1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

どうすればいい?初めての転職活動。

このストーリーをご覧くださりありがとうございます。社会福祉法人あかね西谷です。

私、そう数は多くないものの転職活動というものを過去に行っておりまして、特に1回目の転職を考え始めたのがちょうど夏が終わり、最近のように涼しくなってきた秋口だったと思い出す今日この頃です。10月くらいからぼんやりと考え始め、翌年の2月くらい本格的に動き始め、6月に希望する会社から内定をもらうというスケジュール。こうして振り返ってみると中々の長期戦だったなという印象です。今回は、現に初めての転職を考えていらっしゃる方に少しでも参考になればと思い、当時の活動をご紹介します。

初めての転職活動

初めての転職活動で、何から始めていいか分からない状況でしたので、まずは大手の人材紹介会社への登録からスタートしました。当然転職をする=現職を辞めるということですから、それなりに孤独な活動を強いられます。初めて転職を考えられている方は並走してくれるアドバイザーがいる人材紹介会社への登録がおすすめです。アドバイザーがいることはとても安心なのですが、頼りすぎないということは忘れてはいけないポイントです。

エージェントとの初回面談でいくつかの募集案件を紹介されるのですが、彼らが進めてくる企業8割、自分で受けてみたいと思った会社2割という判断基準で応募していきました。エージェントはたくさんの転職者を相手にしていますから、目の前の転職希望者が企業からどう評価を受けるか、なんとなく分かるということもありますし、紹介された会社が自分の意に沿わない会社でも面接に行けば、求人票では分からなかったその企業の良さに気づくこともあります。

希望していた会社から内定がでた時はうれしさ半分、不安半分。当時感じていた不安点は仕事の成果を出せるだろうか、今の会社よりハードワークな環境ではないか。成果が出せなければ去るしかない環境なのではないかといったところです。こればかりはどれだけ情報収集しても転職してみないと分からない。少しでも現職の方がいいかもという思いが残っているのであればちょっと立ち止まってみる必要があると思います。

また、この段階に来ると内定を受諾するかどうかの相談相手をエージェントとは別の誰かにする必要があるかと思います。私の場合は家族に相談したのですが、すでに転職した知り合いがいるのであればその方でも良いかもしれません。どうしても転職活動は内定をもらうまでの期間に意識が向かいがちですが、内定をもらった後どう考えて決断するかというところまで念頭に置いて活動を進めていく必要があると感じます。

2回目の転職活動

2回目の転職は初めての転職活動とは違って、少し気楽に進めることができました。1回目の転職はエージェントのおすすめ企業80%、自分の気になる企業20%ですすめましたが、2回目はその逆の考え方で進めていきました。転職で叶えられることもあれば、自分では想定していなかった別の問題が出てくることがあるということを身をもって経験することができましたので、上手くいかなかったら残った方がいいと判断基準ができていたように思います。

今振り返ってみると、2回目の転職でポイントとしていたのは受けている企業の選考スピードと柔軟性だったように思います。転職活動ではどうしても自分の希望を伝えることを少し遠慮してしまうことは否めないのですが、現在の自身の状況(なかなか休みをとれないため、土日や夜、対面面接の場合は勤務先の近くでの面接を希望、不合格の場合はすぐに連絡が欲しいなど)を失礼の無いように、ですがはっきりとリクエストしていきました。それをほぼ叶えてくれたのがあかねで、だから今あかねで働いているといったら言い過ぎでしょうか(笑)

採用の仕事で大事なことはたくさんあると思いますが、その一つとして「結果が出るまでのスピード」があるでしょう。事実、前職では応募から内定までのそれぞれの段階で、どれくらいの期間で選考結果を出すことができたかという指標がありました。面接を受ける人の立場から見ると、結果が出るまでの間の気持ちといったら何とも言えませんし、新卒の学生ではないのでだいたい同じような条件だったら先に内定が出たところのオファーを受けようと思ってしまうかもしれません。それは転職者との間に入っているエージェントも同様で、結果はまだでないかと候補者から聞かれたり、候補者が自分以外のエージェント経由で内定が出てしまったら逃げられてしまうとドキドキするといったこともあるようです。

自分の会社にとって必要な人材方に自分の会社に来てもらうためには、そういった転職者や間に入っているエージェントの状況をよく理解した上で、速くかつ丁寧に選考を進める企業は採用が上手くいっている可能性が高いと思われます。人事(採用メイン)で仕事を探していた私にとってそういったことも転職先を決める判断材料の一つになっていたように思います。

転職活動は孤独か?

過去の私の転職活動を振り返ってみると、初めての転職はやはり、孤独でしんどいと感じることが多かったと思います。初めて転職をしようかどうか迷っている方に対しては、何事も経験してみて初めて分かることが多いので、思い切って転職してみましょうとはとても言えません。ですが、2回目の転職活動では、1回目のその時に感じていたプレッシャーや悲壮感というのは明らかに無くなっていたというのは事実としてあります。

初めての転職活動というのは周りに相談できることも少なく、何とも言えない重い雰囲気になってしまっている方も少なからずいるのではないでしょうか。そのような方に少しでも参考になればと思い、今回は私の転職活動の進め方・考え方を紹介させていただきました。

みなさまの転職活動が上手くいくことを祈りつつ、今回のストーリーを終えたいと思います。

社会福祉法人あかね's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings