1
/
5

日本の素晴らしいメーカーを海外に発信したい!そう思って始まった目まぐるしくて新鮮な毎日。〜チームインタビューCOOの土屋〜

今回はCOOの土屋にインタビューです!


〈自分のストーリー〉

学生の時から、自分の会社を持ちたいという気持ちを持っていました。

知識もなかったのでまずは会社に入り、個人向けの営業を。

30代になった時に、自分を磨きたいという気持ちが強くなったので、ビジネススクールに仕事を続けながら通いました。

自信もついてきた32歳には宣言通り起業をさせて頂いて。

培ってきた営業力を活かし、様々な起企業で営業のサポートをしていました。

横須賀市のプロジェクトなど日本各地のプロジェクトにも関わり、九州や各地でのスタートアップイベントを一人で企画・運営の経験も。

大事にしていることは人との繋がりはもちろん、”Take”ではなく“Give”の精神です。まずは自分が出来ることをする。メーカー、顧客、会社、全てWin・Win・Winな関係性を築くことをベースに考えています。


〈Discoverに出会ったきっかけ(働こうと思ったきっかけ)〉

1年前に千葉からクラウドワークスで仕事を頂いたのが最初の出会い。

千葉の印象は、頭の回転が早く、グローバルな感覚を持っているんだなという印象です。どんどん展開が進んでいくので、いい意味でついていくのが大変です。

仕事をしていくうちに、“日本の素晴らしいメーカーを海外に出していきたい”という気持ちで一気統合。Discover株式会社の上場を目指して規模大きくしたい、との言葉を受けCOOに。


〈実際に働いてみて感じるDiscoverの魅力〉

プラットフォームが日々変わっていくので、毎日が新鮮ですし、あっという間に過ぎていきます。講演の際は様々な場所に行きますし、国籍も様々な人と触れ合えるのはDiscoverならではの魅力ではないでしょうか。

面談も担当していますが、マインドやDiscoverがやりたい事に共感してくれること、受け身ではなく発信してくれる方が良いかな、というのはあります。

日々めまぐるしく過ぎていきますが、チーム一丸となって成長していきたいです!



そうなんです!Discoverは本当にめまぐるしいスピード感で進んでいきます。

先日も離島を旅していたらチャットについていけなくなった眞鍋です。(電波もWi-Fiも激弱だったんだもん!て言い訳させて!)

しかし、そのスピード感がなんとも気持ち良くて、毎日新鮮でウキウキした気持ちで仕事に臨めます。


インタビューに、「面談も担当していますが、マインドやDiscoverがやりたい事に共感してくれること、受け身ではなく発信してくれる方が良いかな、というのはあります。」とありますが、みんなが自分の意見をきちんと持ったメンバーなので、どんどん自分のアイディアを発言しても大丈夫!という雰囲気のある会社です!

Discover Inc.'s job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings