1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

未来のクルマを創る自動車技術者のための専門誌『日経Automotive』に、CEO石井がバーチャルヒューマンエージェントについて寄稿しました!

自動運転車があたりまえになる世界は、すぐそこにまで来ている。そのときクルマの車内空間はどう変わる?

自動運転の技術開発が世界中で進み、クルマが「移動する部屋」に向かいつつある今、車内空間はこれまでとは全く違った可能性を持ち、新たな価値創造が求められると考えられます。

クーガーでは映画『ブレードランナー2049』に登場するAI(人工知能)アシスタントのような、顔と体を持つ人型のインターフェース「バーチャルヒューマンエージェント(VHA)」の開発を進めています。

VHAはスマートフォン、スマートグラス、コンピューター、デジタルサイネージなどで稼働し、カメラによる視覚情報、マイクによる聴覚情報といったインプットから、認識や記憶をAIによって制御し、表情や身振り、言葉としてアウトプットします。

このVHAが、クルマにどう活用されるのか?本記事で詳しく紹介しています。
また、VHAのアーキテクチャについても具体的に解説しています。
よろしければ、ぜひご覧ください!




クーガーでは、エンジニアや事業開発などで一緒に働くメンバーを募集しています!

自動車メーカーと連携してバーチャルヒューマンエージェントを事業化するビジデブ

ブロックチェーンを使ったオフチェーンコンピューテーションを担うエンジニア

スマートコントラクトを使ったサービスを開発したいブロックチェーンエンジニア

ゲームのキャラクターAIを使って現実世界で動くAIを作りたいエンジニア

その他募集中のポジション

10 Likes
10 Likes

AI

Weekly ranking

Show other rankings