1
/
5

事業づくりから会社づくりへ。何でも屋エンジニアの新しい挑戦。

こんにちは。COUNTERWORKS編集部です。
今回は社員インタビューをお届けしたいと思います。
COUNTERWORKSの仕事、社内の雰囲気、活躍できる人物像を、エンジニアチームマネージャーの福田に聞きました。

仕事と経歴

ー COUNTERWORKSではどんな仕事をしていますか?
Shopcounterというスペースを貸したい人と借りたい人のマッチングサービスを運営しています。
メインの仕事はShopcounterの機能開発や保守です。
他にも店舗運営のSaaS化を実現するプラットフォームであるadptの、モバイルアプリの開発や、社内ツールを改修し業務改善なども行っています。
役割としては、エンジニアチームのマネジメントをしています。
一応マネージャーという肩書ではありますが、いまだにコードも書くし、インフラ面はメインのエンジニアとして面倒を見たり、プレイングマネージャーとして毎日楽しく働いています。

ー これまでの経歴を教えていただけますか?
一番最初の仕事はECサイトを運営している会社でWebデザイナーの見習いみたいな仕事をしていました。ECサイトのバナーを作ったり商品ページのデザイン、コーディング業務ですね。
その会社で受託開発をしている部署があったのですが、その部署の部長さんと仲良くなってプログラミングの話を聞くようになったのがエンジニアリングを知ったきっかけです。
その後独学でプログラミングを学んでSIerに転職しました。当時はいろいろな技術に触れることや自分のスキルを上げることが仕事のモチベーションでしたね。
SIer時代は客先常駐でシステム開発をしていたんですが、その中の一つにとある美容系のサービスがありました。このサービスを作っているチームがすごく熱くて。
UUやCVの上下にチーム全員で一喜一憂して、目標達成するとチーム全体で喜んで未達だとチーム全体で悔しがって。
チームでサービスを作り育てる楽しさをここで学びました。ここで仕事における興味が技術からサービスに向きました。
その後サービスを育てていくうちに、今度はもっと大きくサービスじゃなく事業が造りたいと思うようになりボトムアップで事業が提案できる会社に転職しました。
その会社では新規事業の立ち上げに4回ほど関わりました。そこでは事業計画やコンテンツマーケティングなどエンジニアリング以外の経験も多く積ませてもらい、事業の成長のためなら職域職能にこだわらず何でもやる「何でも屋エンジニア」としての土台が完成しました。
そして事業の立ち上げ、グロースをしていくうちにもっと大きく会社を0から育てるということに興味を持つようになりました。
そんな中で出会ったのがCOUNTERWORKSです。

COUNTERWORKSとの出会い

ー COUNTERWORKSとの出会いはどのようなものでしたか?
もともと自分の市場価値を確認する目的で、転職する気はなくても転職サービス上のドキュメント等を常にアップデートし、声を掛けてくれた企業とお話をする活動をしていました。
2017年6月頃にその転職サービスでCOUNTERWORKSに声を掛けてもらって、面白そうな会社だと思い話をしにいったのが一番はじめの出会いです。

ー COUNTERWORKSに面白さを感じたのはどこでしょうか?
まず1つめが規模の小さなスタートアップでこれから会社を育てていくフェーズであるということ。
2つめがまだ開拓しきられていない領域で事業を展開している点ですね。

ー その面談でそのまま転職したのですか?
いえ、そのときは転職しませんでした。
そのときに内定までもらっていたのですが、ちょうどそのタイミングで現職で異動になり、そこで新しい挑戦をしたいと思い内定を辞退しました。
ただ内定辞退後もCFOの薮本とは定期的に飲みにいく仲で、その関係が1年くらい続きました。
そんな中でまた転職を検討するタイミングがあり、そのタイミングでそろそろどう?と声を掛けてもらい転職に至りました。

ー 内定から転職まで1年・・長いですね。
よくそこまで誘い続けてくれたなと思います(笑)
もともと会社自体に興味はあったしその1年間でCOUNTERWORKSのいろんなメンバーと話す機会もあり、熱くユニークなメンバーが多く意向は上がり続けてました。
最後の決め手は熱意でした。ここまで自分を必要としている会社もそうそう無いだろうと。

COUNTERWORKSについて

ー 実際に入社してみてCOUNTERWORKSはどんな会社ですか?
若いメンバーが多いですが雰囲気は落ち着いているかなと思います。そして社員同士の仲がものすごく良いです。
業務後の飲み会の参加率が高かったり休みの日もメンバーで集まって遊んだり。
無理強いのようなものはまったくなく自主的に参加してるのがすごいなと思います。
平均年齢は30歳程度で、スタートアップとしてはおそらく珍しいと思いますけど既婚率が25%程度と高めです。
仕事面に関しては、事業目標の設定にOKRを採用していて、チーム全体で目標を追っています。
その目標を追う中で、自分がどういう価値を発揮できるか、何をすれば事業を成長させられるかをみんな真剣に考えています。
仕事にも遊びにも一生懸命な社員が多いですね。

ー COUNTERWORKSの仕事でやりがいや大変なことはなんですか?
大変であり楽しさでもあるのですが、この事業領域が発達しておらず、勝ち筋を模索し続ければならない点ですね。
ユーザー自身もなにが欲しいのかがまだ分かりきっていないなと感じることも多いし、業界的にもセオリーが体系化されていません。
ユーザーとの接点を持つセールスやコンシェルジュから意見を吸い上げ、仮設をもとに施策を回しています。
地道に仮説検証をしっかり回し、市場にフィットしたもっと良いサービスにできるよう頑張っています。

ー 採用に力を入れていますが、どんな人が活躍できると思いますか?
専門職であれば、スキルを問題解決に活かせる人ですね。サービス指向性が高く、自ら改善サイクルを回せる人だと最高です。
あとは前述の通りセールスやコンシェルジュとコミュニケーションを取ることが多いので、そこのコミュニケーションがしっかり取れる方ですね。
マインド面はセールスやコンシェルジュも同じで、ロジカルに物事を考えられる方が向いていると思います。
ユーザーの声から本質的な課題を見出し、数字をもとにPDCAサイクルを回し、再現性のある勝ち筋を模索することを楽しめる人だとベストです。

ー ありがとうございました。

株式会社カウンターワークス's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings