1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

副業でラーメン評論家、社員同士で起業した広報リーダー 〜div社員の多くが副業するワケ〜

divのビジョン「すべての人が幸せに生きる世界をつくる」をさらに早いスピードで実現するために、新規事業を担うことができる新卒、第二新卒の方を募集することになりました!

今回は広報チームのチームリーダーとしてだけではなく、「ラーメン評論家」、div社員同士で起業した会社のPR担当、インフルエンサーとしても活躍している本谷 亜紀(ほんや あき)さんにお話しを伺いました。div社員の多くが副業をしているワケ、本谷さんがdivに在籍し続ける理由とは!?


プロフィール

本谷 亜紀(ほんや あき)
株式会社div 広報 チームリーダー

埼玉県出身。大学入学後、食べ歩きサークルを主宰、テレビ朝日の深夜番組『お願い!ランキング』で「ラーメン女子大生」として活躍。その後、ラーメン評論家としての活動を本格化。
会社員としては、食品、EC、人材、教育関連の会社で広報・PRを経験、その後、株式会社divに入社し、広報のチームリーダーとなる。
現在は、広報、ラーメン評論家に加え、div社員と起業した会社「rin branding office」のPRも担当。
これまでに食べたラーメンは4,000杯以上(!)、SNSの総フォロワー数は約4万人。

divを知ってから、入社するまで

ー もともと、社長の真子さんと知り合いだったんですよね?

本谷:共通の友人が真子さんと友達だったんです。真子さんのことは、divの前身である「株式会社we-b」のときから知っていました!
divがまだ渋谷のマンションの一室にあり、そこで受講生へプログラミングを教えていたときに訪問したこともありました。

ー なぜdivに入社しようと思いましたか?

本谷:実は、何回か「入社しませんか?」と誘われていたのですが、自分の実力が追いついていない気がして入社を決意できなかったんです……
広報として10年のキャリアを積んだ私は、「これからはフリーランスとしてやっていこうか?」と迷っていました。そんな矢先に、「これからdivが大きくなるフェーズ」だと聞き、「広報の立ち上げから色々と挑戦できるなら、挑戦してみよう!」と思い、入社を決めました。
あと、取締役の新保さん(※1)やCFOの石原さん(※2)がTwitterで積極的にタメになる情報発信をしていたのを知っていて、「この方たちと働いてみたい!」と思ったことも入社を決意した理由です。

※1 新保さんのTwitter:https://twitter.com/shibuyamarketer
※2 石原さんのTwitter:https://twitter.com/CPAGTR

ー これまでいろんな会社で広報を経験されてますよね!divの広報は他社の広報とどのような点が異なりますか?

本谷:一般的な広報は、リリース(※1)資料の構成を考え、作成から配信まで、経営層の取材の調整、企業の炎上を防ぐ広報施策、インフルエンサーマーケティングなどを行います。
divの広報では、上記の仕事だけでなく、今の成長フェーズでは取材を受けることが考えられないくらい有名な雑誌、テレビの取材を担当させてもらっています。
また、真子さんの影響力が急拡大しているので(現在、YouTube登録者数は90万人超え)、真子さんが ICCサミット(※2)などのイベントに登壇する際のサポートや地上波CMのオンエアに伴うテレビ取材の調整、divの公式YouTubeの立ち上げなども担当しているんです。
これらの経験は、div以外ではできなかったと思っているので、非常にやりがいを感じています!

熱を込めて、div広報の仕事のやりがいを語る本谷さん。本当に「仕事を好き」だということが伝わってくる。

※1 リリース:主に、「ニュースリリース(広報活動の一環として発表される文書や資料の総称)」と「プレスリリース(官庁・企業・団体などが広報のために、報道関係者に向けて発表するもの)」がある
※2 ICCサミット:「Industry Co-Creation」の頭文字を取った、「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場。総勢800名以上の参加者同士が、朝から晩まで真剣に議論し、学び合うサミット。

ー 副業として、現在はどのようなことを行っていますか?

本谷:
主に2つです。
1つは、大学時代からずっと続けているラーメン評論家。もう1つは、divの友人たちと起業した「rin branding office」
ラーメン評論家として、テレビに出演してラーメンのロケに参加したり、コメンテーターをしたりしています。また、企業の商品開発に携わることもしています。
起業した会社では、企業のブランディングやPR、SNSのコンサルティングを担当しています。

ラーメン番組のテレビロケをしている本谷さん。


rinの仲間たちと一緒に、新年の書き初めをしたときの様子。


ー divの社員同士で起業もされてるんですね!どうして起業しようと思ったんですか?

本谷:起業する会社のCEOに誘われたのがきっかけでした。
みんなで会社を一緒にやっていこうと思えたのは、みんなで同じ目線や価値観を持ち、「自分のスキルで世の中を良くしていきたい!」という共通の想いがあったからです。
あと、自分ひとりのスキルだけではできない仕事を多くもらうようになってきて、「みんなと一緒だったらできるかも!」と思ったこともあり、起業しました。

ー そんな本谷さんがdivに在籍し続ける理由とは?

本谷:大きく2つです。
1つめは、副業では得られない経験ができるから
私は広報のリーダーなので、特に真子さんの下で働く機会が多く、毎日経営者の目線を学べ、とても刺激的な経験をできるのが楽しいと感じています!

2つめは、divの人間関係が心地良いからです!
divには尊敬できるメンバーがたくさんいて、その人たちが私の副業の相談や悩みを聴いて、腹を割って話してくれる、アドバイスをしてくれるのは貴重な経験です。本当に感謝しています。


ー divは副業、起業している社員が多いですが、なぜだと思いますか?

本谷:divの社員は「『副業』というひとつの手段を通じて、他者貢献をしたい、相手に喜んでほしい」という思いの人、良い意味でそこまでお金に執着していないから「お金を稼ぐことに注力するのではなく、経験を積みたい」という考えを持った人が非常に多いからだと思います。
あと、divは裁量と責任を持たせて仕事を進めさせてもらえるので、物事を自責で考え、仕事にプロフェッショナルな意識を持っている人が多いのも、副業、起業の多さの要因だと思いますね!

ー 最後に、新卒、第二新卒の方たちに向けたメッセージを!

本谷:
divで働く時に、何かを諦める必要はないと思います!
私の場合はラーメンでしたが、みなさんにも守りたいもの、やめたくないものがきっとあると思います。
divでは、「会社に属したら自分の好きなことができない…」「しかたない、副業するのはあきらめよう…」と悩むことは一切ありません。
仕事で高いスキルを求められますが、求められることができていれば、副業や起業をサポートしてくれる仲間が多いです。
きっと、divに入社して副業をすることで、世界や楽しみが何倍にも広がると思います!


あなたもdivのビジョン実現を加速させる仲間になり、他社では経験できないスピードで、責任・裁量を持って仕事をしませんか?

新規事業担当候補
22卒|マコなり社長率いるITベンチャー新規事業担当!
「人生にサプライズを」 これは私たちの掲げる企業理念です。 人生を変えてしまうほどの機会を提供したい。 涙を流すほど感動する最高の体験をつくりたい。 そんな想いで日々、事業・サービスの開発改善に取り組んでいます。 多くの方へ自社のサービスを届けるべく、今後も成長を続けるIT領域で事業展開を進め、市場のトップシェア獲得・上場を目指します。 【サービス概要】 2020年11月現在、「テックキャンプ」ブランドのもとで、プログラミングスクールや転職支援、人材紹介、法人研修、オウンドメディアと5つのサービスを展開しています。 ▼サービス紹介ページ https://tech-camp.in/
株式会社div
新規事業担当候補
マコなり社長率いるITベンチャー新規事業担当!21卒、社会人1,2年目歓迎
「人生にサプライズを」 これは私たちの掲げる企業理念です。 人生を変えてしまうほどの機会を提供したい。 涙を流すほど感動する最高の体験をつくりたい。 そんな想いで日々、事業・サービスの開発改善に取り組んでいます。 多くの方へ自社のサービスを届けるべく、今後も成長を続けるIT領域で事業展開を進め、市場のトップシェア獲得・上場を目指します。 【サービス概要】 2020年11月現在、「テックキャンプ」ブランドのもとで、プログラミングスクールや転職支援、人材紹介、法人研修、オウンドメディアと5つのサービスを展開しています。 ▼サービス紹介ページ https://tech-camp.in/
株式会社div
株式会社div's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more