1
/
5

What we do

お客様目線を大事に!メンバーの集合写真です!
【弊社株主との写真】(前から有安伸宏氏、赤坂優氏、日下康幸氏、西川順氏、本多祐樹(当社代表)、小野田飛洋(当社副代表)、五嶋一人氏(iSGS)、萩谷聡氏(ANOBAKA)
DIRIGIOでは個店を中心にモバイルオーダーの開発〜運用までを一気通貫で提供するモバイルオーダープラットフォーム「PICKS」を累計で3500店舗を超える飲食店に提供しております。 PICKSを利用すると飲食店は自社の状況に応じて ①自社モバイルオーダーサイトの構築(Picks Original Web) ②自社モバイルオーダーアプリの構築(Picks App) ③テイクアウトポータル「Picks」からの掲載 を行うことが可能になっておりテイクアウト・デリバリーにおける集客〜継続的な顧客リレーションの強化まで包括的にご支援させていただいております。 特に自社モバイルオーダーアプリの構築(Picks App)は、リーズナブルな価格、1週間程度でアプリ立ち上げ可能なスピードが特徴で、大手チェーンさながらの本格的なモバイルオーダーアプリ作成ができるノーコードモバイルオーダーアプリ構築サービスです。 PICKSのようなサービスは「モバイルオーダー&ペイ」と呼ばれ、近年フードテック・飲食DX領域で最も注目されている分野の一つです。日本でもスターバックスやマクドナルドではモバイルオーダーの本格的に導入が進められています。 すでに海外では類似のサービスを展開するtapingoがGrubhubにより$170Mで買収され、Ritualが$70Mを調達するなど大きな成功事例がでできています。 直近でも株式会社ギフティなどから総額約2.5億円の資金調達を実施し、いままさに新しいステージへと進もうとしています。少しでもご興味がある方はご連絡ください! 【参考記事】 『“飲食店版のShopify”で外食産業のDX目指す、「Picks」がギフティらから2.4億円調達』 ➡️https://signal.diamond.jp/articles/-/763 『コロナで急成長の“お持ち帰り”専門アプリ、インスタからの注文にも対応』 ➡️https://signal.diamond.jp/articles/-/138 『テイクアウトの不便を解消する事前注文・決済アプリ「PICKS」が7000万円を調達』 ➡️https://jp.techcrunch.com/2019/03/04/picks-fundraising-70-m-yen/ 日本のテイクアウトプラットフォームとして圧倒的No1になるとともに、日本における「モバイル・オーダー&ペイ」の先駆けとなることを目指しています。

Why we do

月に数回はみんなでランチも!メリハリを持って仕事します!
役職に関係なくフラットな文化を大事にしています!
■ビジョン ー新しいライフスタイルをデザインするー 新しいライフスタイルを創れば人々の生活がより便利で楽しいものに変わると信じています。 わたしたちはライスタイルが変わるほど、社会的価値のあるサービスを創りたいと考えています。 ■ミッション ーお店のDX化を軸に、日常をアップグレードするサービスを提供するー 私たちはお店が変わると人々のライフスタイルはより便利で楽しいものへとアップグレードされると考えています。日常の小さな変化は積み重なると大きな変化へと変わります。日常を少しづつアップデートし続けるそんなサービスを創り続けて行きたいと考えています。

How we do

社内ミィーティングの様子!
ベランダで気分転換♫
平均年齢は25歳と、若いメンバーが事業の成長のため本気で仕事に向き合っています。 DIRIGIOが大事にしているのは「結果が全て」ということ。 結果を求めるからこそ、そのプロセスが洗練され、成長を求めるメンバーで切磋琢磨できる環境が整っています。 また、経験豊富な投資家から投資を受けており事業づくりを学ぶ環境としては最適な場所であるのではないでしょうか。 PICKSはまだまだ創業期。「0→1」で思いっきりチャレンジしたいメンバーが集っています! 開発拠点は青山一丁目駅から徒歩3分程度の場所にあります。各主要駅からのアクセスもよく通いやすいとおもいます。