This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

スマートプラスは証券プラットフォームを提供し、手数料0円の株アプリ「STREAM」を提供しています
イギリスでは、グローバルに為替と仮想通貨の取引アプリである「Pipster」を提供しています。
パートナー企業と連携しながら、"BtoBforCモデル"を軸足に、多くの人の多様なニーズに対応する金融サービスを開発・提供しています Finatextグループでは主に、生活に身近なサービスを提供する非金融事業者様(企業)とそのユーザー様(個人)向けに、”オーダーメイド型”の金融サービスを開発・提供しています。(BtoBforC) 従来の金融サービスのように、自分たちが作った金融サービスを中心に据え、そこにお客様を集めようとするのではなく、既存サービスとそのユーザー様に合わせ、柔軟にカスタマイズした金融サービスを開発・提供していくことで、金融サービスを、より生活者のライフスタイルや価値観に寄り添うものに、より多くの人に・多くの場面で役立つものに、していけると考えているからです。 <個別事業> 【金融サービス開発事業(Finatext)】 多様なライフスタイルや金融リテラシーに合わせた、個人向け金融関連アプリ・コンテンツを開発しています。 UI/UXの優れた金融サービスによって、より多くの人が自分に合った金融サービスを利用できるようにしていきます。 【AI・ビッグデータ解析事業(ナウキャスト)】 これまで投資判断に使われていなかったビッグデータを機械学習等を活用して分析し、企業売上や商品価格トレンドの予測などをするサービスを提供しています。 正確かつリアルタイムなビッグデータの活用により、意思決定や金融サービスの顧客体験を最適化していきます。 【金融サービスプラットフォーム事業(スマートプラス)】 個人顧客基盤を抱える非金融事業者が、低コスト・低リスクで”オーダーメイド型”の金融サービスを提供できるようにするプラットフォームを展開しています。 現在は、資産形成サービスのプラットフォーム(BaaS; Brokerage as a Service)を展開しており、今後は他の金融領域にも拡大していきます。

Why we do

Finatextのビジョンは「金融をサービスとして再発明する」
【Mission】 金融を「サービス」として再発明する 【Vision】 誰もが人生を豊かにするツールとして、金融サービスを使いこなせるようにする Finatextグループは、現在の金融市場への大きな問題意識をきっかけに創業しました。 私たちが考える金融市場の問題とは、金融サービスが、ごく一部の限られた人にしか使われておらず、本来の金融の社会的役割を果たしきれていないことです。 本来金融サービスは、その価値提供の対象を限定することなく、人々の豊かな消費生活の下支えをするものであるべきと、私たちは考えます。 しかし現状では、金融サービスの恩恵を受けている人や場面は、非常に限られています。 その大きな原因は、金融サービスを提供する側(サプライヤー)にあると考えます。 一つは、顧客との情報格差・リテラシー格差を利用して、顧客から利益を取ろうとする、サプライヤー本位なビジネスモデル。 もう一つは、「不当な手数料・長い待ち時間、面倒な手続き」など、サプライヤーの非効率を顧客転化するような「サプライヤー都合のサービス設計」です。 そこでFinatextグループは、 「ユーザー本位なビジネスモデル」「ユーザー視点のサービス設計」を指針に、ユーザーの立場から金融サービスの本質的価値に今一度向き合いながら、生活に寄り添う「身近な金融サービス」を開発・提供していきます。 その結果として、 「誰でもみんなが、金融サービスを当たり前に使いこなすことができる社会」、「少しでもお金に関する困りごとや不安が減り、効率・効果的に資産形成ができる社会」を実現することに貢献していきます。

How we do

オーナーシップを強くもったフラットなメンバーが集まっています
Finatextは世界6カ国に拠点があり、従業員の半分が外国人のグローバルカンパニーです。
私たちが「金融を”サービス”として再発明する」という大きなビジョンを達成するために、一番大事なのは"Right Person"を仲間にすることです。事実創業してから6年間、グループ全体での離職者はほとんどおらず、かつ新しく加入した仲間には全力で成功させるようにみんなで支えています。 それぞれの持つ個性を最大限発揮するために、職場は年齢や社歴、業務分掌等に関係なく意見の言いやすいフラットでカジュアルな環境と雰囲気、そして情報が公平に共有される透明性の高い環境が整備されています。 また、Finatextはグローバル企業であり、メンバーの半分以上が外国人で、日本含め6カ国で拠点をもっています。多様性を確保することで様々な角度でのアイデアややり方を使うことでよりよいサービスを展開しています。 <参考となる組織の思想> 10分で分かる、いま話題の未来組織「ティール組織」 https://mirai.doda.jp/theme/essence/teal/ NETFLIXの最強人事戦略~自由と責任の文化を築く https://www.amazon.co.jp/dp/B07GWJCBVP/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1