1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

目指すべきは世界中の人にとって価値あるサービスであり続けること。そのために私たち自身がお客様ファーストであり続けること。

粂 耀介

株式会社QuickWork 取締役 兼 COO


絶対に無理だと思う前に、どうやったら登れるかを考えること。

将来は起業する。漠然としながらも学生時代からその目標を掲げていて、複数のWebサービスの立ち上げ・運営や、IT企業で1年半の長期インターンに参加したりと積極的に行動していました。新卒で入社したレバレジーズを選んだのも、いくつか内定をいただいていたIT企業よりも、独立に向けて若手のときから事業経験が積めそうだという理由から。そんな風に全てはいつか起業するという軸で選んでいました。レバレジーズでは、広告運用などのマーケティングを担当し、その数字をベースに事業改善を行っていました。マーケティングは行った施策の結果がすべて数字で返ってきます。それが事業のあり方までも決めてしまうことになるので、その緊張感と責任の大きさがすごく面白かったですね。

共同創業者の村岡とは同じ事業部で彼が営業マネージャーで私がマーケティングを担当していたのですが、あるとき新規事業立ち上げのプロジェクトを任されたことがありました。会社から課せられた目標は売り上げ3億。ゼロイチの立ち上げということもあって、他のメンバーはその目標を達成するのは到底無理だと考えていたのですが、私は競合を分析した結果、いけないことはない、むしろ目指すにはちょうどいい数字だと感じていました。絶対に無理だと諦めるよりも、どうやったら登りきることができるかをまず考える。事業をつくりだすときのマインドの原点をこのときに学べたと思います。実際にその目標も達成。その結果も、起業への手応えになりましたね。

実は最初は村岡ではなく、別の人とレストラン向けのサービスで起業しようと考えていました。でも「一緒にやろう」という熱い想いと、実際に村岡が開発したApokakuの初期のデモ画面をみて、これを世の中にプロデュースしていきたいと思うように気持ちはだんだん動いていきました。数ヶ月の起業の準備を経て「よし、会社も辞めて一本でやろう」と決断し、村岡より少し遅れてQuickWorkにジョインしました。




お客様にとって価値あるサービスを提供する。

それがすべての行動の最優先事項。

すべてを二人で全部やらなければいけない。わかってはいたことでしたが、起業して直面した事実でした。裁量権があるから面白い、ということではなく、自分ができるようにならないと何も動かない。マーケティングや事業開発といった領域を超えて、開発のプログラムもひたすら本を読んで学び、できるまでトライ&エラーを繰り返しました。これまで一度もやったことがなかった営業もはじめてやりました。でもすべてのことを社内で完結していく体制を最初からとったおかげで、開発のスピードが非常にあがったこと、柔軟に要件を変えられるようになったことはとてもよかったように思います。そのおかげで1年の間に5つのサービスをローンチすることができました。

私たちのすべてのサービスの根幹にあるのは「お客様にとって使いやすい有意義なものであるかどうか」。それを何よりも大事にしています。だからこの方が使いやすいということを聞けば、すぐに改善していきます。ユーザーの改修要望アンケートを受けて、リリース当日に改修したこともありました。そうやってお客様にとっていちばんのサービスをつくっていこうとしています。AI営業マン「Daniel」というサービスも「営業リストだけではなく、商談までつなげられるようにはできないか」というお客様の声をもとに生まれたサービスです。そんな風に一つひとつ作りあげてきたからこそ、自分たちのサービスには価値があると言い切れるんです。私たちは労働集約的な仕事をSaasというビジネスモデルで課題解決し、社会の生産性を改善していくことを掲げています。そのビジョンを達成できるように、これからも価値あるサービスを生み出していきたいですね。




QuickWorkの世界展開を、私が率先して引っ張っていく。

学ぶことを怠らなければ、必ずや道を拓いていくことができる。起業してから大事にしているスタンスです。起業経験がなくても、多くの書籍を読んだり、先輩の体験談を貪欲に聞きにいくことで知識として蓄えることができた。開発のスキルもなかったけど、実践を何度も繰り返すことでスキルを身に着けることができた。こんな風にいまできないことがあっても、学ぶ続けることで必ずや進んでいけると信じています。私たちの最終的な目標は、世界中の企業に導入してもらうサービスに成長させていくこと。だから数年の間にQuickWorkは海外に展開したいと考えています。そのアプローチを私が率先していく。そのために色々と準備をはじめています。こんな風に刺激的でチャレンジングな日々が送れるのは、すべての行動が未来につながっていると信じながら全力疾走できるから。たぶんQuickWorkはいまいちばん面白い時期です。事業を大きくしていく楽しさも難しさも、身をもって体験できるフェーズ。そんな瞬間を一緒に味わってみたいと思う人にはぜひ私たちのチームにジョインしてください。一緒に大きな夢を実現しましょう!


▼▽▼▽もっとQuickWorkのことを知りたい方はこちらから▼▽▼▽

コーポレートサイト >> https://quickwork.jp

株式会社QuickWork's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings