This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

『仕事を通じた自己実現』という楽しさを多くの体育会学生に届けたい|社員No.17:新入社員・片倉万柚子

2019年4月、大学スポーツチャンネル(以下dsc)にキャリアエージェントとして入社した片倉万柚子(まゆぞう)です。

自己紹介

小さい頃から外で体を動かして遊ぶことが好きでした。いつも一緒に遊んでいた幼馴染からの誘いで小学校高学年からバドミントンを始めて、そのまま中学~高校まで続けました。この期間に、一つのことに熱中して目標に向かっていくことの充実感を学びました。大学では、サポーター側もやってみたいという思いからアメフト部でトレーナーをしていました。大学4年間では自分の意図をもって主体的に行動することで満足感を持てることを実感しました。

その満足感によって心に余裕ができると視野も広がり、いろんな発見や気づきが生まれて、挑戦したいことが次から次へと湧いて、それを実行していけることが楽しくてしょうがない!と思いながら部活に明け暮れていました。

こんな経験をさせてくれたスポーツや部活にはとっても感謝しています。


なぜdscに入社したのか

私は新卒で大手金融機関に就職して1年で辞めて、dscに入社しました。

学生時代の私は自己分析はやらなくても何とかなるだろう、どこに入っても何とかなるだろう、それよりも部活がしたい!と思っており、大手企業から内定をもらうことをゴールに就職活動をしていました。そんな私は企業に合わせて選考を受けて、最初に内定をもらった会社に入社しました。

その結果、前職では何のためにこの会社で働いているのだろうという疑問を抱きながら過ごすことになりました。
そうなって初めて、働くことについてや自己分析について考えることが必要だと思うようになりました。

何の目的もない仕事はただの苦痛な労働でしかない、どんなにうまく働けるようになっても自分の中心と繋がっている感覚がないと心から満足できず、何か違うといったモヤモヤを感じる、だから自分の経験を生かせることや、そこから感じた課題を解決する仕事をしたいと思いました。

dscで体育会学生のサポートをすることが自己実現につながると思い、入社を決めました。

これから何をしたいか

私はこの仕事を通じて楽しいと思って働く人が少しでも増えたらいいなと思っています。

ここで私がいう楽しいとは、自己実現を目指して目的を持つということです。

部活に熱中していることが今の自分にとってどれだけ心の潤いになっているか、部活を引退してからもその状態を持続させるためには何が必要か、そのために自己分析などを通してできる限りのサポートをしていきたいです。

私と出会って話したことを踏み台に将来のビジョンを学生自身が描けるような、相手を紐解いてあげられる人でありたいと思っています。

片倉と同じ職種はこちら💁‍♀️

キャリアカウンセラー
ニューアスリートを育成するキャリアエージェント募集!
弊社は、今期10期目となるスポーツベンチャーです。 『スポーツで日本の未来をつくる』というビジョンのもと、大学スポーツ総合企業として、実力と人気に乖離がある大学スポーツの繁栄を目指し、アスリート・大学・企業・ファンの課題解決や環境向上に向き合っています。 大学スポーツを軸に、若者にウケる映像/WEB制作能力を強みにミレニアル世代へのスポーツマーケティングを行うミレニアルズマーケティング事業やキャリアサポート事業など、様々な事業を展開し、ソリューションを提供しています。 キャリアサポート事業では、大学のキャリアセンターやスポーツ振興関連の部署と公式連携を取りながら、キャリア支援や教育支援を実施しています。 大学スポーツから新たなスポーツビジネスを創り、今後のスポーツ界におけるリーディングカンパニーになるべく挑戦しています。
株式会社大学スポーツチャンネル
リクルーティングアドバイザー
ミスマッチを学生のせいだけにしない!法人向けのリクルートアドバイザー募集
-----------------------------会社概要 弊社は、今期11期目となるスポーツベンチャーです。 『スポーツで日本の未来をつくる』というビジョンのもと、大学スポーツを中心とした、若年層×スポーツという文脈で事業を展開をしています。 数値に裏付けされた、若者にウケるコンテンツ制作能力を強みにミレニアル世代へのスポーツマーケティングを行う「ミレニアルズマーケティング事業」や「キャリアサポート事業」を展開しています。 -----------------------------キャリアサポート事業部  キャリアサポート事業部は、体育会に所属する学生に対して、大学のキャリアセンターやスポーツ振興関連の部署と公式に連携を図りながら、キャリア支援や教育支援を実施しています。 私たちは学生と企業、両者の視点を持ち、「相互により良い就職・採用活動をするためにはどうすればよいのか」を追い求めています。  学生に対しては、教育的な観点を取り入れ、自己分析を通して、自分を知り、自分の人生における“目的”や“価値観”をエージェントと共に探索します。その上で、キャリアに紐づけることで、より活躍し社会に貢献できる人材になれると考えています。  企業に対しても、より良い採用活動をして頂くために何が最適なのかを共に考え、作り出すことを意識しています。当然、採用活動を行う各社で課題は異なります。それぞれの企業や組織が持つ「コンテンツ」と「カルチャー」の両軸を中心に、学生へのアプローチや最適な採用施策を提供していきます。
株式会社大学スポーツチャンネル

その他 現在募集中の職種(正社員)
映像ディレクター
心動かすスポーツ映像を作るディレクターになりたい人へ

スポーツコンテンツクリエイター(制作職)
あなたのコンテンツでファンを増やしたい人へ

セールスプランナー(企画提案職)
スポーツ界のSNS戦略を推進していきたい人へ

クラブパートナー
日本の大学スポーツの未来を作っていきたい人へ

株式会社大学スポーツチャンネル's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings