1
/
5

What we do

日中は,普通のシステム請負会社です.お客様のところに常駐し,システムを開発しています.よくあるパターンの会社です.定期的に自社に集まってWindows IoTをいじったり,Oculus VRを試したり,ドローンを弄ったりと新しいビジネスに繋がるよう新しいものを弄って何ができて何ができないのか?これに何を加える新しい価値が社会に提供出来るのか?という様なことを議論したり考えたりしています。 議論の中の1つでも社会に貢献出来て収益につながる物が出来たらHappyだ!ということを常に考えて居ます。IoTは、どういう使い方をすれば、社会に貢献出来るのか?どういうサービスに向いているのか?新しいマーケットないのか?これ、エスノグラフィで考えたら日本より他の国だったら売れないか?とかを考えて居ます。 スタートアップの様な華々しさはなく、卓球台もありません。意識が高いという訳でもないです。ただ、エンジニアとして当社で何年か働いて卒業した新しい新天地で結果を出せるエンジニアになっていてほしい・・・もっとも、ずっと当社で働いてもらってOKなんですが、社員が楽しいと思える何かを提供出来る会社でありたいと考えて居ます。

Why we do

ビジョンってものすごく難しいですが、大きくいうと社会、その中の一部でもいい方向に変えたい。たとえば、林業の支援支システム。林業は、農業より従事者が少なく(それでも補助政策で増えましたがそれでも少ない)、高齢化が高いです。でも、山をメンテナンスしないと水源の維持や土砂崩れなどを起こす大きな原因になります。それを防ぐにはロボットを使って山のメンテナンスをする。そのためにはどういうシステムが必要でどういうロボットが必要か?ロボットは、自分たちで作らないと駄目?技術は?それを一つずつクリアして達成出来たらビジョンは達成出来るかもしれません。

How we do

わずか8人の会社ですが,メンバーは変わっています.よく言うと多様性があります.元不動産会社の営業マンがいたり,バイクレーサーがいたり,新卒採用で入社する学生は,留学生で3カ国語が喋れたるけど,「システム開発ってどうやるんですか?」というメンバーです. 社長は,兎に角おかしい.いろんな意味でおかしい.とりあえず,絶賛つりラブ,ネコラブ.超柔軟.CTOはコード以外は一切興味がありません.各コードは,変態っぽいです,後任者が泣いてます.シニアマネージャーの私は,ほぼ雑用と渉外が仕事です.最近は,ベトナム,台湾へ出かけたりもします.社員が少ないでベトナムの協力会社さんと一緒にプロジェクトを進める予定があります.