This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

【具体的な事業内容】 CRMテレマーケティング。 わたしたちは、関西最大級のコールセンターを運営しています。豊富な実績と、スキルの高いスペシャリストをご用意し、お客様の課題に合わせ、アウトバウンド・インバウンドを問わず、様々な形態でのCRMテレマーケティングソリューションをご提案することが可能です。 ■コンサルティング 数多くの運用経験から得たノウハウとコンサルティング実績を元に、一時的な検討サービスの提供ではなく、 お客様の課題や目的に合わせた戦略・計画の策定からシステムの構築など、実際の運用までのフルサービスを提供いたします。 ■マーケティング コンタクトセンターに関する豊富な経験と、様々な業界におけるコンタクトセンターの構築・運営実績、 そしてプロモーションからカスタマーサポートまでの専門的なオペレーションノウハウを駆使し、ご要望を実現に向け、最適なサービスをご提供いたします。 ■BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング) お客様の各部門、各業務(総務、経理、営業、生産、人事、情報システム、設計、開発など)を対象にお客様業務の洗い出しを行い、課題を精査し、明確化いたします。 自社で抱えているとコストや工数がかかる業務を、一括して代行するなど、煩雑な作業の省力化・簡素化をサポートいたします。 ※大手企業様の課題解決(コンサルティング)を幅広く手掛けております。

Why we do

植原 大祐社長(CRTM代表取締役)
【企業理念】 世界一、『ありがとう』が集まる企業へ。 私たち カスタマーリレーションテレマーケティングは、One to One Communicationを通じて、関わるすべての人に最高の感動を届け続けます。 アイディアやPLUS ONEを創造し、日本のCRMに変革を起こします。 声や言葉を通じ、生活を豊かなものにするお手伝いをします。常にベストな成果を追求し、最良のパートナーを目指します。 社内では常に「ありがとう」が飛び交っています。お客様やクライアント様からいただくだけでなく、一緒に働く仲間や上司、部下からも「ありがとう」とお互いに声をかける事ができるような環境づくりをこころがけています。 ■私達が考える、真のコミュニケーションとは■ 近年、インターネット技術の進化と普及は目覚ましく成長しており、利便性が向上しています。 ただ、Web上では顧客とのコミュニケーションがオンラインで完結し、無機質なものになってしまうという負の側面もあります。 結果として、顧客からの満足度が下がってしまったり、致命的な課題の発見が遅れてしまうということが発生しています。 だからこそ、弊社では「人と人との関係の上でビジネスが成り立っている」という考えのもと、対話でのコミュニケーションを支援することが出来るツールを提供しています。人と人の関係を重視したコミュニケーションを提供することで、ご利用いただく企業様と顧客の関係を更に良好にしていきたいと考えています。

How we do

AWARD in USJ
オリックスバファローズのファンフェスタ
■ 家よりも居心地のいい場所 CRTMでは、オフィスにいることが家にいるよりも快適な環境と思える様な場作りを進めています。何をやるか以上に、誰とやるかを重要視。 家族のような社員達、社員のやる気が自然に上がる社内設備、安心の福利厚生、一体感を生むチーム体制などが、常に成長を目指す社員の背中を押しています。結果として、社員の定着率も高い状況です。社員の健康を考えた健康アプリの導入、カフェのような社員食堂「C's Kitchen」、女性の活躍や美容のサポート、社員の声から生まれた長期リフレッシュ休暇や、社員全員で行う表彰式、運動会など社内での新たな出会いやコミュニケーションがとれるきか。また、スポーツが好きな者同士で集まってサークル活動を行ったり、プライベートでも仲のいい社員ばかりです! ■ 安定した基盤の上で、ベンチャーマインドを持って働くことが出来る環境を提供 働き易いオフィスはもちろん。未経験でも安心できるよう、多くの研修などの学習機会を階層別に提供しています。海外研修など、非常に充実した内容になっており、どんどん結果を出すために努力する方には多くの機会が提供されます。 当社は年功序列はなく、頑張りがダイレクトに評価されるためキャリアアップも若くして可能な環境が整っております。常識をくつがえす力は若い方から出てきます。若い力を信じる会社です。 ■CRTMの独自の強み■ 多くの顧客企業において人材不足への対応が大きな課題とされています。バックヤードの管理職など守りを固める人材は充足感があり、一定量の業務はITやAIの進化で補えます。 どの企業も不足しているのは、ディフェンダーではなくフォワードです。ゴールに向かってキックを放つ営業人材です。この分野は志望者が少なく教育に時間がかかり離職率が高いのが現状。 しかしコスト削減は限界まできているため企業は「営業改革」をして収益を上げていかなければなりません。その営業改革に当社はマーケティングのプロ集団としてBPOを請け負い顧客企業の売上増を実現しています。