This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

やらないことを決めるって大事だね。

あっという間に一年の半分が終わり、あっという間に梅雨が明け、あっという間に夏が終わるのではないか、いやむしろ1年が終わるのではないかと、今からもう焦っている広報の木島です。
(とくにこの焦燥感から生み出されるものは何もないのですが 笑)

今回ご紹介するのは、入社当時から約1年マーケティング兼営業担当を一人で担い、現在マーケティング部マネージャーとして奮闘する管(カン)が初めてプロダクトオーナーを務めた「キッズドクター」を立ち上げた際の話を綴ってくれました。

お世話になっております。管です。
2016年に入社してから、2年と5ヶ月が経ちました。

メディアマネタイズやらクライアントワークやら新卒採用やらWebマーケやら経営企画やらなにやらやってきたなかで、いまは、
「パパ・ママにぜひおすすめしたい!」とtwitterなどで話題のアプリ「キッズドクター」のプロダクトオーナーを務めさせていただいております。

キッズドクターは、2017年の8月に企画が始まり、4ヶ月後の12月にv1.0リリース。
対応エリアや診察時間の拡大などのアップデートを経ながら順調に成長し、ついに先日、通算利用者数が6,000人を突破しました!

*パパママの子育て支援のためのブログメディア「すいっち」様にも取材いただきました。えへへ。

リリースして半年経ったいま、アプリの認知度をさらに高め、より多くの人に価値を提供していくべく、
「あぁでもない」「こうでもない」「日本勝ったね」などと、5人の力強い仲間と楽しく議論をしながら、日々邁進しています。

今回は、はじめて携わった「新規事業立ち上げ」から得た重要な学びについて、2つのシーンとともにご紹介させていただければと思います。

価値定義って大事だね

エバーセンスが運営している事業は、すべて「価値定義」が定められています。

「価値定義」とは、そのプロダクトが、どんなユーザーのどんな負に、どのように価値提供していくのか?なにをやらないのか?を、誰が読んでもすぐに理解できるくらい明快にしたもの。
新規事業の場合は、ビジネススキームやUI/UX、開発要件などを固めるよりも、なによりも先に策定することになっています。

キッズドクターは、価値定義の策定に2週間かけました。
私と開発担当、デザイン担当、コンテンツ担当の4人が、2週間ただただ「価値定義」のことだけを考えていたのです。


まずいちばん最初に、立ち上げメンバーで相談して決めた価値定義。
なんだか文字文字しいし、()が多くて本当に大事にしたいことがわかりづらい。。


考え始めてから1週間ほど経ち、社内のフィードバックを踏まえて出来た価値定義。
「誰に」をシンプルに捉えられるようになったが、「何を」がまだしっくりこない。ユーザーに届けたい価値は本当にこの表現で定義できているのかな。。


最終的に開発Goが出た価値定義。

けっこうバチバチに議論した結果、「何を」をさらに「具体的に」を分けて考えるようにしたことで、いろいろ整理されてかなりしっくる来るものができました。

ついでになぜかアプリのロゴもできてました。

いま思えば、もっとうまくやれば2週間もかからなかったかなぁと思わないでもないですが、
自分たちが真剣に考えて、議論して、脳みそ使い倒してひねり出した価値定義が、社内メンバーにけちょんけちょんにされ、悔しい思いをしながら改善を繰り返し、
メンバーみんなで意思決定をしていく過程そのものが、新規事業を立ち上げる私たちにとって重要なことだったのだと感じています。

アプリをリリースして半年して経ったいまでも、
みんなの魂をこめて策定した価値定義に立ち返りつつ、事業成長に必要な意思決定を行えています。

事業観点って大事だね

▼このタイトルの意味とは?気になる続きは、 ぜひ公式ブログで!

↓【リンク】

株式会社エバーセンス's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings