1
/
5

enechainのMissionとValueについて

enechainの代表をやっている野澤です。今後、少しずつですが積極的に外向けに発信していこうと思っていますが、初投稿なのでドキドキしています。

このストーリーでは簡単に自己紹介をさせて頂きつつ、enechainの存在意義である "誰もがエネルギーを自由に売り買いできる社会を創る" というMissionと、僕達が大切にしている4つの価値観 (Values) について書いてみようと思います。

この記事を書いた後にenechaiのMission / Valuesをアップデートしました。最新のMission / Valuesはこちらをご覧ください。

自己紹介

僕のキャリアは一言で言うとエネルギー一筋です。その中でも長らくトレーディングなどマーケット側の仕事をやってきました。

新卒で電力会社に入社し長らく液化天然ガス (LNG) の仕事に携わりました。アメリカにMBA留学した後、そのまま世界のエネルギーハブであるアメリカのヒューストンという町のトレーディング会社で電力のトレーディングを経験しました。その後日本に戻りボストンコンサルティンググループという戦略コンサルティングでエネルギー業界を中心にコンサルタントを3年務めた後に、電力会社時代の仲間、トレーディング会社を通じて出会った仲間、そしてボスコンの仲間と一緒にenechainを創業しました。

日本よりも15年早く自由化したアメリカで完全に流動化したダイナミックなマーケットを経験し、いつか日本でもこういったマーケットを創りたいと感じたことがenechain創業の原体験になっています。

Mission

さて早速ですがMissionの話です。"誰もがエネルギーを自由に売り買いできる社会を創る" の中身についてもう少し詳しくお話しできればと。

- 誰もがって誰のこと?

まず “誰もが” という部分ですが、これは企業・個人を含む全てのユーザーを指します。僕達は、現在は、企業同士がエネルギーを売り買いするB2Bのマーケットプレスを提供しているのですが、今後はB2CやC2Cの領域にも進出し、文字通りあらゆる企業や個人が参加できるマーケットを創っていきたい、と考えています。

- 自由に売り買いできるってどういうこと?

また “自由に売り買いできる” という部分ですが、これは人々が、必要な時に、必要なだけのエネルギーを、満足のいく価格で自由にやり取りできることを意味しています。今の日本のエネルギーマーケットはそうはなっていないのですが、株式や為替などの金融商品が規制緩和以降流動化してきたように、また欧米のエネルギーマーケットが自由化後20年を経てそうなりつつあるように、我々enechainはエネルギーマーケットを流動化させ、エネルギーの価値の交換の摩擦をなくすことで、新しい価値を生み出すことに挑戦しています。

資源を持たざる日本だからこそ、あらゆる企業・人々の間のエネルギーの価値交換を滑らかにすることで、この国の経済を豊かにする。それが僕達が目指す未来の社会のあり方です。

Values

この4つのValuesは創業初期に創業メンバー5人で議論して作り込んだもので、enechainが会社として大切にしている価値観です。

僕達は何か判断に迷うことがあった場合は、Valuesを体現するためにはどの選択肢を選べぶべきかを議論しながら意思決定をしていまして、今日はどういう思いでこれらのValuesを定義したのかその背景を書いてみようと思います。少しでも共感して頂ければ嬉しいです。

- お客さまを熱狂させよう

足元のenechainのコアプロダクトはB向けマーケットプレスにおけるマッチングサービスですので、僕達は全ての思考をお客さま起点で始めています。

お客さまの悩みを自分事として捉えよう。
お客さまが苦しい時こそ逃げずに共に戦い価値を提供しよう。
ワクワクする世界観を提供し続け、お客さまを熱狂させよう。

お客さまのペインは何か、それをどうすれば解消できるのか。4つのValuesの中ではこのお客さまを熱狂させようから考え始めることが多いですし、そうあるべきだと思っています。課題を解決し、お客さまのが熱狂するようなプロダクトを提供できれば、最終的にはenechainの事業も成長すると信じて経営しています。

Wow our clients!

- 大胆な道を突き進もう

大胆であることは成功しているあらゆるスタートアップの強みだとは思いますが、この大胆という言葉も幾つかの要素に分解できると思います。僕は "領域を絞り"、"スピード感を持って"、"ヒト・モノ・カネを投入する" ことが大胆さの源泉だと考えています。enechainではこのValuesを以下のような言葉に落とし込んでいます。

あり得ない桁感の目標を立てて、真似できないスピードで行動しよう。
失敗を受け止めよう。そこから学びもう一度挑戦しよう。
見たことも聞いたこともないような道を突き進もう。そして歴史を作ろう。

大胆に、リスクを取って意思決定していくことは言うは易しでそう簡単ではありませんが、仮説で意思決定しヒト・モノ・カネを投入し、検証しながら軌道修正するということを繰り返すアプローチを採っています。

Go bold

- ワクワクを追い求めよう

楽しいかどうか、ワクワクするかって本当に大事だと思います。皆さんもリスクを取って会社を辞めてスタートアップの世界に飛び込んでくるわけで、やっぱり楽しいことやりたいよねという思いは強いと思います。

心の声に正直に自分らしく生きよう。
遊び心を忘れずに、ワクワクすることに無我夢中になろう。熱狂しよう。
だから道に迷った時は必ずワクワクするかを問いかけよう。

なので、この事業、この選択肢はなんかワクワクしないなという時にはやらないことにしています。ここについては結構エモーショナルかつ直感的(笑)に判断しています。

Thrilled? Or we don’t!

- あなたの仲間を信じよう

enechainでは "建設的な意見の対立" を歓迎するDNAがあります。まだ14人と小さな会社ですが、電力会社、総合商社、戦略コンサル、金融機関、スタートアップなど様々なバックグラウンドの人間が集まっているので、もちろん意見が対立することも多く、そこは衝突を恐れずに腹落ちするまで話そうよという意味も込めてこのValueを大切にしています。

仲間の才能を信じ “1+1=3” を追い求めよう。
衝突を恐れずに声を上げ、納得するまで語り尽くそう。
仲間を頼ろう、巻きこもう。そして仲間に手を差し伸べよう。

もちろん、いつも意見が対立するわけではなく(笑)、チームで議論していて「なるほど~そんな視点があるのか」という驚きや発見が勝ることの方が多いです。

Always as one team

終わりに

最後に採用の話です。

繰り返しになりますが、僕達enechainは、これからもエネルギーマーケットにブレークスルーを起こし、“誰もがエネルギーを自由に売り買いできる社会を創る” ことで、この国の経済活動を前進させることに挑戦し続けます。

これは決して簡単な道のりではなく、僕達と一緒に、このMissionの実現に挑戦してくれる仲間の力が必要です。今日のストーリーを読んで頂き、"なんか面白そうなMissionだ"とか "そのValues好きかも" みたいに思って頂いた方は、カジュアルでもシリアスでも良いのでぜひお話しさせて下さい。

Join the mission!

株式会社enechain's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more