1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【メンバー紹介】持ち前のコミュ力で困難を突破する彼女の野望とは!?

こんにちは。クロス・コミュニケーション(以下、CC)の佐藤です。

今回は、セールスディビジョンの高野さんにインタビューをさせてもらいました。クールビューティーな彼女は新卒入社で今年3年目!現在の業務で難しいことや今後の野望などを聞かせてもらいました。

≪プロフィール≫

部署:セールスディビジョン

出身:富山

趣味:Netflixやprime videoを見ること

特技:白米をおいしく炊くこと(お米は一滴目の水から吸い始めるのでそこからが勝負!少量の水で右に20回左に20回お米とお米の摩擦で汚れを取るのがコツ!水を変えるのは3回まで!水とお酒と古米にはみりんを入れるとおいしく炊けます!)

先日インタビューで、営業の先輩となる岩崎さんが「3年目くらいまで、クライアントコミュニケーション、社内コミュニケーション、CCがどのような会社なのかの理解が大変だった…」って話をしていました。高野さんもご覧になったかと思いますが…共感できる部分もありましたか?

めちゃくちゃ共感できましたね。社内調整や相談のしかたは共感できました。1年目や2年目の頃は一番そこがネックだって思ってました。自分がその調整をうまくできないために、クライアントにとってベストな提案が出来ていないのではないかと悩んでいました。日々試行錯誤して自分のやり方を見つけていきました。誰にどんな相談をすれば良いかが分からなかったけど、社員の方々の人となりが分かってから関係値が出来ていって動きやすくなりましたね。

何か工夫をしてやったこととかあるの?

仕事以外の話もするようにしてましたね。趣味とか。自分の話もたくさんするようにしていました。「地方出身で、大学は〇〇で…」とか。案件で絡まないPMの人とかも多くて、そういう人は席に遊びに行って雑談をしたり、担当の人に話しかけるついでに話してみたりしましたね。当時はそれくらいしかやれることがなくって。皆さん忙しかったりもするので、自分からグイグイいくようにはしてたかもしれないです。自分をこう扱って欲しいですっていうのを出していきました。

コミュニケーションスキル高い!それができると、声をかけられた相手も高野さんがどんな人か知っている前提で話をできるもんね。

【営業の先輩となる岩崎さんの記事はコチラ】


今高野さんはちょうど3年目になりますが、取り組んでいて難しいことは何ですか?

クライアントが本当にどうしたいのかをキャッチアップするのは重要だけどまだ足りない部分ですね。それを克服するために、何回もクライアントに連絡を取ることを実践しています。私はシステムに精通しているわけではないのでそこで信用を獲得するのは難しいと感じていて…関係値をつくり相談しやすい相手となれるように意識しています。

内容が難しいプロジェクトとかもありますか?

規模が大きい案件は難しいです。関係各所が多いことや、内容の把握、過去の経緯の理解が難しいと感じます。

規模の大きい案件って何やってるの?

現在提案中の案件だとCCで構築したアプリのリニューアル案件があるんですが、既存パートナーとしてメリットを最大限いかした提案ができればと思っています。その分プレッシャーもあるんですけど。

社内では既存プロジェクトチーム、PMと、富永社長、マネージャーを巻き込み提案を考え、クライアント側はシステム部が対面となり、コンテンツの担当全部署が関わっています。

クライアント側の関わる部署が増えると難しくなる部分が多いの?

直接私がやり取りするのは対面の方だけなので、クライアントの状況が見えにくく先方の意見がまとまらず進捗が遅れたり、要件が変わったりするので、キャッチアップとタイミングを捉えた提案をすることに気を使っていますね。どのような情報を入れれば要件がまとまるかなぁと考えてます。

それは営業の力の見せ所だねー。

はい、社内、社外全ての音頭をとっていくのが営業の役割だと思っています。今回は時間もあるので内部の課題改善も含めた提案を検討中です。

逆に、仕事をしていて面白いと感じることはどんなことですか?

クライアントと話をしている時が一番楽しいと感じます。3年目になってクライアントの言っていることが分かるようになってきて、会話をしながら「あの案件の話をしようかな」とつながる瞬間がありますね。

この業界では今後このような展望があるんだ、など業界動向が知れるのも面白いですね。あとは興味のある業界にアポに行けるのも良いです。私は、化粧品、理容美容系の業界に興味があって、調査やサイト制作の話を持っていきながらその業界の人と話ができるのは楽しいです。息抜きポイントでもありますね(笑)

高野さん、野望ってありますか?

野望!ありますね!CCの営業として結果を残したいです!目標としてはCCとしてメリットの出せる案件に携わり事例に載せたいです。社内でいうとDtoCとかは内容的にも興味があるので関わりたいですね。

それともう一つは、将来的に美容・理容系に限らず、女性をターゲットにした業界で、今の仕事で身に着けたITの知見を生かした仕事をしたいと思っています。


入社当初と今で、高野さん自身の考え方の変化とかってあるんですか?

入社当初はバックボーンがなくIT業界に入ったので知識がないのがコンプレックスで、対社内、クライアントとのコミュニケーションも悩んでいたけど、今はそれだけじゃないと思っていて…営業として大事なのは、顧客がどうしたいかを聞き出す力!顧客と社内をつなぐのが営業の役割だと考えるようになりました。

最後に、悩んだ時のリフレッシュ方法を教えてください。

お風呂に入る!youtube見ながら2時間の半身浴はリフレッシュできます!

ありがとうございました!

一見クールな高野さん。内に熱い想いを秘めていて、関わる人たちや後輩への気配り、地元愛にも溢れていて話をしている私もほっこりさせてもらいました。

そして何より…仕事の話を力強く語る姿がたくましかったですね。高野さんの受注した案件がCCの事例に掲載される日を楽しみにしています!!

株式会社クロス・コミュニケーション's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings