This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

Connect×真摯さ/開発・サポート・営業の視点を持つからこその想い。こだわりへの情熱溢れるマーケティング部の中で大切にしたいこと

採用広報の西村です。ConnectOM(コネクトム)の人と雰囲気を伝えていくConnect× 第11回です!今回は、マーケティング部プロダクトオーナーの 舛田 健太(ますだ けんた)さんにインタビューしました。


舛田さんのコネクトム入社までの経緯を聞かせていただけますか?

新卒でオプトに入社して以来、ずっとオプトとオプトグループ(※コネクトムはオプトホールディング子会社です)を行き来しています。

オプトの新卒入社は営業が多いのですが、私は大学での専攻が情報系だったこともあり、開発部にジョインしました。その後、ポイントカードによって大量の顧客情報を抱えている企業と、オプトとのジョイントベンチャーに配属となりました。現職のコネクトム同様に広告などの自社プロダクトを作り顧客に提供しておりましたが、コネクトムは位置情報をキーとしているのに対して前職はポイントデータを活用していました。

転職のきっかけは、前職のジョイントベンチャーでサポートし続けたサービスの立ち上がりから収束するところまでやり切ったからです。自身の職種としても、開発部でジョインした後、カスタマーサポートとしてのお客様からの問い合わせ対応をメインに行い、そこから顧客サポート全般を担当し、その後営業になりました。開発・サポート・営業と色々な職種を経験できたことは今に生きていますし、良い経験でした。

ただ、まだオプトグループ内でできることはやり切っていないと感じたこと、正直成功体験ができたわけはないと感じたことがあり、グループ会社のコネクトムであれば今までの経験を活かせると思ったので入社しました。

今思うと、コネクトム入社だけでなくオプト入社に遡ってみても、入社の決め手は「今の自分がそこに入った時に、その会社がやっていることに対して、どこで、具体的にどう活躍できそうかがイメージできるか」ですね。あとは「対面した人の印象」です。お互いにコミュニケーションが取りやすいか、お互いがどういう人かを知ってもらえそうなのか、を見ていました。

オプトの最終面接のときなのですが、緊張しいで上手く話せないことは自覚していたので、目だけはそらさずにきちんと向き合おう、熱意と誠意を見せようと思って臨んだんです。そうしたら、面接官の方がそのスタンスを褒めてくれた。自分のスタンスが受け入れられたことで、この感じで仕事していけば良さそうだと感じました。

コネクトムに決めた理由もオプトのときと似たものがあります。前職の会社が終わり、オプトグループ内に留まることを考えたときに、様々なグループ会社の方と話をさせていただく機会がありました。その中で一番コミュニケーションがあり、熱量があると感じたのがコネクトム社長の久米田でした。


入社後はどのような仕事をしているかご説明していただけますか?

自社プロダクト「toSTORE(トストア)」のプロダクトオーナーを務めています。少し大きな話になりますが、プロダクトオーナーは顧客のニーズから、今後必要とされるものを想像して、開発と協力して、それを実現させて、世の中に発信する仕事です。ただ、顧客のニーズをそのまま実現しているわけではないです。あくまで自分たちが今後提供している価値を作る事が重要です。顧客のニーズなどは柔軟に変化するため、先に作るものを描くことは重要ですが、常に変動させられるようなことを意識しています。

もうひとつ意識しているのは、開発に「おろす」のではなく「協力してもらう」ことです。こちらの意見をおろすだけであればエンジニアの方からすると受託開発と一緒だと思っています。自分たちの提供する価値に対してお客さんに共感してもらうことも大事ですが、同じくらい開発の方に自分たちの提供する価値を理解して共感してもらうことが大事だと考えています。そのための「魅力付け」がプロダクトオーナーの重要な仕事の一つだと捉えています。

開発の中も知っていて、営業もサポートも経験しているため、それぞれの立場の考えとニーズのいい塩梅での調整がわかっているほうだと思うので、今までの経験を活かせるポジションだと思っています。

今は二つのプロダクトを見ているのですが、プロダクトのロードマップを描くために、つくったものが顧客のニーズと合っているものか顧客のところに一緒にいって意見をきいています。

市場の変化も速いため、やるべきことも変動し方向転換を迫られることも少なくはないですが、このプロダクト、サービスを本当に買いたいと思えるか、を顧客に確認し、今後も皆さんに還元していきたいと思います。


コネクトムのプロダクトオーナーという仕事はどのような方に向いていると思いますか?

自分とは立場の違う方々の立場になって考えられる方、相手の気持ちになってみれる方が向いていると思います。顧客、営業、開発などが欲していることはそれぞれ違いますし、それぞれのお仕事の仕方がありますから、他の仕事をするときにも共通することですが尊重することが大切だと思います。

関わる方が多く、早く進める必要もあるので、私自身、その方々を上手く巻き込むためにも尊重する気持ちは大切にしています。お互いに作業ではなく仕事をするためにも大切ですね。面接でも、同調の仕方とかを見てますし、汲み取れる人がいいと思っています。

ただ、ほとんどの場合、向き合うべきは顧客です。対外的な価値が出せるように、時にはアグレッシブな巻き込み方も必要だと感じています。


特に大変だった仕事、やりがいを感じた仕事があれば具体的なエピソードを教えてください!

大変だった事といいますか、上手くできなかったと思うのは開発とのコミュニケーションです。具体的に開発側が今どう思っていて、どうやりたくて…ということを汲み取りすぎた、媚びを売るような形になってしまったなと。それは良かれと思ってのことだったのですが、結果的に自分を下げることになり、自分の意見を信用されず、否定をされるようになってしまいました。

当時の自分はプロダクトオーナーとして経験が浅かったこともあり、上手くやりたいがための行動が不信感を生み、開発のできる方からすると対等ではなく下の立場と思わせてしまったのだと思います。もっと開発するプロダクトの魅力付けを自分がすべきであったと思います。

やりがいや充実感を感じたのは、営業さんやお客さんの前に出せるプロダクトをやっと提供できたことです。今年の年始からは考え方が変わり、上手くいくようになったと感じています。

やっと考えていたものが形になって、つくったものに感謝の言葉がもらえるようになりました。以前は営業側からするとアウトプットできていないので何しているかわかっていなかったと思いますので、私としても一安心しました。

事前に広告配信などのシミュレーションができるシステムを出したのですが、今までは経験や勘に頼ることの多かったデジタル広告配信を事前にシミュレーションできることでより効果的な配信ができるようにサポートするシステムです。

もう少しで出せそうなプロダクトもあるので、しっかりと価値が提供できるものになるようにリリース後も顧客の意見を聞きながら開発の方と改善しつつやっていきたいと思います。


趣味など、社外での活動で注力していることはありますか?

週末は犬の散歩をしたり、趣味で知り合った友達といることが多いです。

多趣味ではあると思うのですが、熱しやすく冷めやすいタイプなので2年くらいハマっては別のものに移っていっていますね。絵を書いたり、ダーツをしたり、格闘ゲームやパズルゲームなど結構シンプルな対戦ものをやることが多いです。

オタク気質が強いものは好きなのですが、マーケティング部はみんなこだわるものに対して情熱を注げる人が多いです。多いというか全員ですね!それぞれがその分野で譲れないものを持っているので一緒にランチや飲みに行ったときもそれぞれの好きなものの話をずっとしています。


個人として大切にしている考え方は?

今、相手が何を考えているのかを考えること、

声や表情や言葉の選び方から相手が気持ちいいと思うこと、そうでないことを見極めること

を大切にしています。

先ほど話したように昔から緊張しいなのでできないこともありますが、言葉の選び方などは気を付けていて、相手がイヤだと思うことや抵抗を感じることはなるべくしないようにしていますし、どうしても譲れない部分がある場合も落としどころを探るように意識しています。


ありがとうございました!最後に求職者へのメッセージをお願いいたします

プロダクト開発は自分だけでは為しえないことだからこそ、周りの有識者などを巻き込んでいかなければなりません。ですが、経験不足で迷う必要はないと思っています。

営業に関わったことがない、開発に関わったことがないという人であっても、そういう別の立場の人の仕事のスタンスに共感ができる人はプロダクトオーナーに向いていると私は思っています。

人に対する感謝と尊重の気持ちを持ち、その気持ちを行動でも表せる人は歓迎ですので是非話を聞きに来てください。お待ちしています。


↓コネクトムについてもっと知りたい方はこちらもご覧ください!

「toSTORE(トストア)」プロダクトサイト

■求職者向け「会社説明資料」

株式会社コネクトム's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings