1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

企業と生活者の橋渡し役となり、より良い製品・サービスを届けたい企業を支援します。
現在3つの事業を展開し、企業/業界を抱える課題を解決しています。
『人々の暮らしを世界中でバージョンアップし続ける』 データセクションは、「データサイエンスによって生活者のニーズを正しく捉え、より良い製品・サービスを届けようとしている企業を支援する」ために、様々なデータ分析技術を軸とした事業展開しています。 2000年の創業以来、様々な領域のデータ取得・分析を積み重ねてきた結果、2020年現在では、自社の技術・ノウハウを最も発揮できる分野として、3つの事業を展開しています。また、より豊かな人々の暮らしを実現するため、様々な領域での新たな事業開拓も日々進めています。 ■リテールマーケティング事業 - カメラデバイスによる店舗分析ツール「FollowUP」をはじめとする、小売事業向けマーケティング支援サービスの開発・提供 ■ソーシャルメディアマーケティング事業 - ソーシャルリスニングツール「Insight Intelligence Q」をはじめとする、企業のマーケティング・PR業務などに利活用可能なソーシャルメディア分析サービスの開発・提供 ■AI・システム開発事業 - データセクションの保有するデータ分析技術/ノウハウを駆使して、お客様を課題解決・業務成功へ導く、AI・システムを定義・設計・開発 この3つの事業の中でも、リテールマーケティング事業は現在最も注力している事案であり、事業拡大による提供価値の強化、サービス品質の改善などに向けて、様々なプロジェクトを急速に進めております。また、日本特有の「おもてなし」文化を普及し、ホスピタリティー向上を含有したサービスの展開も視野に、グローバルへの取り組みも進めております。 生活者と企業間に存在する、マーケティングを中心としたコミュニケーションを、データ分析によって変革することで、企業のサービス品質の向上と、より豊かな人々の暮らしの実現を目指します。

Why we do

企業 - 生活者間で発生するズレを解消するために、事業を展開しています。
ポジションに関係なく、様々な視点で、企業/業界の課題と向き合います。
現在の日本のビジネスでは、IoT/データ/分析の重要性が語られる一方で実質的な活用がまだまだ浸透せず、勘やコツ、人的な営業力などによる意思決定の文化が根強く残っています。その結果、人々のニーズを的確に汲み取れていない商品・サービスや広告が、生活者に数多く届いている状態になっています。 データセクションは、この「需要と供給の乖離」は、データ分析によって解消できると考えております。 だからこそ、「企業が生活者に良いものを届けることで、人々の生活を豊かにしていく社会」を作るために、本質を捉えたデータ分析をあらゆるビジネスに浸透させる事業を展開しています。

How we do

五反田駅より徒歩2分の場所にオフィスあり。
互いの意見を尊重しつつ、最適解へアプローチしていきます。
より良いサービスを提供していく上で重要なのは、社員あるいはお客様一個人の意見に偏らず、様々な視点から課題・ニーズを観察して、核心に迫ることだと考えております。そのためには、個々の力だけでなく、チーム、会社全体が一丸となって取り組む姿勢が欠かせません。 データセクションでは、自然にそれを意識してきた結果、以下のようなカルチャーが根付いており、会社全体で「サービス/会社のあるべき姿」を追求しております。 ■部署間での障壁なし - ビジネス・技術の両面から、サービスや社内環境の品質改善イメージをすり合わせていく。 ■上下間での障壁なし - 常に、正しい/あるべき状態は何であるのかを議論して、探り、サービス/社内の課題を解決していく。 ■気軽に始められる話し合い - ちょっとした情報共有から相談まで、みんなが柔軟・フレンドリーに対応。