1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

『社員紹介〜村岡倫弘』【職人のための学校をつくりたい!】アプコがそのヒントをくれた

【「モノづくりに一生関りたい」から始まるストーリー】

ー最初に簡単な自己紹介をお願いします!

アプコグループジャパン渋谷エナジーチームの村岡倫弘です。普段はセールスを中心に活動していて、リーダーとして後輩の育成にも力を入れています。

ー前職では何をしていましたか?

前職はオイスターバーの店長をしていました。店長としては3年くらいで、その前はアルバイトを2年ほどやっていたので、だいたい5〜6年くらい飲食店で働いていましたね。

ー変わった経歴だと聞いていますが?

はい、少し変わっているかもしれませんね(笑)

飲食店の前には、野菜・果物などのダイレクトセールスの会社にいて、その前は大工をやっていました。職人ですね。

ー職人さんですか!?

そうなんです。友人の父親が親方をしていて、大工がやりたくて、自分の方から押しかけました(笑)

ー昔から大工さんをやりたかったのですか?

モノをつくることは昔から好きでした。某バラエティー番組の影響で、いつかはやりたいと思ってました。高校も建築科に進学しようとしていたくらいです。結局、建築科がなくて、電気科に進学しました。

で、大学卒業後に大学院に進学したのですが、ある事情で辞めることになって...

その時に、「やっぱり大工がやりたい!」と思って、親方のところに飛び込んでいきました。

大工の仕事はおもしろかったです!親方は優しくて、いい人でした。親方の弟さんも一緒に働いていたのですが、弟さんの方は仕事に非常に厳しい方で...

次第に「どうしたら怒られないか」ばかり考えるようになり、出来ることも、出来なくなってきた...

職人の世界は今も昔も、非常に厳しい徒弟制度があります。職人の徒弟制度は、いいところも沢山あるけど、本当は続けたいのに、辞めざるを得ない人も沢山います...

これまでの職歴から学んだ最も大切なこと。それは、『人間関係の構築』だった】

ー大学院を辞めることになった事情とは?

人間関係です... 大学院だけではなく、大工も、飲食も、今思えば、辞めた理由は全て人間関係かもしれませんね...

ー人間関係!? 今の村岡さんからは想像できませんが?

気になったことは、全て口にしてしまう。例えば大学院では、同僚のやり方が気になって、余計なアドバイスをしていたんです。相手が求めていないのに。それで、相手が聞いていないと、「せっかくアドバイスしてやってるのに」って思っていました。

ある日、同僚から「余計なこと言うな!」って怒られて(笑)

それ以来、周りから孤立しちゃったんですよね。で、結局、居場所がなくなって辞めることにしました。

大工の時も、親方の弟さんとの人間関係が上手くいかなかったし、飲食の店長の時も、アルバイトによくキツくあたっていて、社長に怒られていました。

でも、ある気づいたんです。楽しく仕事したほうがパフォーマンスはあがると。そのほうが、こっちも仕事を頼みやすいし、周りもよく動いてくれるようになる。もともとあった店舗マニュアルも改善して、スタッフが楽しく仕事できるようにしていきました。

結果、私が店長になってから、お客さんにも喜ばれることが増え、売上もあがりました。これは大きな自信になりましたね。

ーなぜ、飲食を辞めたんですか?

接客は好きでしたし、飲食という仕事も好きでした。独立ができるということで、マネジメントスキルを学ぶためもあり、この仕事をえらんだのですが、もともと35歳までかなと。どうしても実現したい夢があって、飲食を続けていたら、それが実現できないかもしれないと考えていました。

ーどんな夢ですか?

職人さん向けの学校をつくりたいんです。先ほどいったように、職人になるためには、どこかで修行しなくてはならない。でも、途中で挫折してしまう人も沢山いる。ならば、学校をつくって、そこで技術を学び、仕事の受注もできるような環境があれば、やりたいことを辞めずにすむ人を助けることができるかもしれないと思いました。

飲食は時間的にもかなり拘束される仕事なので、その夢を実現できないかもしれないと思ってました。

【アプコの『仕事を楽しむ!』に共感。お手本になる人がたくさんいる環境】

ーアプコはどこで知りましたか?

アプコを見つけたのは偶然でした。店長をやっていた飲食店にアルバイトの面接にきた子が、アプコでもアルバイトしていたんです。話を聞いて、調べると、おもしろそうな会社だなと思って。

セールスは、野菜・果物のダイレクトセールスの会社で経験していたし、アプコの『仕事を楽しむ』というところは、まさに自分が目指していたものでした。ここなら、夢が実現出来ると思って、すぐに応募しました!

ーアプコはイメージ通りでしたか?

まず驚いたのは、アプコのリーダーは許容範囲がとても広い!相手のことをまず認め、どうしたら伸びるのかを一緒になって考えてくれる。お手本になる人が、沢山います。こんな環境は、今までありませんでした!

私も人に対して怒ることがなくなりました。とくに仲間に対しては怒らない。怒っても相手の成長にはつながらないんですよね。自分がまずは成長して、相手のことを認めることが大切なんだと実感しました。

また、教育のシステムが想像より、しっかりとしていて、これを学べば、夢実現のためのスキルを身につけることができると思いました。

ー他に影響をうけたことはありますか?

お金の価値観が変わりました。経営者感覚を養える環境があるので、経費についての感覚を持つことができるようになった。これは、サラリーマンでは絶対に養うことができないものだと思います。

お金の正しい価値観を身につけるのは、これから自分でビジネスをしていくうえでも、とても重要なことだと思います。

ー5年後はどうしてますか?

自分のオフィスを立ち上げています!飲食店の店長時代に商工会の人たちとの人脈も作ったので、それも活かしていきたいですね。

ーでは、10年後は?

後輩の育成をして、自分の元から三人のビジネスオーナーを排出したいですね。で、自分の夢である「職人のための学校」に着手しています!

ーでは、最後にどんなに人と一緒に働きたいですか?

やりたいことがあっても、できなくて迷っている人、何をしたらいいのかわからない人、ぜひ一度お話ししましょう!アプコに、きっとヒントがあります。

また、飲食関係の方も大歓迎です!一緒に「飲食あるある」を語りたいですね(笑)

ー今までの経験の分、たくさんの人をサポートしたいとうマインドに溢れた方でした!夢の実現、期待してます!

アプコグループジャパン株式会社 エナジーオフィス's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more