This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

ない景色を作る GREENARIUM

ここに、木を植えよう。せっかくだから、食べられる木を。冬になっても緑を保ってくれる風景を作ろう。

春にはきっと、ミカンなら花が咲くかな。秋に果物が取れる果物は何かな。

ここに、道をつくって歩いて行けたら、きっと素敵な散歩道ができるよね。



そんなことを言いながら、甲子園二つ分のこの土地で、景色を作る。

おいしいビールを飲める場所を作りたい!

夕日を見ながら、トマトとイチゴのかっこいいハウスを感じながら、

デッキでおしゃれにビールを飲んだら、最高に淡路島を感じられるよねー。


そういいながら立ち上げたこのプロジェクト。

ついに今月からレストランの建築もはじまります。

自分たちしかやらないよね。だって、すごく大変だし、すぐもうかるなんて思わない人が多いから。

トマト農家がイチゴ作って、果樹作って、cafe?できんの?なんて。

これが、できちゃうんだなー。できる仲間が集まってるから。(たぶん)


島菜園の特殊性は、なんでもやっちゃう。そして、社内外のかかわり方が特殊

ハウスだって、海外まで買いに行っちゃう。世界に情報を取りに行って、日本という特殊な環境に最適な建物、品目、品種を定義する。これが農業の根幹だと思うんですよね。この地域でこの時期に、この作物を作るなら、このハウスがいいんじゃないかな。

この判断は非常に大事で、そこまで考えてる人は案外いなかったりします。じゃぁハウスを作ること自体も価値が出てきちゃうよね。なんでも自分でやりたい島菜園。自分でやると、自分でわかるから、事業領域がどんどん広がっちゃう。そこに人が集って、先へ進んじゃう。



そしてこんな世界ができちゃう。

ない景色、ない世界。


そしてもう次のイチゴのハウスへ。

今年年末にオープン予定。まじか。。。

10年かけて、果樹が大きくなったらほんとの意味での完成だけど、地下アイドルがメジャーになるのを応援するように、ゆっくり愛されて、しっかり喜んでもらえる場所にしたいなぁ。

あと3人。仲間募集。

(株)淡路の島菜園's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings