1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

医療業界にテクノロジーを活用した仕組みを。「治療アプリ®︎」の処方実現に向けて

長年、製薬会社のMR として働いてきた八田。
医療業界でテクノロジーを活用した営業の仕組みを構築したいと、強い想いを持ちながら働いてきました。そんな中、志を同じくするCureAppと出会い入社。現在は、日本初となる治療アプリ®︎のリリースに向けて、これまでの医療のセールス・情報提供のやり方に捉われず、理想を追求したモデルを構築すべく奮闘中です。

なぜ、八田はこの事業に情熱を燃やしているのか?
CureAppで働く中で感じていることなど、八田のストーリーをお届けします。

八田尚哉(はった ひさや)
MR(医薬情報担当者)として皮膚科、眼科領域を中心に担当後、CureApp 入社。
事業開発・推進部の中で、医療機関向けのマーケティングとセールスを担当
趣味:スキー、愛猫についてのinstagram では4.5 万人のフォロワーがいる。


理想的な営業手法を開発したい。想いが芽生えたMR時代


――八田さんは、 CureAppに入る前はどのように働かれていましたか?


大学卒業後は、プラスチックの成形加工メーカーに入社し法人営業として3 年半働きました。その後は、ずっと眼科・皮膚科領域を中心に製薬会社の営業(MR)をしていました。
MR というのは、医師の手が空く時間をねらって営業をします。医師と話をするために、病院の廊下や車の中で待つ時間がとても長いのです。これでは非効率ですし、医師が求める情報とその届け方にはもっと別のやり方があるはずと常々、課題に感じていました。

また昨今、薬価が下がってきており、経営の効率化が叫ばれる中で、営業を効率化したいというニーズがあるはず。そう思い、テクノロジーを用いてMR の効率化ができないか?
より早く、より多く処方してもらう仕組みは?という所を医療業界以外の事例なども参考にしながら考え、社内で提案をしたこともあります。
社内でテクノロジーを活用したMR を推進するプロジェクトが立ち上がった時も、手を挙げて参加することにしました。色々と調べていくうちに、医療ベンチャーへの気持ちが日に日に高まっていきました。


医療業界でTHE MODEL*を実現したい


――CureAppとの出会いについて教えてください。


ある時、プロジェクトの中間発表会があり、経営陣にプレゼンをする機会がありました。ただ、その時の経営陣の反応から、大企業などの大きな組織の中では変革は難しいかもしれないと感じる場面がありました。
変えた方がいいと思う事でも、すでに利益を生み出している今の体制を変えるのが難しく、チャレンジがなかなかできない現状を目の当たりにしたのです。
その時、大企業が悪いというよりは、変革をしたいのにできない環境にいる自分が悪いのだなと悟りました。大きな組織の中でもがくのは、自分にとって必ずしも良い事ではないなと。
それならば、新しいことを思う存分やれるベンチャーの世界に思い切って飛び込んでみようと決意しました。

実はCureAppのことは、よく知っていて、ぜひ入社したいと思っていました。

当初、私はTHE MODEL という営業手法を医療業界でも実現したいなと考えていました。THE MODEL*とは、マーケティング、セールス、カスタマーサクセㇲなどの一連の営業の流れをモデル化する、科学的な営業手法です。このモデルを医療業界でも取り入れて効率化できないかと考えていたのです。

その頃みたCureAppの求人にも、まさに「THE MODEL を実現しませんか?」と書いてあり、これだ!と思い応募したところ、採用まで繋がることができました。

また、CureAppのビジョンにも共感しました。

入社して「アプリを使えば、今まで治療しきれなかった病気で苦しんでいる方に新たな希望を与えられる」というCEO 佐竹の言葉にも感銘を受けました。
ソフトウェアを用いて治療することで、こんなにも可能性にあふれた世界が広がっているのかと、その奥深さに今あらためて魅了されています。


日本初の治療アプリ® ︎の認知を広げる仕組みを構築中


――現在、取り組まれているお仕事について教えてください。

今は2020 年中の薬事承認を目指してニコチン依存症治療アプリ「CureApp 禁煙」の事業開発を担当しています。
具体的には、マーケティングとセールス部門の立ち上げと、より広く知ってもらい、処方していただくための仕組みの構築を行っています。
これまでの日本では、治療用アプリを医療機関に保険償還を受けて提供した事例はなく、初めての試みです。
そのため、マーケティングやセールスは、全くゼロからの構築。まだ他に同じような仕組みのない分野での構築は難しいですが、とても面白いと感じています。
現在、この事業開発推進部の活動メンバーは6 名。リリースに向けて着々と準備を進めています。


――お仕事のやりがいはどのような所ですか?また、逆に難しいなと感じる所はありますか?


やりがいは日々、感じています。
会社のビジョンに深く共感しており、仕事も常に何のためにやるのか?という所がはっきりしているため、細かい作業でも意味のあることをやっているという実感があります。
逆に決めるという点は、難しいと感じます。やはり、他に事例のない事業なので、なかなか判断できない部分もあり、CureAppらしさって何だろう?と悩んでしまうこともあります。
そんな時に、上長や他部署のメンバーに相談するとあっさり解決したり、経営陣がこれでいこう!と、スピーディに決めてくれるのは有難いなと感じます。


情熱をうちに秘めた大人が集まるベンチャー


――CureAppに入って良かったと思う点は、どんな所でしょう?


CureAppに入り、日々良かったなぁと感じていますし満足度は高いです。
最初に入社したメーカーでは法人営業をしていて、中国やタイなど国際色も年齢層も豊かで、多様な人達に囲まれて働いていました。そんな働き方が好きなので、CureAppでも様々なバックグランドの方がいて居心地が良いです。
医師や看護師、保健師、エンジニアがいてデザイナーもいます。少し不思議な感じです。
CureAppには、これまで様々な場所で、第一線で活躍してきた人たちがいて、一見、落ち着いているように見えるのですが、内に秘めたメラメラ感があります。
皆、内に情熱を秘めていて、お互い影響し合っている。そんな感じがすごくいいなと思います。掘れば掘るほど深い人たちが集まっている会社です。


――働き方はどうですか?


子育て中の社員にも理解がある環境ですね。リモートで仕事ができる環境も整備されているので、経営陣も含めて、お迎えなどの子育ての時間があると、一度、自宅に帰り、また夜オンラインで仕事を再開するなど柔軟に働くことができます。
私も1歳半の子どもがいるのですが、ライフステージが変わっても、仕事の質を落とさずに活躍している方が多いなと感じます。

新しい理想的な仕組みを広められる存在に


――今後の目標をお聞かせください。

CureAppで新しく構築している仕組みが、医療機関にみとめられて、顧客にも広がっていく世界を作るのが目標です。
治療アプリ®︎は2020 年度中の販売を目指しており、薬事承認、そして保険償還を受ければ相当に注目を浴びると思います。
現在は少人数で進めている事業モデルですが、実際にリリースした際に耐えうる体制になるように、先を見据えながらやって行きたいと思っています。
実際にCureAppに飛び込んでみて、今、とても満足しながら仕事ができています。もし、CureAppのような職場で働いてみたいという方がいたら、こんなに楽しい世界もあるぞ!とぜひ伝えたいと思います。


(取材ライティング/柳澤聖子)

株式会社CureApp's job postings
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings