This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

土木業界における『ドローン前提社会』を目指して

ドローンを極めるために九州から上京し、産業でのドローン活用に携わる加塩博士が、業務内容やこんな人と働きたい!を紹介します。

ドローンを極めたいと鹿児島から上京

以前は、地元鹿児島で不動産業をメインとする総合会社で、部署を超えて様々な業務を担当してきました。わりと社員の年齢層が高い会社で、IT導入があまり進んでいなかったため、効率良く業務ができるよう、システム導入はもちろんですが、システムそのものも自分でプログラミングしていました。例えば、宅地造成の申請時、システムを使うと、50宅しか予定していなかった土地に55宅の建設が可能になります。売上にも直結し、実績をきちんと出せる形での業務改善を色々と行なっていました。

そこでは測量もやっており、僕とドローンの出会いは測量業務でした。今から5年程前です。最初の1年はドローンで撮影だけをしていましたが、ちょうど1年が経つ頃ドローンで撮影してから3Dデータを作成出来ることを知り、それから3D作成(写真測量)を実施するようになりました。

たまたまFLIGHTSの者が登壇する講演会に、当時の社長が出席したところからFLIGHTSと接点が出来、僕が社内のドローン運用を担っていたため、FLIGHTSの担当者と情報交換をするようになりました。その後、ドローン業務の相談や機体購入の提案などを受けたり、DJI CAMPインストラクターの資格があるならと、FLIGHTS主催のDJI CAMPの講師を務めたりしていました。ドローンに関わる時間が増えていく中で、他の業界にもドローンがどんどん広がっていることを知り、もっとドローンで、様々な世界を見てみたくなりました。またUTCのプログラム作成に携わり東京と鹿児島の行き来も増えり、会社も辞めていたので、思い切って上京することを決め、FLIGHTSに入社しました。

FLIGHTSの空撮チーム・測量チームの業務とは?

どこよりも早く、ドローンに関する新しい技術の検証を行なっています。1年後には皆さんが普通に使っていることになるソフトやアプリなどが、現場できちんと使えるか、使えない点はどこなのかを検証しています。自分がこれまでやって来た測量をはじめとする産業でのドローン知見・経験を活かして、皆さんが快適に使えるように、メーカーの皆さんと一緒に取り組んでいます。このような仕事が出来るのは、FLIGHTSが、自分たち空撮チームがやってきた事が、メーカーの方々の信頼につながっているからだと思います。

今後さらに注力したい業務として、“教育”があります。事業でドローンを活用出来るように操縦やソフトの使い方を教えることもですが、ドローンを教えられる人を育てることを特にやっていきたいと考えています。『ドローン前提社会』と言われる中、ドローンを誰もが当たり前に使えるようにするために、教育は欠かせませんし、もっとFLIGHTSに関わる人を増やしてファン化していくことも考えています。そのためにも、例えば測量業界でいったら、本業にされている方々の経験年数・経験値に自分は勝てないので、業界・業務のことはもちろん、ドローンがどう、その業界を発展出来るのか、日々アンテナを張って勉強しています。教えるためにも、“学ぶ”ことは大切な業務です。僕が教えた人たちが、そこからさらに教えて広がっていくことを思い描きながら、学んだり、教えたりしています。

他には、ドローンを事業で活用されたい企業様などからの相談があった際、どの機種が良いのか、どのソフトが最適なのかなどの提案を、当社の営業担当と共に行っています。ご購入・導入いただいて終わりではなく、その後使い方のフォローやサポートなども行っています。お客様からのフィードバックは貴重で、次の自分たちの業務や技術検証の参考にもなっており、お客様と一緒にドローン前提社会に向けて進んでいる感じがします。業界が広がりつつはありますが、もっと様々な業界の方に使ってもらえるように頑張ります!

ドローン経験は不問。測量チーム人員募集中!!!地方採用も

実は測量チーム、今は僕一人のため、人員募集しています!ドローンの経験は不問で、測量についてきちんと知識があり、実地を踏んでいる方、長年やってこられた諸先輩方をきちんとたてられる方(土木、建設、測量の業界ではとても大事なポイント)がチームに入ってくれたら嬉しいです。

地方で測量をやっていて、ドローンや新しいことにチャレンジしたいと言う方には、“地方採用”もあります。地元を離れてずっと東京ではなく、まずは東京で研修し、ドローンをマスターしてもらい、その後、地元に戻って、地元で活躍してもらう形です。ドローンがあると人手の削減、効率化が図れることは実証済みですし、これからもっとドローンが使われるようになっていくのは間違いないので、地元でもっと活躍出来るようになると思います。

測量業界をもっと盛り上げていけるよう、一緒に出来る方は是非応募してください!

“世界をより高みにもっていく会社、FLIGHTS”

10年後はドローンがどこでもあたりまえに使われるようになるはずです。当社はそれを2年で実現できるスピード感で邁進しています。どの会社よりもどのチームよりも早く、的確、適正にやっていける会社だと思って、僕自身入社しました。

会社自体、今ものすごい成長をしているところです。もちろん、社内のメンバーそれぞれが一生懸命やっているからこそで、多少の無理も生じているのが事実です。今はそれが必要な時期でもあります。それぞれが自分ごと化して、課題などを指摘し、前進するために動いていけるメンバーが集まっているのは、もしかしたらすごいことなのかもしれません。ここにいることが価値になるような、そんな場所だと思います。

ちょうど採用も強化しているので、入社された方がスムーズに僕たちの一員になれるよう、業務フローやマニュアルを整備しています。

こんな人がFLIGHTSに向いている

新しいものや楽しいことが好きな人に、ドローンは向いています。これからもっとテクノロジーが発達して、プログラミングとドローンがセットになっていくのと、AIの活用も進むと思うので、テクノロジーに感度の高い人も向いています。

これまでドローンに触れたことがなくても、測量のエキスパートで新しいものが好きな方には、是非お会いしたいです。レーザードローンでの測量は、きっと世界が広がります!あとは、何か1つ飛び抜けている方、極める志向がある方と一緒にやりたいです。

業界トップになるために、一緒に走ってくれる方、ご応募お待ちしています!


<メディア掲載>

起業サポートWebメディア「助っ人」「既存事業にドローンを導入・活用するために必要なこと」

株式会社FLIGHTS's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more