1
/
5

インターン2週目


こんにちは

株式会社エビリーインターン生のtakuyaです

今週は私がエビリーさんに内定をもらうまでと、会社の面白い制度について紹介したいと思います!!



エビリーとの出会い

まずエビリーさんとの出会いは、OfferBoxさんでした。

学生の皆さんなら聞いたことはあると思いますが、逆就活サイトです!

自分のプロフィールを記入し、その後企業側から興味を持っていただければ、実際に会ってお話を聞くことができるというものです!

実際の流れとしては、エビリーさんからオファーが来たのをきっかけに、Webサイト等で企業研究をして興味が出たので、面接を受けに行ったという感じです。


面接は全部で3回で、1回目から社長と二人きりで驚きました!

私がこれまで何をしてきたか等の質疑応答や、社長から会社や業務についての会社説明をしていただきました。とにかく夏場のスーツに緊張が加わり、熱かったのを覚えています(笑)


そして2回目は、社員の方3名と私1人の面接でした。ここでは業務以外にも会社の雰囲気やリアルな声を聴きました。

また大学時代にアカペラサークルにいたことを聞かれ、

ボイスパーカッションをやらされたのを覚えています。

ここで受けた印象や雰囲気がとてもよく、だんだん興味が増していきました!


そして最終面接は、再び社長とマンツーマンでした。

社長が今後の展望について熱く語ってくださり、その後も様々な質問があり、終わりかと思っていたら最後に急に質問が。。。

「自分は優秀だと思う?」

正解がわからず、少し悩んでから正直に

「優秀です」と答えたところ社長が笑っていたので正解だったと思います。


こんな感じでご縁があり内定をいただいたのですが、今日はそんなエビリーさん独自の文化を紹介したいと思います。



エビリーの面白い制度

1つめが社内バースデーパーティーです。毎月誕生日の人を祝う制度なのですが





こんな感じでケーキを用意し、みんなでデザートタイムになります。今回は就活中に連絡を取り合っていた人事の土屋さんの誕生日でした。

なぜか後ろに腹筋用のワンダーコアが置いてあるのが面白いところです(笑)


他にもソーシャルランチ(or ソーシャルディナー)といって、毎月ランダムメンバー(4,5人)でグループを作り、ランチかディナーに行くというイベントもあります。※費用は会社持ちです^^

今回初めてのソーシャルディナーに行ってきましたが、上野にある延辺料理という中国と北朝鮮の国境地域の料理に行ってきました。



日本初の卓上自動串焼がおいてあり、目の前で回るお肉を見ながらご飯を食べることができます。

ラム肉狗肉(いぬの肉)やカイコ等、普段なかなか食べる機会のない料理をいただきました。


自動で串が回転して放っておけば焼けます

これが狗肉で、上にかかってるソースがこだわりらしく、各家庭お店で変わるそうです。

ちなみに味は鶏胸肉のように淡白で、ピリ辛ソースとパクチーのさわやかさが相まって箸が進みます!


初めて話す社員の方もいたので緊張しましたが、今後もこういった機会を活用して仲良くなっていけたらと思います!!


また毎月1回オフィスの屋上を借りて、BBQをします!

煙にやられている人もいますが、みんなで仕事終わりに和気あいあいとBBQも楽しいです!


このように、人数が少ないベンチャーだからある制度も、エビリーの良さの一つだと思います!!


それではまた次回!!!

株式会社エビリー's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings