1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

データ×テクノロジーで、金融の仕組みを変えていきます。
自社サービスで得た知見を活かして事業展開しています。
【資金調達の「負」を無くし、経済活動を豊かに。】 ここ数年オンラインレンディングサービスの需要が高まっており、 近年はさらに新型コロナウィルスの影響で注目が高まっています。 オンラインレンディングとは、オンライン上で 必要な情報の登録、借入申込、契約、返済管理、返済等、一連の融資フローを可能とするサービスです。 アメリカでは類似サービスを扱うKabbageが2015年にユニコーン入りを果たし、 2016年には中国のオンライン融資の市場が約25兆円を超えるなど、同市場は確実に伸びています。 三菱UFJ銀行の「Biz LENDING」や、みずほ銀行の「みずほスマートビジネスローン」など 大手金融機関もオンラインレンディングの仕組みを整え始めています。 このシステムの根幹を担うのが、クレジットエンジン株式会社です。 2016年にオンラインレンディングサービス「LENDY」を立ち上げ、 2018年にそのシステムを金融機関向けに提供するクレジットエンジンが設立されました。 LENDYを立ち上げた当時、日本ではまだオンラインレンディングサービスを立ち上げる企業はありませんでした。 手探りの中サービスを伸ばし、今では大手金融機関が取り入れるシステムとなっています。 【経済活動をスムーズにし、豊かな社会を】 私たちの提供したシステムを通じて、資金調達をしている人や企業は順調に増え続けています。 福岡銀行への導入もされており、全国展開の準備を進めているところです。 コロナウイルスの一時的な影響だけでなく、今後、労働人口の減少によって、金融機関も次々と機能のDX化を進めていくと予想されます。 また、今以上にスタートアップの数も多くなっていくと考えられます。 企業の経済活動の一挙手一投足も今以上にデータ化され、調達する事業者の信頼度も上がっていく社会になっていきます。 そんな中クレジットエンジンが目指しているのは、資金調達のバリューチェーン全体を変えることです。 資金調達の手段として、融資だけでなく、ファクタリングや割賦、リースをオンラインで完結できるようにする他、集客支援や債権回収までテクノロジーの力で変えていきたいと思っています。 サービスを受けられる対象も広げていきます。 その皮切りがトパーズ・キャピタル株式会社と設立した合弁会社ブルー・トパーズ株式会社です。 同社は、これまでこれまでの金融サービスではカバーできなかったベンチャー企業への成長資金の融資サービスなどを提供します。 クレジットエンジンが目指しているのは、資金調達における煩わしさを無くし、経済の循環がスムーズとなる社会です。 資金調達のスピードが早くなれば、自己実現できる人の数も増えていきます。 お金を借りる行為は、本業ではありません。 やるべきこと・やりたいことに多くの時間が費やせるようになり、その結果として経済活動がもっと盛り上がるようにしていきたいのです。

Why we do

代表 内山です。
MUFG Digital アクセラレータではグランプリを受賞。
【資金調達に携わる中で感じた違和感】 クレジットエンジンのサービス「CE Online Lending Platform」は、 融資事業を展開・検討する、金融機関や事業会社に対しオンラインレンディングに必要なシステムをワンストップで取り入れることができるプラットフォームサービスです。 借り手となるユーザーと、貸し手となる金融機関・事業会社側の双方のインターフェイスをワンストップでシステム提供しているのが特徴です。 現在は、オンライン融資管理システム「CE Loan」をコアとして、 外部クラウドサービスの連携を可能とする「CE DataHub」や「CE Factoring」等、 融資領域におけるデジタルサービスを展開しています。 また新規事業として、デジタル債権回収を可能とする「CE Servicing」を展開準備中です。 弊社のミッションは「”かす”をかえる。”かりる”をかえる。」 このミッションは、代表の内山が銀行員時代に抱いた違和感に端を発しています。 資金調達は、提出書類の出来の良し悪しで決まってしまいます。 書類作成に慣れている大企業が有利で、慣れていない中小企業は時間がかかってしまう。 しかも、書類をそろえて面談を受けても、融資判断の結果が出るまで非常に長く待たなければなりません。 資金調達にかかる手間の多さや時間の長さを特に感じたのが、内山が退行後に参加した東日本大震災のボランティアでした。 一刻も早く事業を立て直さないといけない中で、資金調達の準備のために時間を割かなければならない状況に歯痒さを感じたのです。 その後アメリカへ留学した内山は、OnDeckやKabaggeなどのオンラインレンディングのサービスを学びます。 この仕組みを日本に広げたいと考え、創業メンバーであるエンジニアの坂本と向山との出会いをきっかけに起業を決意しました。 こうして立ち上がったのがLENDYです。 オンラインレンディングサービス「LENDY」は ユーザーが利用するクラウド会計ソフト、決済サービスなどのクラウドサービスのデータをAPIなどを通じて連携し、独自のモデルを用いて解析し、融資を行うものです。 LENDYでお客様の数は増えていきますが、事業者に融資をするために自分たちも資金調達をしなければならず、常にバランスシートとの戦いの日々でした。 その苦境を乗り越える転機となったのは、地方銀行向けのビジネスモデルを作るために参加した三菱UFJフィナンシャルグループのアクセラレータ・プログラムでした。 LENDY内で使っているシステムを生かせば、金融機関の課題にもつながり、それは自社のミッションを達成するための最短距離だと考えました。 LENDYでの経験・実績が評価され、三菱UFJ銀行に導入が決まり、間も無くして、みずほ銀行にも導入が決まりました。 現在、どんな金融機関のシステムに対応できるよう、個社最適の必要がないプラットフォームサービスへ向けて機能拡張を進めている真っ最中です。

How we do

現在30名のメンバーがいます。
テラス席もあるオフィス。
クレジットエンジンには現在30名超のメンバーが在籍しています。 一番大きな割合を占めるのはエンジニアで、少数精鋭が活躍する文化です。 自律して働ける組織作りを支えているのが、「Ideal First」、「Start Small」、「Professional Crew」の三つのバリューです。 バリューの一つである「Professional Crew」には、「ひとりひとりが高い専門性をもつ少人数の精鋭チーム。互いの違い・強み・弱みを尊重し、一体となって組織を動かす」という意味が込められています。 また、メンバーの自律性を尊重して、フルリモート・フルレックスの働き方を取りいています。 こうした組織文化を作るために、採用活動ではバリューに一致している人かどうかを重要視しています。 三つのバリューをさらに細かく分解し、面接するメンバーは、候補者の考え方や経験がそれらとあっているかを照らし合わせます。最終までの面接では5、6名の社員とお会いいただき、お互いの価値観をすり合わせるようにしています。 どんなに優秀な人であっても、環境が合わなければ活躍できないと思っています。 逆に、環境がその人の可能性を十二分に引き上げる可能性もあると考えています。