1
/
5

【インターンブログ】プロダクト開発部の自己紹介LTにドタ参した話

ドタ参の経緯

こんにちは!20卒エンジニア職内定者の高橋です。

社内のプロダクト開発部門の自己紹介LTの開始2時間前に参加を決めて参加しました。

2週間前程からイベントの告知があったのですがどうも内定者の自分が参加していいものか分からず(この時点で聞くべきですね笑)、参加したいですの一言が伝えられずにいました。

ですが、来年から一緒に仕事をする方々がどういう方達なのかを知りたかったところもあったり、半年間インターンシップをしているのにも関わらず開発の方々と全く打ち解けてない現状もありそこに背中を押され、主催者の方のSlackに告知の投稿にスレッドを開始して参加の旨を伝えました(今思えば隣の席だったので口頭で伝えた方が良かった)!

自己紹介LTとは

自己紹介LTとは、お互いをもっと知ることを目的に1人10分程で発表なり質疑応答なりをする会です。発表の内容は主に、

・経歴

・経験のある言語・フレームワーク

・趣味・ハマっていること等

でした!

10分の発表を経歴だけで5分以上喋れるような濃い経験をされている方もいて、格の違いを感じました。

転職の話や、入社の経緯、ハマっているゲームや趣味など、さまざまなお話が聞けました。



ピザ美味しかったです(語彙力)

様々な経緯を経てエビリーに入社される方も多く来年この方達と仕事が出来るのはもしかしたら奇跡なんじゃないかと思いました!

自分の人生を語っている方もいてこういう少しフランクなイベントでは、形式貼らずに自分が伝えたいことを伝えるのが良いことを学びました!

参加してみて・・・

勇気を振り絞って参加してみて、胸の中でモヤモヤしていたものが解消した気がします。

受け身にただ目の前の作業をするだけの状態は、ただの現状維持です。現状維持を続けて、動くことが億劫になっていたことで今回は、参加することに躊躇してしまったのではないかと僕は考えています。

現状維持は後退であることの意味を噛み締めました。

自己紹介LT後、開発の方々の自分に対する視線も変わったような気もします。笑

今後は参加するだけでなくイベントのお手伝いをしていけたらなと思います!

社内だけでなく社外を巻き込んだ開発イベントを開催してみたいですね!

株式会社エビリー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings