1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

ディソパは、次世代コミュニケーションにフォーカスして、テクノロジーでライフスタイルを再構築することを目指しております。事業としてはまだ研究開発の段階ですが、オンライン、オフラインで利用できるテクノロジーを軸としたサービス、プロダクトを制作中です。直近は、2018年1月17日-19日に開催されたロボデックスのドローンゾーンに出展しました。出展内容はオフラインでのコミュニケーションとして可視光通信を利用したチャット技術です。ドローンに限らずIoTとしての展開も期待できます。

Why we do

ディソパはもともとアドテクノロジーにフォーカスして2012年末に創業したスタートアップです。兄弟会社のアドクラウド社からスピンアウトして誕生したこともあって、設立と同時に大手VCから資金調達することができました。その後、2015年前後、ご縁があってOEMやASPで取引をしていた大手広告関連企業へのM&Aや事業売却に至りました。沿革としては、一旦アドテクノロジーに終止符を打って、現在は新規事業を準備するフェーズです。ゼロから再始動するのは期待と不安が共存しますが一度事業を成長させた経験を活かしてインターネットを活用した新たなビジネスにチャレンジします。次世代コミュニケーションで人々の生活が便利になったり、豊かになることを期待します。

How we do

現在は2名体制でビジネスと技術を進めています。ロボデックス出展で引き合いがあったり、好評を得たことから組織も徐々に充実させていきたいと考えています。技術担当は、AIの分野に精通しており、学術的なアプローチで技術をしっかり支えています。この技術担当と一緒に次世代コミュニケーションの創出に向けて邁進して頂ける方を期待しております。代表自身がもともと技術者ということもあって今までないものをつくることに会社の存在価値があるという認識です。モノづくりに共感して頂けるメンバーで組織が成長していく流れを作りたいと思います。