This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

私たち「株式会社D4C.(ディー・フォー・シー)」は、「創造のためのデザイン」という哲学を掲げながら、各種プロモーション事業を展開する制作会社です。お客様の期待に「発想と技術」で応えるのが私たちのポリシーです。 ■主たる事業内容■ ・セールスプロモーションクリエイティブ事業: 広告宣伝全般のプランニングと制作をメインに行います。 1つの業界に特化することはなく、幅広い案件に携わっています。 ・採用プロモーションクリエイティブ事業: メインターゲットを年に1度の「新卒募集」とし、新卒サイト制作に注力しています。他、中途募集の採用サイトやパンフレットの案件も少なくありません。ものづくりが多いですが、企画からスタートすることもあります。 ■提供サービス例■ ・セールスプロモーションクリエイティブ事業: 一般的なSP広告を始め、食品メーカーブランドの広告・Webサイト・LP・ポスターの制作。化粧品メーカーのイベントブースの空間デザインを行ったこともありました。映画領域では映画関係のキービジュアルやキャッチコピーのライティング・特設サイトの作成を手掛けています。 ・採用プロモーションクリエイティブ事業: 新卒対象サイトは、企業のコーポレートサイトとは別に作成しています。なお、人材採用領域のプランニングも事業の範疇に含まれており、企業パンフレットや合同説明会ののぼりなど、各種イベントブースツール制作にも携わっています。 ■D4C.のいろいろな比率■ セールスプロモーション:採用プロモーション=4:6 代理店経由:直取引=7:3 グラフィック(紙媒体):web(ホームページ・バナーなど)=4:6 ※他、企業名や商品名のネーミングや映像のディレクションなどを行うこともあります。 ■実績はこちらをご覧ください■ http://d4c-creative.com/work.html 他にも掲載されていない案件がたくさんございますので ご興味のある方はご連絡くださいませ。

Why we do

Design for Creative.=D4C.「創造のためのデザイン」 見た目を整えるといった意味だけではなく、あらゆる手段を用いたコミュニケーションを「設計する」ことが私たちのいうデザインです。クライアントやカスタマーの期待に「発想と技術で応える」、私たちはそんな意味を会社名に込めました。 セールスプロモーションも採用プロモーションも、「伝えるべきことを伝えるべき人に届ける」ということに変わりはありません。そして、人や企業・文化が異なるように「創造」にも様々な解釈があります。 グラフィック・Web・映像。全てのものを介在するコミュニケーションで、発信する側も受信する側もミスマッチが無くなるように。 それが私たちの仕事だと思っています。 「Design for Creative.」この言葉を胸に、私たちは次のチャレンジを続けています。

How we do

■事業の特徴■ 企画からコピーライティング・デザイン・webの場合はhtmlマークアップ・納品まで、ワンストップで対応できるのが私たちの強みです。案件は単独で受けるものもあれば、チームを組んで対応するものもあり、フレキシブルに活動しています。小規模展開の企業なので、やりたいことにしがらみなく、自由にチャレンジできます。 ■個性豊かなメンバーがお待ちしています!■ 有名案件の実績を多数持つ制作プロダクション出身の者・芸能業界に特化した者・企画からWebの納品まで1人でできる幅広いスキルを持つ者など、個性豊かなメンバーが揃っています。 それぞれが依存するのではなく、個々の強みを活かして動いています。その結果、それぞれの技術が交差するところで連携プレーが生まれる、そんな組織です。 フィードにメンバー紹介記事をアップしておりますので、ぜひご覧くださいませ。 https://www.wantedly.com/companies/d4c-creative/feed ■オフィス環境■ 地下鉄各線「東銀座」駅より徒歩数分の立地にオフィスを構えています。仕事をしやすい環境を目指し、それが理にかなうものであればオフィス用品や検証用の端末などを会社の費用で購入できます。 ■メリハリのきいた働き方■ 業界の傾向もあり繁忙期は仕事が集中します。その分、閑散期は定時より早く退社したり、有給休暇も積極的に取得するよう推進しています。実際に6月〜8月あたりに仕事のスケジュールを調整し、有給をとって沖縄やグアムに行く者も少なくありません。集中する時、力を抜く時、バランスをとって仕事に取り組むことができる環境です。 ■贅沢なご褒美■ 年に一度の社員旅行では、プライベートでは行けないような贅沢な旅館に行っています。最高級の旅館は、ロビーも部屋も食事も大浴場も接客もなにもかもすごくてすごい。。お宿の価値観が変わったというメンバーも。普段仕事を頑張っているご褒美です。