1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

エンジニアとして世界のユーザーに技術貢献。React Nativeでのアプリ制作にかける想い

カリフォルニア大学でコンピューターサイエンスを学んだJesse 。
アメリカの日系企業で働いていましたが、エンジニアの仕事を究めるために、海を渡りCureAppのメンバーに加わりました。


CureAppでは、NASH (非アルコール性脂肪肝炎)治療用アプリやascure STEPS生活習慣改善プログラムなどのアプリ開発を担当。実働までプロジェクトを牽引し、エンジニアとしてやりがいを感じる日々だといいます。
また、治療アプリ制作の主要ツールであるReact Nativeの知見を活かし、世界的なReact Native開発者コミュニティの一員として社外でも活躍中です。そんなJesseのストーリーをお届けします。


Jesse Katsumata
CureApp, Inc. のフルスタックエンジニア。
カリフォルニア大学サンタバーバラ校卒。
NASH(非アルコール性脂肪肝炎)治療用アプリや法人向けモバイルヘルスプログラムであるascure STEPS 生活習慣改善プログラムなどを担当。


翻訳家としてスタート。でも、エンジニアの道を究めたい


――CureAppに入る前はどのようなお仕事をしていましたか?

私は小4からずっとアメリカに住んでいて、CureApp に入社するにあたって、日本に引っ越してきました。
大学では、カリフォルニア大学のサンタバーバラ校でコンピューターサイエンスを専攻していたんです。
卒業後は、アメリカに進出した日系の企業で働いていて、営業の方についていき、その方の通訳をしたり、仕事で請け負う資料を日米の双方に伝えるための翻訳などを担当していました。 IoTの技術を扱う会社だったので、翻訳で資料を読みこんでいくうちに、Bluetoothなどの技術にも自然に詳しくなっていきましたね。

JavaScriptでのアプリ開発に魅力を感じて


――CureAppのことは、どのようなきっかけで知ったのですか?


3 年ほど前職で仕事をしていて、CureAppには今から1 年半ほど前(2018年10月頃)に入社しました。
前職では、翻訳以外に会社のホームぺージ作成なども担当させてもらっていましたが、エンジニアとして、もっとプログラミングをがっつりやる仕事につきたいなと思っていました。そこで、Udemyという学習プラットフォームを使いReactやReact Nativeなどについて独学で勉強しながら、転職活動をしていました。
日本語も英語も話せるので、働く国はアメリカでも日本でもどちらでもいいなと思っていました。ある時、Twitter上で、日本語でエンジニアの仕事ありませんか?と聞いてみたところ、CureAppのCDOである鈴木晋さんから直接DMを頂いたんです。
そこで、CureAppのことを知り、プログラミングは全てJavaScriptという話をお聞きして、面白そうだなと思いました。
JavaScriptは主に、ホームページのユーザーが見る部分を動作させる言語ですが、その他の部分は、JavaScript以外の言語を使って動いていることが多いんです。でも、最近はJavaScriptも進化し裏側の動きもできるようになってきています。


CureAppでは、表側も裏側も両方できるのであれば、両方やろうという方針のもと、社内のエンジニアは全員JavaScriptを書いています。
このやり方は、アメリカでは普及しているイメージがありますが、日本では、まだ私が知る限りではCureApp含めて3社程度しかなく、面白そうだなと思いました。


――CureAppで担当されているお仕事について教えてください。


CureAppに入って、まずはNASH(非アルコール性脂肪肝炎)治療用アプリを担当し、Bluetoothの体重計とアプリを連携する機能を加える仕事に取り組みました。
その後は、法人向けモバイルヘルスプログラムであるascure STEPS生活習慣改善プログラムのアプリを担当しました。体重計と連携している所などNASH治療用アプリと共通している部分があるので、そのコードを元にしながら、ゼロから作り上げました。
私自身が、ユーザーがどういう見た目だったら喜ぶかなという事を考えるのが好きなので、「こういう見た目はどうか?」などデザイナーさんと相談しながら進めていきました。


――大変だったところは?


CureAppではインターネットにつながらないオフライン状態でも、患者さんが、ストレスなくアプリを進められるように工夫していますが、そのツールの使い方をキャッチアップするのが難しかったですね。
このツールは主にCureAppが独自で開発しているのですが、入社当時は、複雑で分かりにくく感じました。そのため、皆が負担なく使えるようにと、私の方で使い方のマニュアルを作成するなどの仕事にも率先して取り組みました。
入社して難しい部分もありましたが、ascure STEPSのアプリも無事作り上げ、実際に利用している方もいる状態です。現在は、また新しいプロジェクトにアサインされ、取り組みを始めています。


全世界のReact Nativeユーザーのために


――お仕事のやりがいは?


やりがいはいつも感じていますね。
CureAppでは常に新しい技術に挑戦できますし、それをすぐに使える立場なのは、エンジニアとして刺激があります。

あとは、CureAppでアプリを作る上でコアとなるReact Nativeというツール自体に問題があった時、仕事の時間を使ってReact Native自体を修復することができるのも魅力的です。React Nativeはまだ始まって数年しか経っていないこともあり、フレームワークとして成長段階。そこに貢献できるのは光栄ですし、全世界のユーザーのためにもなる事なのでやりがいを感じます。


また、全世界からReact Nativeをより良くしようと、89名ほどの人が集まっているコミュニティがあるのですが、その中のメンバーの一人として選ばれてもいます。もともとReact Nativeはfacebookのロンドン支社が開発しているということもあり、メンバーはヨーロッパ圏の方が多く所属しています。


意外だったのは、日本で自由な働き方ができる事

――CureApp に入社して、驚いた事や良かったことはありますか?

一番刺激になったのは、一緒に働く仲間であるエンジニアの方がみな優秀だということです。私以外にも、社内に留まらず外部の技術に修正などを加えるなどして貢献している方も多く、とても素敵だなと思っています。

エンジニアも社員が10人ほどいて、周りにエンジニアが多くいること自体が新鮮です。
働き方として意外だったのは、自由な働き方ができることです。
私はアメリカから来ているので、どちらかというと日本の企業にはブラックなイメージが強かったんです。残業が多かったり、時間は厳守しないといけないとか。

CureAppは、そういうことも全くなく、会社はフレックスタイムを採用していて、コアタイムにいればオッケーです。実際、私は残業をほとんどしていませんし、趣味でもある音楽活動の時間も大切にできています。


技術の柱として、活躍したい


――今後はどのように活躍していきたいですか?


そうですね。CureAppの技術の柱として会社に貢献したいという気持ちが強いです。
CureAppの名前も、もっと広めていきたいですし、自分自身のエンジニアとしての名前も広めていきたいなと思っています。

React Nativeのコミュニティの一員であるということもそうですし、React Native以外の開発にも関われているのも、良い経験になっていると感じます。CureAppと自分自身の名前を広めるために、海外の技術カンファレンスなどにも、今後、積極的に参加していきたいと思います。せっかく英語も日本語も話せるので、それを活かしていきたいですね。


(取材ライティング/柳澤聖子)

株式会社CureApp's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings