1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

クラウドファウンディングで全世界から84万ドル調達・・次はサービスで世界へ!【社員紹介:業務部門】

今までのキャリア

20代の頃は、映画好きが高じてエンターテインメント業界で映画の宣伝、劇場運営を経験。ヒットする映画の裏には、宣伝という世の中に広めるための役割があり、その重要性を現場にて学びました。

その後、劇場ではなく紙のなかでのクリエイティブに興味が湧き、出版社に転職。

当時担当していたのは、マスメディアではなく世の中のニッチな業界をターゲットにしたパーソナルメディアでした。

雑誌を通じて読者同士での交流の場(今で言うFacebookの雑誌版みたいなもの)を企画したり、コアなファン層を巻き込みながら新しいファン層を開拓するための企画に注力しながら、提供する情報やデザインのクオリティにも力をいれることで販売部数を増やすことができました。

このころから、人を惹きつけたりファンになってもらうには提供するものの”質”と”共感”が重要だっていうことに気付き始めました。


最近では、2016年1月にAIR BONSAIというプロジェクトをプロデュースし、米国のクラウドファンディングサービスKickstarterにて発表し、40日間で84万ドルを調達に成功しました。

クラウドファウンディングもある意味、プロダクトやサービスへの”共感”を集めることが成功の鍵だったりするので、84万ドルを調達できたときには自分自身の今までの経験が大きく実になった実感が湧きましたね。

クラウドファウンディングが話題になり始めた時期だったというのもありますが、AIR BONSAIは約200ヶ国、2,300万人が愛読する「TIME 誌」(2016 年 2 月発行)にも掲載された事も相乗効果になり、反響が凄かったですね。

ディストリビューターになりたいという問い合わせや、メディアに掲載したいという問い合わせが2,000件以上ありました。もう、対応しきれないほどで・・笑

予想以上の世界での反響を経験することにより、視野が一気に世界へと広がりました。世界をターゲットにしたビジネスをやりたいという想いが強くなり、次は紙でもなく、プロダクトでもなく、「サービス」で世界を目指したいという気持ちが湧いてきました。


フリックフィットで何をしているか

フリックフィットでは、業務部門の責任者をしています。

業務部門では、サービスの設計・実行、商品企画、顧客開拓や管理、カスタマーサポートなどのフロントサイドの業務を行なっています。

ようやく本年度より本格的にサービス化がスタートして、百貨店の婦人靴売り場へ導入をしています。

もともとハードウェアとソフトウェアはできたが、それ以外何もない状態だったため、サービス化された際はなんとも言えない喜びがありました。

やることが初めてのことばかりで慣れない難しさもありますが、普通では経験できないことも多くとてもやりがいがあります。そこがスタートアップの面白さでもあり醍醐味でもあると思います。

業務部門を一言で表現すると「フリックフィットのファンづくり」をしている部門というのが適切かもしれません。

私たちは、新しい靴の購買体験を顧客に提供することで、ファンづくりをしていきます。ですが実現したいサービスのうち1%もできていないのが正直なところで、まだまだやることや対応すべき課題点はいっぱいあります。

ひとつひとつの課題点に向き合いながら顧客に新しい購買体験を提供していくのが私のいまのミッションです。

また、現在は日本国内での展開を中心としていますが、準備が整えば早い段階で海外展開をしていきたいとも考えています。

靴業界は、販売方法や商品開発、製造方法など、比較的今まで変化が少なかった業界だと思っています。フリックフィットの役割はは3Dデータを使って世界中の靴の購入体験や商品開発、製造方法をスピーディーに革新してくことだと私は信じています。


これから入る方へのメッセージ

スタートアップは、創業者の強いヴィジョンと情熱がとても大切であるとはよく聞きますが、私もCEOである廣橋のそんな熱い想いに魅力や共感をして参加したひとりです。

フリックフィットは、構想開始から約3年が経とうとしていますが、ようやくビジネスの根幹となる部分がカタチとなってきました。

ですが構想の実現までには、まだまだやるべきことが多く日々試行錯誤しながら前進しています。

だからこそ、一人ひとりにチャレンジ精神が必要だと思っています。

今一緒に働いているメンバーは、普通なら「できない」と考えてしまうことも実現させようとチャレンジできる人が集まっています。そのようなメンバーが集まっている事こそがフリックフィットの強さであると確信をしています。

フリックフィットでは、そんな仲間をこれからも増やしていきたいと思っていますので、ぜひ、世の中に新しい価値を一緒に創っていけたら嬉しいです。

興味ある方は、いつでも遊びに来てくださいね!

株式会社フリックフィット's job postings

Weekly ranking

Show other rankings