽しい」新たな視点や関係性から生まれる仕事の面白さ。ープロジェクトマネージャー・小池隆太 《後編》

GCストーリーには社員の入社理由や近況をお届けしているYouTubeチャンネル「GC Days」があります。本記事では、メンバーインタビューの文字起こしをお届けします。

プロフィール
小池隆太/2017年新卒入社
従業員の幸せと事業の発展を同時に目指そうとする考え方に共感。その考え方をより多くの人に広げたいと思い、GCストーリーに入社。現在は主に、全国の看板や什器設置のプロジェクトマネジメント業務、職人のネットワークを活かした新規事業開発に参画している。

視点が増えて仕事が楽しくなった

ー最近の変化を教えてください。
最近はそうですね、調子がいいです。新しいチームの人たちとの関係性がすごく良いので、安心感があります。あとは業務範囲が広がっている感覚もあるので楽しいと感じています。

今までは製造の立場で、プロジェクトをどうやって回すかの話が多かったんです。加えて最近は、お客さんに対して何か出来ないか考える営業的な経験が増えたのが変化だなと思っています。

もちろんプロジェクトを実行していくことも楽しいんですけど、お客さんと関係性を作りながら進めていくのもすごく楽しいと気づきました。お客さんの為にもっと出来ることがないか考えると、よりお客さんが見えてない部分を考えた上で、自分たちがどう役に立てるかを考えていくのが必要だなと思ってチャレンジしています。

フラットな関係性でプロジェクトをより良くする

ー営業視点は、最初からうまくいきましたか?
最初はお客さんに対して何かしたいと思いつつも、無茶を言われることも全然ありました。看板職人さんとも一緒にプロジェクトをやるので、職人さんとお客さんの間に入ったときにどう立ち回るかは難しかったですね。

ー考え方の転機になった経験は?
大きくは1年目の最後に、代理店さんとスポーツメーカーのお客さんと仕事をしてすごく楽しかった記憶があります。それまでは縦の関係じゃないですけど、上にお客さんがいてGCが下にいる関係を作ってたなと思います。そうではなくフラットに、このプロジェクトをどうしたら良いものに出来るかを横並びで考えられた関係性がすごく良いなーって思いました。

そこからはお客さん視点もそうですし、よりプロジェクトが良くなるためにどう考えるかの視点が増えた感覚があります。

仕事をもっと楽しくしたい

ー今後やりたいことは?
個人的には、プロジェクト領域をはじめGCがやってる仕事に対して面白いと思える人が増えればいいな、そこを変えたいなって思っています。

自分はたまたまお客さんが多かったのもありますし、立場が良かったのもあるんですけど、途中から「仕事楽しいな」と思う機会や、より「こうしたい」と思う機会が増えたと感じます。みんながそういう気持ちになれると楽しいと思うので、「働きながら楽しい」状況をどう作るかを考えたいと思っています。

▼ 実際の声や話す雰囲気も知りたい方は、ぜひ動画もご覧ください。

▼前編の記事はこちらからお読みいただけます。

編集/櫻庭実咲

GCストーリー株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more