1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

右が代表の藤田、左が共同創業者/取締役の柴田です。
IVS 2019 LaunchPad優勝時の写真です。
ファンズ株式会社(旧名:クラウドポート)は、2016年創業のFintechスタートアップ企業です。 2019年1月にリリースした貸付投資のオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」を開発・運営しています。 ▼「Funds ( https://funds.jp/ ) 」とは Fundsは、資産形成したい個人と事業資金を借りたい企業をつなぐオンラインマーケットです。当社の定める選定基準をクリアした上場企業などが、自社グループの事業に必要な資金を調達する目的でファンドを組成し、それに対して個人が少額から出資し分配金を得ることができます。 「1円から1円単位で投資ができる」「予定利回りが3%前後とミドルリスク・ミドルリターン」といった、株式投資やロボアドバイザーなどの既存資産運用サービスにはない特徴と価値を提供しており、リリースから1年で20,000名を超える投資家の方に登録をいただいています。 このようなビジネスモデルが評価され、国内最大級のピッチコンテストであるIVS 2019 Launch Padでの優勝をはじめとした多数の受賞実績の他、経済ニュース番組のワールドビジネスサテライト(WBS)等のメディアにも多く取り上げていただいており、業界内外で知っていただく機会も増えています。 ▼参考記事 IVS Summer 2019のLaunchPad優勝者はクラウドポートの「Funds」に決定 https://jp.techcrunch.com/2019/07/12/infinity-ventures-summit-2019-summer-kobe/ 3年後の運用残高1000億円へ加速ーー秒速で売れる貸付投資「Funds」運営が7億円調達 「貯蓄から資産形成」の実現目指す https://thebridge.jp/2019/08/funds-raised-money-to-save-your-future-life テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト (WBS)」でFundsの取り組みが紹介されます https://funds.jp/blog/detail/53

Why we do

社会を取り巻いている、未来のお金に対する不安は、深刻さを増すばかりです。これまでも、国や企業が「個人の資産運用」の普及に力を注いできましたが、貯金で資産形成ができないのは分かっていても、値動きのある株式は手間がかかりそう、FXや仮想通貨はリスクが高そう、という資産運用への不安から、なかなか踏み出せないひとが多いのが現状です。 この不安を少しでも解消することため、これまでにない、人々の暮らしに根ざしたの新たな投資機会を創出し、より多くの方が貸付投資に参加できるようにする。そして、すべてのひとが未来も今も思いきり生きられる世界を実現したい。 これが、 「未来の不安に、まだない答えを。」 というミッションに込めた想いです。 「日本で運用残高 NO.1のFintech資産運用サービスになる」という成長目標を掲げ、金融、テック、法律などの様々な領域のプロフェッショナルが集まり、サービス拡大に努めています。

How we do

Fintechという特性上、様々なバックグラウンドを持つメンバーが集まる当社では、4つのバリューを定めています。 「全員プロフェッショナル」 メンバー全員が各分野の専門家。プロとしての矜持を持ち、常に自己研磨に努める。 顧客視点に立ち妥協なきアウトプットを世に出す。卓越した能力を最大限に生かし期待値を超える仕事をしよう 「心理的安全性のあるチーム」 自分らしくいられる自然体の状態こそが個人のパフォーマンスを最大化する。 誰もが安心して意見やアイデアを発信し、健全で活発な議論ができるチームを目指そう。 「伝え方上手であろう」 金融というわかりづらい商品を取り扱うからこそ、既成概念にとらわれず自由な発想でわかりやすく伝えよう。多種多様な専門性、文化的背景を持つメンバーが集う組織だからこそ思いやりの心をもって伝えよう。 「コンプライアンスファースト」 金融ビジネスにおいてコンプライアンス違反こそが最大の事業リスク。 全員が法律を熟知し、自らの業務を常に内省する。無知と過失による法令違反が発生しない仕組みと風土をつくろう。 お互いをプロフェッショナルとして認め合い、ひとつのチームとして切磋琢磨しながら、ともに事業成長を目指しています。