1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

社長の思いが原動力に!“バリバリのweb開発エンジニアを招いて開発勉強会”【ENRISEの中のコト#6】

エンライズコーポレーションという会社の魅力を知ってもらうための企画【ENRISEの中のコト】。    社内で実施されている遊びや学びなど、いろいろなモノゴトについてご紹介するシリーズの

第6段は【開発エンジニアを招いての勉強会】です!

「やりたい気持ちがあるなら、やる場を与えたい!」という社長の気持ちが開発勉強会を実現する原動力になりました。

当社はインフラエンジニアが中心となっているIT企業です。

しかし「開発案件をやりたい!!」というエンジニアたちの思いを受け、今回のweb開発エンジニアのK氏を招いての勉強会が実現しました。

勉強会のメインパーソンは、有名サイトの開発に従事している実力者!

K氏は、ECサイトとかメディアサイトの開発に従事されている超ベテランエンジニアです。その中には、誰もが知っているような有名サイトも多くあります。

実は、社長の吾郷と旧知の中で、今回ご協力いただくことになりました。

勉強会が終わるころには、「やりたい」が「やるっきゃない!」に!


K氏は、経験と実績から説得力のある話をしてくれました。

特に「開発をやりたいなら、開発実績を積み上げるしかない。 開発実績ができると自信につながり同時に個人と会社の成長にもなる。」はぐっと来ました!

具体的には、開発における
・実績を積むときにしんどいこと
・どのようなスキルを学んでいくのがよいのか?
・どのようにチームを形作っていくのがよいのか?
・開発するにあたっての勘所
などなど本当に書ききれないほどに多くの情報に刺激を受け、盛り上がり、有意義な場となりました。

K氏はweb系の良さについて、「人があつまるところ、見るところ、レスポンスが得られるところがいい。
社会の役に立っている実感が得られるところ」がやりがいとおしゃっていました。

社会貢献を感じることができるのはモチベーションが上がりますし、承認欲求が満たされることも大切だと感じます。

今回の勉強会を機に、エンライズ開発チームは発足し、今後エンライズが開発案件を受注する足がかりになれるように心新たに決意が生まれました。

開発チームの今後に乞うご期待!

株式会社エンライズコーポレーション's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more