1
/
5

リクルート広告営業から未経験でキャリアアドバイザーに転身。営業の楽しさを感じるワケとは

こんにちは!

株式会社ファンオブライフ人事の片桐です。

今回は、2020年7月に教育領域のキャリアアドバイザーとして入社した畠山さんに、営業職を経験したからこそ感じるやりがいや入社後の苦労、フルリモートになって感じることなど話を聞いてきました!

畠山 椋丞(はたけやま・りょうすけ)
教育領域「EducationCareer」キャリアアドバイザー

<経歴>
明治大学卒業後、新卒で不動産コンサルティング会社に入社。
人事部にて新卒採用業務を経験後、営業職として勤務。
その後、株式会社リクルート(旧・株式会社リクルートライフスタイル)へ転職し、
「HOT PEPPER Beauty」の広告提案営業に従事。
2020年7月ファンオブライフへ入社。


―最初に、弊社に入社をされる前のことを伺いたいと思います。

 前職の仕事内容を教えてください。

前職はリクルートグループのリクルートライフスタイルという会社で、主に美容院やエステサロン、ネイルサロンに向けてホットペッパービューティーの提案営業をしていました。最初の1年は新規開拓営業が中心でしたが、その後は新規・既存両方担当をしていました。


―リクルートライフスタイルの営業職は3年半という勤務期間が決まっているかと思いますが、その後は転職を考えていたのでしょうか。

はい、そうですね。入社時から3年経ったら転職しようと考えていました。というのも、元々美容領域への関心があって入社したというわけではなかったんですよね。身につけた営業スキルを違うところで活かしたいと考えていました。あとは給与UPも目指していました。


―元々転職を考えていたのですね。

 転職活動をする上での軸、大切にしていたポイントはありますか。

人材紹介会社に絞って転職活動をしていました。

前職で担当した美容室でも、新しい方を雇ったり辞めてしまったりということがあり、人が入れ替わるインパクトの大きさを感じていました。そんな中、新しく求人機能をリリースするタイミングがあって。その提案がとても楽しかったんです。人の面で何か解決していくことにやりがいと感じていたので、そこから人材業界に興味を持ちました。


―人材紹介といっても沢山企業がありますが、その中でもどのように絞っていったのでしょうか。

総合型のところではなく、領域特化型のところを見ていましたね。最終的に伸びるのは領域特化型なのではないかと思ったんですよね。何かの領域に特化している方が強みを活かした専門性の高いご支援ができると思いましたし、そういったところを選ぶ求職者の方も多いのではないかと思いました。


―その中で最終的にファンオブライフに入社を決めたのはどういった理由だったのでしょうか。

最終的に領域への興味の強さと、会社規模で選びました。

領域については、伸びているIT業界や、社会的に課題視されている保育の領域なども見ていましたが、教育領域に一番興味がありました。というのも、学生時代に東進ハイスクールで朝から晩までアルバイトをしていた経験があり、とてもやりがいを感じていたので、元々人材業界と同じくらい教育業界にも興味を持っていました。

会社規模については、1000人以上の規模の会社、100名程の規模の会社も受けていましたが、より規模が小さい方が色々と挑戦できる環境があるのではと思いました。

前職のリクルートでは規模は大きかったものの、自分自身で考えたことをやってみることができる会社だったので、転職するならそういった環境の方が良いなと思っていました。他の企業だと規模感が小さい方がそういったチャレンジは沢山出来るのではと思いましたね。



―そこからキャリアアドバイザーとして入社して1年が経ちましたね。

 次は入社後についてお話を伺っていきたいと思います。

 まずはキャリアアドバイザーの仕事内容を教えてください。

日々求職者の方と面談をして、ニーズを伺いながら、その方がご活躍いただけそうなキャリアのご提案、企業側とのマッチングを行っています。

大体1日2名~4名くらいの方と面談をしています。時間は1回30分~1時間程度ですね。

面談以外の時間は、主に求職者の方、企業側との連絡・調整業務を行っています。弊社の場合は、企業へのご推薦、選考の日程調整やご意向共有などもキャリアアドバイザーが担っています。

他には、これまで面談をした方に対してもマッチする求人がないかあらためてお探して提案したり、求職者の方のご意向や活動状況を確認したりしています。現職や転職活動の状況は急に変わることもあるので都度お伺いするようにしています。


―キャリアアドバイザー業務をされている中で、前職の営業経験が活かせていると感じることはありますか。

はい、求職者の方が考えていなかったような職種、これまでの経験を活かせるような領域など、新しいキャリアの発見に繋がるようなご提案をする上で前職の営業経験が活かせていると感じています。

前職では、ホットペッパービューティーという認知度も比較的高い商材ということもあり、最初から「うちはいらないから」と判断されていることも多かったんです。その中で、やらない理由や課題をしっかりとヒアリングしてホットペッパービューティーの必要性や課題解決に向けた提案をしてきました。そういった新しい価値に気づいていただくような提案経験は通じるものを感じます。


―一方で実際に入社して大変だったこと、ギャップを感じたことを教えてください。

これまで法人営業の経験のみで個人の方とやりとりをするのが初めてだったので、個々に合わせてご支援の仕方を変えていくのは最初大変だと感じました。どのような仕事をされているのかによってもご連絡がとりやすいタイミングは異なりますし、大切にしていることも皆様異なるので、どのようにお伝えすれば良いか、都度工夫する必要があります。

また弊社はフルリモートなので、社内コミュニケーションはテキストでのやりとりが多くなります。誰が見てもわかるように書くという点は、今でもまだまだだなと思うことが多いです。背景から書く、長くなりすぎないように端的に書く、伝える順番を工夫するなど、シンプルなことではありますが意識するようにしています。


―仕事をしていてどのような時にやりがいを感じますか。

求職者の方が気づいていなかったような新しいキャリアのご提案が出来たり、自分が真摯に対応したことで感謝のお言葉を頂けたりする時はやはりやりがいを感じますね。

あとは、弊社の特徴でもあると思いますが、成果を出すためにどうすれば良いか、自分自身で考えながら行動できることはとてもやりがいを感じます。


―働く環境についても伺いたいと思います。

 フルリモートでメンバーと関わる機会はあるのでしょうか。社内の雰囲気も教えてください。

毎朝、全体のミーティングで顔を合わせますし、その後、領域毎に分かれて日次報告や情報交換をしているので、その時に話したりはしますね。

皆さん柔らかい人が多いです。話しかけにくいという人は一人もいないですね。

相談もしやすいですし、オンライン飲み会をした時はざっくばらんに色々話しています(笑)とても良い人が集まっているなという印象を受けました。


―入社して働き方も変わったと思いますが、前職と比較して感じることはありますか。

フルリモートで移動時間がないというのはとてもストレスフリーだと感じています。

前職も、直行直帰や定時で帰れる日もあり、オンオフはしっかりしていたので働きやすかったのですが、外回りが基本で、埼玉~千葉など幅広いエリアを担当していた時には移動に時間がかかることも多かったです。あとは通勤時間も往復2時間半~3時間程かかっていたので、その時間がなくなったのはとても大きいですね。現在は夜の面談がない場合は定時の19時過ぎか、夜の面談があっても20時半頃までには終わるので、勤務後に近所のスパに行く日もあります。

―スパ好きだったんですね、知らなかったです(笑)


―それでは最後にファンオブライフで働く魅力と、入社を検討されている方にメッセージをお願い致します!

時代に合わせた柔軟な働き方が出来る点と、自分で考えて行動して結果に繋げていく、という営業の楽しい部分を感じていただける点が魅力かと思います。

スピード感のある環境に身をおいて、より営業として成長していきたいと感じている方にはピッタリの会社だと思います!

株式会社ファンオブライフ's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more