1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー第六弾 徳永 翔子】尊敬できるメンバーしかいない!個性の強い会社、Fusic

こんにちは!Fusic採用担当です。
本日は、2017年新卒入社のエンジニア、徳永 翔子さんにお話を伺ってまいります。

では早速インタビューしてまいりましょう!

―本日はよろしくお願いいたします!まずは簡単に自己紹介をお願いいたします。

徳永 翔子です。
2017年に新卒としてFusicに入社しました。
主にPHPでWebシステムを構築しています。
案件によってはCakePHPを使用したり、LaravelとVue.jsを使用したりと、業務内で様々な技術に触れています。

システム構築中はコーディングだけではなく、お客様と直接やりとりもしますし、これまで構築したシステムの保守なども担当しています。

また、連絡網サービスの『sigfy』という自社プロダクトの開発にも携わっています。

―なるほど。自社プロダクトに携わってみていかがですか?

自社プロダクトの開発は、「ゴールがない」と感じています。

それは、ユーザーの要望に応えるだけでは不十分で、競合サービスとの差別化や周りの環境など様々なことを考えなければいけないなと。

ユーザーが満足できるものを常に考えていかなければ、サービスとしてダメになっていくので、大変でもあり、やりがいにもなっています。

―2017年新卒入社として入社されたとのことですが、数ある会社の中でFusicを選んだ理由は何だったのでしょうか?

「もし会社がなくなったとしても、Fusicの社員はどこでも生きていけそうだな」と感じたからです(笑)

技術はもちろんですが、 仕事以外のことも積極的に吸収しようとする好奇心・人間性など、尊敬するところが多いメンバーがたくさんいます。

「何かあってもFusicのメンバーは生き抜いていく力がありそうだな」と就職活動時期の私は思っていました。

そしてそれは今でも変わっていません (笑)

―実際入社してみていかがですか?

特にズレはないです。
入社して感じたのは、やはりみんな個性が強いなということです(笑)

それぞれに色があって、こんな個性的な人たちが集まるところはないだろうなと感じています。

―仕事において、一番ワクワクしたことを教えてください。

私が所属する全チームメンバーと一緒に開発ができたことです。
Fusicはチーム制を採用していますが、チームをまたいで仕事をすることが多いです。
そんな中、初めて所属メンバー全員で、案件を担当することができました。
複数人で開発をする時は、常にメンバーとコミュニケーションをとりながら進めるため、とても明るい雰囲気で取り組むことができました。
また、同じチーム間ということもあり、相談もしやすく、一人で考え込まずに開発することができました。

―素敵な環境ですね!最後に、Fusicはどんなところですか?

自由であり、人間力を磨く場だと思います。

やりたい事はやりたいと言えば大抵のことはやらせてもらえる環境ですし、勤務スタイルも各人にあったものを、許容してくれます。

これだけ社員に自由があるのはありがたいことですし、あまり他社ではないのかなと感じます。

もちろんその分責任は重くなると思いますが、Fusicの社員は自由に生き生きと働いていると思います。

ありがとうございます!

Fusicでは、一緒に働く仲間を募集しています。

興味のある皆さん、是非一度お話聞きにきてくださいね!

株式会社Fusic's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings