1
/
5

働きやすさを追求して社内整備中!

Photo by Hannah Busing on Unsplash

最近毎日、働きやすいって何なのさ?と考えている、人事のサララです。

みなさんにとって『働きやすい』とはどんな環境ですか?

そんなことを聞かれても、難しいですよね。笑
その人の置かれている状況にもよりますし、性格によっても感じ方も違うかもしれません。

よし、foxcaleとして『働きやすい』を定義してそれに即した仕組み作りをしていこう!と役員たちと決起集会をしたのが、今年の5月です。

さて、、、、、、少しづつですが出来上がってきたので、一部をお伝えできればと思います!

♦ 『働きやすい』とは

みんなちがってみんないい

そう言える、そう思える働き方ができる職場にしたい!という結論に達しました。
言い方を変えると、それぞれが自立した職場といえるかもしれません。

foxcaleにも、色んなタイプの人がいて、これからも色んな人が入社してくれると思います。
働き方を押し付けるのではなく、自分で考えて色々選択できる環境を作るためにはどうしたらよいのか?

そんな考えを常に念頭に置きながら社内環境を整えていきます。

自由には責任も伴うので、そのバランスは難しいですが、社内コミュニケーションを取りながらドンドン新しい制度を取り入れていきたいです!

♦ 就業時間は「みんなちがっていい」

今日は、就業時間の新しい仕組みについてです。

いままでのfoxcaleは、9:00~18:00の固定勤務制でした。

そこで今回は、コアタイム無しのスーパーフレックスの導入をおこないました。
フレキシブルタイム5:00~22:00と設定していますが、その中で働いてもらえればOK!

なぜコアタイム無しにしたのか?

それは、その人の状況に合わせた設計が可能だから。

今日は朝病院に行きたい、子どもの都合で午後早く帰りたい、最近プロジェクトで忙しかったから朝ゆっくり寝たい、今日はご飯当番だから早く仕事を終えたい、ペットのトリミングのお迎えがあるから17:00には帰りたいなどなど。。。。

でも、「あれ、〇〇さん、今日はもう帰っちゃったのーーー?」・・・自由すぎちゃうとちょっと困ったことも起こるかもしれません。

なので、自分の状況だけでなく、クライアントやチームのみんなへの気遣いやコミュニケーションも考えた行動ができるのが約束事です。

そのため推奨は10:00~19:00にしていますが、ほんとうに推奨レベルなので、推奨していることすら役員陣は忘れていると思います。笑

自由って、最初はちょっと大変なところもあるかもしれませんが、、foxcaleの『はたらきやすい』を体現できる、このコアタイム無しのスーパーフレックスが一番しっくりくるなーと思い導入を決めました。

最初はとまどうかもしれませんが、慣れたらすごーーーーーーーーっく働きやすいですよ!

次回は、休暇についての制度をご紹介します!

まだ次回お会いしましょう!

株式会社foxcale's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more