1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

エンジニアを目指す学生必見!ジョブカン事業部の若手エンジニアが振り返る学生時代と現在

将来へつなげるために、学生のうちにできること・するべきこと

働き方やバックオフィス業務が見直されている昨今、DX推進の加速に伴い、導入実績10万社のNo.1クラウド型システム「ジョブカン」は、煩雑なバックオフィス業務を効率化するクラウドサービスとして改めて注目されています。

今回は、そんなジョブカンを支える若きエンジニアにインタビューを行いました。新卒入社1年目の4名の本音に、新卒入社2年目の先輩社員が迫ります。ジョブカンのエンジニアどうしで学生時代の活動内容や入社後の業務内容を振り返り、ここでしか聞けない学生に向けたリアルな意見やアドバイスをご紹介します。

エンジニアを目指して就職活動中の方はもちろん、エンジニアに興味をお持ちの文系の方も必見です!


ファシリテーター (2019年4月入社、文中表記F)
D.M(写真左端)
部署/職種:ジョブカン事業部 開発グループ 労務管理開発/エンジニア

ジョブカン事業部 新卒入社1年目エンジニア(2020年4月入社) K.O(写真右端)
部署/職種:ジョブカン事業部 横断チーム 横断開発/エンジニア

S.N(写真中央)
部署/職種:ジョブカン事業部 横断チーム モバイル開発/エンジニア

K.M(写真右から2番目)
部署/職種:ジョブカン事業部 開発グループ 採用管理開発/エンジニア

A.Y(写真左から2番目)
部署/職種:ジョブカン事業部 開発グループ 勤怠管理開発/エンジニア

-F:学生時代にやっていたこと、現在の業務内容を教えてください

M:私は大学院卒ですが、学生時代は人狼ゲームの研究をしたり、ICPC(国際大学対抗プログラミングコンテスト)に参加したりしていました。

現在はジョブカン採用管理の開発を担当しており、性能の改善やインフラ回りの調整などを行っています。

N:私も大学院卒です。学生時代はプログラミングの知識がない人でもWebページが作れるエディタを研究開発していました。パソコン系のサークルにも所属して簡単なゲームやデジタルイラストの制作などもしていました。

現在の業務内容としては、ジョブカン各サービスのモバイル対応・UIを担当しています。最近ではジョブカン勤怠管理のPCマイページのUI改善を行いました。ジョブカン採用管理のモバイル対応では、候補者管理機能をスマホでも快適に閲覧できるよう実装を進めています。

O:私は情報系の学部卒です。学生時代は主に情報工学の基礎を学んでいました。学生時代にアルバイトとしてDonutsで開発業務を経験し、そのまま新卒として入社しました。

現在はジョブカン共通IDサービスの開発を担当しています。メインの業務は開発実装をしていますが、チーム内タスク管理などもしています。

Y:私は情報関連の専門学校を卒業しました。学生時代はプログラミング関係のアルバイトも経験し、Donutsの2018年サマーインターンにも参加しました。

現在はジョブカン勤怠管理の開発を担当しており、業務上の開発環境の整備・調整などもしています。

-F:就職活動中に、企業を選ぶ上で何を重視していましたか?

M:私はプログラマーかシステムエンジニアを考えていましたが、プログラムの設計のみをするのではなく、実際にコードを書き続けたかったので、開発業務に携わることのできるエンジニアを目指していました。また開発自体が好きだったので、何か一つに特化するのではなく、幅広く色々なことに挑戦できる環境も重視していました。自分が楽しく働ける会社を模索する中で、Donutsは面接でお会いする方がみなさんとても親しみやすい方だったのが印象に残りました。

N:私はプログラミングが好きだったので、エンジニア志望で開発をメインに考えていました。また、学生時代の研究を活かせるWeb関連企業を受ける中で、Donutsはジョブカンや電子カルテ・ゲームなど事業展開の幅も広く、そこに面白さと可能性を感じました。

O:Donutsで開発のアルバイトをしていた時に、自社開発の企業でプロダクトを生み出して感じたやりがいが決め手になりました。自分の考えたことや機能が形になって社会に出て、多くの人の目に触れる達成感は何物にも代えがたいですね。またジョブカンのようなSaaS領域に今後の伸びしろも感じていました。

Y:私はWebの勉強をしていたのでWeb関連企業であること、それから自社のプロダクトを持っている企業であることを重視していました。その中でもDonutsは事業展開が幅広く、個性的で面白そうな人たちが集まっていそうだなと感じました。

-F:実際にDonutsで働いてみて、入社前のイメージと違った部分はありますか?

M:自分の判断で進められることの幅がとても広く、自由度が高かったことですね。

定まった仕様を実装するだけ、という形式ではなく、仕様の決定から担当者が携わり、営業担当などの様々な方の意見を柔軟に取り入れながら開発できていることが、より良いプロダクトを生み出すことにつながっていると思います。

Y:いい意味で想像と違ったのは、年齢やキャリアに関係なく一人一人の持っている裁量が大きいところです。いつまでに何を出すか、そのためにどうするか、決めるのも進めるのも上司ではなく自分です。とにかく全面的に任せられることが多いです。

N:入社後の研修期間が短く、すぐに所属部署に配属されて驚きました!今の自分に何ができるのか…最初はとても不安でしたが、わからないことがあれば丁寧に教えてもらえるなど先輩たちのサポートがしっかりあったので問題ありませんでした。入社後の早い段階でエンジニアとしての仕事を経験できたのは、自分のキャリアにとってプラスになったと思っています。

O:エンジニアだからといってコードを書くだけが仕事ではないことですね。配属されたジョブカン共通IDチームでは、ジョブカンの各サ―ビスの横断的な連携を目的とした開発を行うため、各サービスにおいてどこまで機能として実装できるか、守備範囲はどうか、誰と進めていくのかなど調整力が要求される場面がとても多いですね。


-F:学生時代から大きく意識が変わった部分はありますか?

Y:学生の時はプログラムは動いてさえいればいい、と思っていた部分もありました。しかし、Donutsのプロダクトとして世に送り出す以上、大きな責任が生じます。メンテナンスのしやすさやバグの有無などを意識するようになったところが一番の違いでしょうか。可読性やテストのしやすさも大事ですね。特にジョブカン勤怠管理では動作テストのしやすさは重要なポイントです。

F:授業で書くコードと異なり、業務で書くコードはプロダクトとして何年も残り続けますから、持続していくための対応という視点はとても大事ですよね。

F:学生時代にやっておけばよかったと思うことはありますか?

O:もし余裕があれば、アルバイトでプログラミングの実務を経験しておくのはいいと思います。自分の将来の方向性を考える上で、一つの指標にもなりますよね。

N:チーム開発の経験もあると、なおいいですね。企業では開発は個人ではなく、チームで行うものですから。

-F:逆に学生時代に学んだことで、現在の業務に活かせていることはありますか?

F:私は学生時代に情報系で学んでいないので、基礎をイチから学んで身につけておくことの重要性を日々感じていますが、皆さんは学生時代から情報系の勉強をされていたんですよね?

N:私は情報工学科でプログラミングやアルゴリズム、セキュリティなどを勉強しましたが、いずれも現在の業務に反映されています。

Y:私が学生時代に好んで書いていたコードと、現在業務で使っているコードは異なります。でも学生時代に幅広くコンピューターサイエンスの知識を学んでいてよかったと感じています。何か新しいことをしようとするときも、学生時代の知識が常にベースになっています。

O:やはり学生のうちから基礎知識をしっかりと学んでおくのはとてもいいと思います。と言いつつも、私は学生時代に実はあまり真面目に勉強していなかったのですが(笑)実際にエンジニアになってみて「ああ、これを学生時代にちゃんと勉強すべきだったな…」と痛感することが多々あります。学生の皆さんは今からしっかりと学んでおけば、エンジニアとして仕事をする上で損はありません。また、プログラミング言語は何でもいいので1種類だけでもモノにして、基本的なプログラムの書き方をマスターしておくといいですね。

M:情報系の大学であれば、講義を通していろいろと学ぶと思いますが、どれも重要な内容ばかりだと思います。将来的にプログラミングを仕事にしたいのであれば、1つ言語をマスターしておいたほうがいいとは、私も思います。

-F:最後に、どんな人と一緒に働きたいか教えてください。

F:私は自分で考えて行動できる人と一緒に働きたいと思っています。もちろんプログラミング関連の知識はあったほうがいいですが、それがなくてもわからないところで立ち止まるのではなく、自分で考えて進めていける人なら大丈夫だと思います。皆さんはいかがですか?

Y:仕事をして行く中で壁にぶち当たったとしても、前向きにとらえて行動に移せる人がいいですね。

N:指示されたことだけをやるのではなく、方向性や改善策を自分から提案できる人と一緒に働きたいです。

O:自ら率先して動ける人はDonutsに向いています。ジョブカン事業部内でもそれぞれのサービスが独立して存在する組織体制なので、そのような中で横断的に仕事を進めて、自分の目指す方向を自分で決められる人は、きっと活躍できると思います。

M:開発を心から楽しめる人がいいですね。Donutsのエンジニアには優秀な方が多いので、その方たちからなんでも吸収して、自分をもっと高めていくことを楽しめる人をお待ちしています!

【22卒】Webエンジニア募集中!

サーバサイドエンジニア募集中!

【高知オフィス】サーバーサイドエンジニア募集中!

Ruby, Python,Go!業務支援SaaSのサーバーサイド開発

株式会社Donuts's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings