This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

Yahoo! JAPANからエバーセンスへ転職した理由

広報の木島です。
エバーセンスのエンジニアは12名。大手企業からフリーとして活躍していたエンジニアまで、多様なバックグラウンドをもつメンバーばかりです。
TOP画像をご覧の通り、エンジニア12名が集まっただけでこんなに楽しそう。チームビジョンは「感動と信頼を作ろう」を掲げ、日々私たちメンバーにも感動と信頼を提供してくれています。

そんなエンジニアチームに、ヤフーで「ヤフオク!」アプリ開発チームにいた青野さんが入社。
それによって弊社のアプリ開発が加速!
青野さんヤフーから転職しようと思ったきっかけから、エバーセンスに来たワケまでを綴ってくれました。

皆さんはじめまして!

2017年12月にエバーセンス(以降エバセン)にエンジニアとしてジョインした青野です。

社内では「ブルーノ」「ブルーノさん」「しょうちゃん(けんさんだけ)」と呼ばれてます。
青野 => (ブルー)野 => ブルーノ

エバセンでは、新しいメンバーがジョインするとけいたさんが素敵なあだ名をつけてくれます。
※自然と呼ばれなくなるあだ名もあり、それはそれで面白いです笑

入社してしばらく経ってからの方がリアルな感覚でブログがかけるかなと思い、12月入社なのに今まで温めておりました。あと花粉が辛くてなかなかブログ書けなかったのですが、花粉もおさまりましたのでいざ!(言い訳)

エバーセンスに入社するまで

2008年に新卒でヤフーにエンジニアとして入社しました。
入社から4年間ほどはwebサービスの開発や運用を行い、計4つのサービスを担当しました。

2012年にローソンと一緒にスマートキッチンという定期宅配サービスを立ち上げるチャンスをいただき、2年ほどローソンに出向してました。
この時期は立ち上げということもあり、毎日遅くまで働いていた記憶があります。
色々な会社の人が混ざり合い、1フロア30人ほどで毎日働いていたので、とても楽しく、ヤフーの外に出て働くことが刺激的で新鮮でした。

この時期には「誰と働くかってとても大事だな」ということを経験として学びました。

2014年にヤフーに戻り、日本一のサービスを担当したいという思いから、ヤフオク!のアプリ開発チームに配属させてもらい、主にAndroidアプリの開発をしてきました。
大規模なサービス、大規模な組織で働くことのやりがいや楽しさ、時には難しさを感じながらも、充実した日々を過ごしていました。
みんな元気かなー。

ヤフーは1つの会社でたくさんサービスがあるし、職場環境も恵まれていますし、働く仲間も素晴らしい人が多いので、ずっとヤフーで働くのもありだなと思っていました。
一方で、
・世の中には数えきれなくらい会社があるのに、1つの会社にずっと居続けていていいのか?
・転職する同僚、起業する同僚をみて、自分はもっと挑戦しなくていいのか?
・自分の今の人生に本当に満足できているのか?
などという問いを、頭の片隅で自問自答し続ける日々でもありました。

エバーセンスとの出会い

ある日、フローレンスというNPO団体の代表、駒崎さんが社内で講演するということを知り、興味があったので参加してみました。
その講演でひとり親家庭の貧困問題や待機児童問題を聞き、社会に対する課題の大きさにショックを受けました。

メディアを通してこの社会問題は知っていたものの、どこか他人事でしたが、駒崎さんの話を聞いて、どれだけ解決しなきゃいけない問題なのかをリアルに感じたのです。
私は今二人の娘がいるので、より一層心に響いたのだと思います。

その日を境に、「自分の能力をこういう領域の課題を解決するために使おう」と思いました。
「誰と働くか」も大事だけど、「何をやるか」も大事だなと。

そこで、
・社会問題、家族の領域の課題を解決している会社
・これからも成長していきそうな会社(きちんと稼いでいくことができる)
・自分がこれまでやってきたスキルが活かせる会社
・この人たちと一緒に働きたいと思える会社
・社員が数十人程度の会社(スマートキッチンでの経験から小さな組織が良いなと)
・ベンチャーといえども転職で給料は下げたくないから、その辺をきちんと話せる会社
といった軸で色々と会社を調べ始めました。

なかなかピンとくる会社が見つからなかったので、初めて転職エージェントを使ってみることに。
そこで教えてもらった会社の1つがエバーセンスなのでした。

気軽に話を聞きに行こ〜と思って面談を受け、「お?いい会社かも」と思い、また面談を受けさせてもらい「あ、やっぱりいい会社かも!」と思い、最終面談で代表の牧野と話をしているうちに、「牧野さんの考えている会社の在り方素敵だな。。やばい」「この会社なら自分の考えてる軸が全部ピッタリだ!」と思い、入社を決めました。

即決。

即決はしたけどもちろん自分一人では決めず、後日妻に転職したいことを告げ、エバセンのブログや、牧野のインタビュー記事などを読んでもらいました。
「とても素敵な会社だと思うし、牧野さん素敵だしいいじゃん!」と快諾。ありがとう。
ちなみに妻や娘たちはこの前の会社の花見のブログにも登場してます(笑)

というわけでエバセンにジョインしたのでした。



▼青野さん、エバーセンスの入社後は!?

気になる続きは、↓ ぜひ公式ブログで! ↓
【リンク】

株式会社エバーセンス's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more