This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【野球×サッカー】体育会出身26歳コンビ 〜男の対談〜

こんにちは!
キャリアアドバイザーの石川です。

今回はディグの中でも本気でスポーツを続けてきた、26歳体育会出身コンビの長倉と高橋にインタビューをしてきました!

■長倉 優貴

■髙橋 亮介

新卒紹介事業部にて頼れるお兄さん的存在でキャリアアドバイザーとして活躍中の長倉と
5月に中途入社して3ヶ月、圧倒的な存在感で現在は人事やYouTuberとしても活躍中のタカハシ。
そんな2人にいろいろ聞いてみました!

■どんな学生生活を送ってきたか?

長倉)とにかくサッカー一筋、まじめな性格でした。小1~サッカーを始めてずっとプロ目指してきましたね。高校までは地元(埼玉)で、大学は北海道にいきましたね。

石川)なんで北海道の大学選んだの?

長倉)親元離れて自立したいという思いと全国目指す上で可能性の高い北海道の大学へいきました。
はじめから試合に出てたんですけど1年のとき怪我して、スタメンとれるとなってたところが無理になり・・・
でも3年でスタメンになれて4年で副キャプテンになって、やっぱりプロ目指したいと思いサッカーの道を選びましたね。


※大学時代の長倉。可愛い。

髙橋)昔はやんちゃしてましたね。とにかくひどかった。
ただ野球はずっと頑張ってきてて、高校行けたのも大学行けたのも野球があったからですね。
でも高校で厳しい環境でキャプテンにもなって変わりましたね。

石川)なんでキャプテンに選ばれたの?

髙橋)「俺しかいなかったから」ですね。(ドヤ顔)

石川)・・・・。

※大学時代の髙橋。細い!!!

■大学卒業後は?

長倉)宮崎のチームでアルバイトをしながらプロ目指して頑張ってました。
週6サッカー、週6アルバイトという生活で。
1年で違うチームに移籍して、また1年バイトとサッカー両立のカツカツの厳しい生活送ってて・・・
もう1年やるかってなったときに区切りつけようと思って就職に切り替えましたね。

髙橋)大学の監督の紹介で日立物流に入社して、
はじめは体育会出身だしいけるだろと正直思ってたけど、全然自分に能力ないなと・・
体育会って重宝されがちだけどやっぱり知識ないと自信もてないなと。だからとにかくやってやろうと思って、たくさん働いたし、たくさん飲みにいったりがむしゃらでしたね。

■ディグに入って・・・

石川)なぜディグに入社しようと思った?

長倉)もともと人材系に興味があったのはありますが、完璧に「人」ですね。
僕が面接の日に同じ時間で面接を受けていた子がいたんですけど、
その子が無断で遅刻をしてきたようで・・・
そしたら面接官をしていた人(上田です)が、その子のためにちゃんとお叱りしていて、
本当に人と向き合ってる会社なんだなと思いました。


※無事入社した日。

石川)なるほど。髙橋はどう?他にも内定もらってたと思うけど。

髙橋)うーん、転職をしようと思ったときに
・今の会社よりいい給料のところにいくか
・全く違う環境に飛び込むか
の2つで悩んだんですよね。

そこではじめてベンチャーの話を聞いたのがディグで、なんかすごいワクワクしたんですよね。
みんなすごい覚悟もってやってて、なんか青春だなと。
もう一度甲子園目指してたときみたいな気持ちで、本気でやりたい!と思ったんですよね。

石川)なるほどね。実際入社してみてどう?

長倉)はじめはきつかったですね。。
勉強もせず入ったから知識ゼロで、PCもメールもテレアポも慣れないことばかりで、
それにはじめは正直「なんでやるんだろ?」と思っちゃったり、やらされてる感があってやめたいと思うこともありました。笑

石川)入社2ヶ月目くらいのとき泣いてたよね。笑

長倉)そうですね。笑
思わず涙あふれてきてびっくりしました。
でもその後、ディグの新卒説明会を1年目の自分たちがやることになって
ディグを知ったり、主体的に動くようになって、そこから楽しいなと思うようになりましたね。
任せてくれるという環境が、どんどん自分を変えていって、攻める楽しさを感じてます!

(長倉は現在は新卒紹介事業部のエースです!)

髙橋)とにかく楽しいですね。
ゆーきと同じですけど、主体的にできる環境で、それがいままでとは大きく違いますね。
けどやるからには責任をもってやろうと思いますし、みんなが本気で向き合ってるこの環境が好きですね。

■お互いの第一印象と今

石川)お互いの印象はどう?

長倉)はじめは良くなかったですね。面接のとき、態度でかいなと。笑

石川)確かにでかかったよね。笑

髙橋)注意されましたもん。笑

長倉)ただ、話していくと本当に仲間思いで熱くて、俺にないものを持っているなと、今は尊敬してます。

髙橋)ゆーきの印象は本当に素直でまじめ。
そして実は人見知りなんだなと思いますね。
でも後輩にもしっかり向き合っていて、面倒見が良くて本当にいいやつっすよ。

■ディグを一言で表すと?

髙橋)一生青春
長倉)切磋琢磨

※文字の通りなので、説明は割愛します。

■今後について

石川)今後の抱負は?

長倉)代表の目標でもある上場に向けて、
みんなで会社を大きくしていきたいですね!
あとは新卒紹介事業部もしっかり組織にしていって、もっと働きやすい会社にしたいと思います。

髙橋)社員みんな年収1000万!みんなでハワイいきたいっすね!
みんなで楽しい会社にしていきたいです!


インタビューを終えて・・・

とにかく厳しい環境で頑張ってきた二人、なんだかかっこよく見えました。
自分の持ち味を活かしてディグでも欠かせない存在に。

これからも二人の活躍に期待です!!

※ただ、カメラを向けるとふざけます。

それを温かく見守る大先輩の舘石さん。

※そういえば舘石さんも体育大出身ですね。

そんなディグ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています!

キャリアアドバイザー
営業(リクルーティングアドバイザー)

ディグ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more