1
/
5

当社のJOBローテーション制度を活用したキャリアアップ事例をご紹介【ENRISEの中のヒト#12】


JOBローテーション計画とは

同じ現場でずっと同じ仕事をするのではなく、2~3年ぐらいのスパンでプロジェクト先を変更する制度のことです。様々なプロジェクトに携わり実務経験を積むことで技術領域を広げ、よりキャリアアップを目指すことを目的としています。会社から一方的にアサインするわけではなく、社員一人ひとりの「なりたいエンジニア像」「今後極めていきたい技術領域」に合わせて相談しながら決定していきます!

キャリアアップ事例はこちら★

~監視オペレーターからクラウドエンジニアに!~


◆鈴木拓也さん(26歳)/入社4年目
監視オペレーター(2年半)→クラウドエンジニア(2年)

未経験でエンライズに入社し、最初の2年半は監視オペレーターとして実務経験を積みました。元々クラウドエンジニアになることが目標だったので、社内勉強会や資格取得奨励制度を活用し仕事をしながら、クラウド領域の知識習得や資格取得を頑張っていました。その結果、JOBローテーションのタイミングで念願のクラウドエンジニアへキャリアアップすることができました。現在は、クライアントの要求に沿って、使用するAWSのサービスを検討し、クラウド環境を構築しています。今後は、AWSに関する知識やスキルのバリエーションを増やして、クライアントへよりよい提案のできるエンジニアを目指しています。

◆鹿島菜月さん(27歳)/入社4年目
監視オペレーター(3年半)→クラウドエンジニア(1年)

未経験で入社しました。2か月の研修後、監視オペレーターの現場でじっくりと実務経験を積みました。社内でもクラウド領域に力を入れていたこともあり、監視オペレーターの仕事をしながら次のJOBローテーション計画のタイミングではクラウド領域に携わりたいと思っていました。現在は、無事キャリアアップすることができ、クラウドエンジニアとしてサーバ移行支援業務、ツールの設定やファイル編集など、納品に向けて要件作業を行っています。今後の目標は、もっと知識を深めお客様の要望を聞くだけでなく、より最適な環境を提案できるようになることです。

~ヘルプデスクからネットワークエンジニアに!~


◆長谷川 湧さん(28歳)/入社5年目
ヘルプデスク(2年)→ネットワークエンジニア(3年)

未経験で入社し、2か月の研修の中でネットワーク分野に興味を持ちました。ヘルプデスクの業務を経て今はネットワークエンジニアとして日々奮闘しています。業務としては、主にネットワークの方式設計、詳細設計を担当。規模によっては構築~現地導入試験まで行っています。案件によっては要件定義から参画させてもらうこともあります。上流工程にステップアップするにつれて、裁量を与えてもらえ、提案を受け入れてもらいやすくなりました。責任は増しますが、大きなことに挑戦できるので達成感もあります。JOBローテーション計画という社内制度は、エンジニア一人ひとりの将来に向き合い成長させてくれる制度だと実感しています!

こんな想いを持っている方・・必見です!

「キャリアアップできるプロジェクトに入りたい」
「同じ会社の社員とチームとして働きたい」
「スキルアップするための環境や機会が欲しい」
「仕事とプライベートの両立ができるように環境を変えたい」
「成果に対してしっかり評価してもらえる会社で、給与を上げたい」

ぜひ一度、カジュアル面談にてあなたの今後実現したいことやこんな働き方をしたいなど
ざっくばらんにお話できればと思っています。
オンラインにて対応可能なので、まずはご応募お待ちしております♪

中途採用について、詳しくは下記URLよりチェックください✅
◆採用LP
https://enrise-sol.co.jp/recruit/lp/
◆募集要項
https://www.wantedly.com/projects/727043

エンライズソリューション株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more