1
/
5

【メンバー紹介#07】映像音楽会社を運営しながら、顧問としてメディパをバックアップする、メディパのお兄さん!

井坂 陽一(いさか よういち):Producer / Director / Videographer
高校1年の時にベースをはじめ、専門学校へ進学後ロサンゼルスへ留学。自身でも映像音楽会社を運営しており、幅広い音楽活動と映像分野で活躍している。
メディアパーティでは顧問としてメンバーのバックアップをするだけでなく現場のディレクションやカメラマン等何でもこなす!

異世代コミュニケーションから生まれる刺激

Q:メディアパーティ(以下略:メディパ)にジョインした理由はなんですか?

池さん(代表)とはメディアパーティが設立される前からの付き合いでした。
会社を立ち上げる時に協力要請がきて、仕事の案件ごとに相談をしながら関わっています。
普段はどうしても同世代(40代)と仕事することが多いので、20代と会話する機会がほとんどないんですよ。若い人たちと価値観の違う中でのクリエイティブの語りは、普段とは違った刺激が得られてとてもヒントになりますね。

伝えたいのは昭和世代が培った『人間味』

Q:メディパでのやりがいははなんですか?

僕は普段「人に教える」ということがあまりなくて、その中で若い子に動画を教えられるのはとても楽しくてやりがいがあります。
今の20代ってすごく頭が良いなと思うんです。インターネットがあるのが当たり前で、世界レベルのものを簡単に見ることができて、若い人はクリエイティブの基準値がすごく高い。
でもその反面、昭和世代が自然と培ってきた「人間味」の部分が難しいように思えて、だから僕はその人間味の部分を教えたいと思っています。


Q:メディパで活躍できる人はどのような人だと思いますか?

メディパはとても自由な会社なので、その中でもしっかり発言できる人ですかね。
自由というのはある意味リスクもあって、そこを池さんが寛容にフォローしてくれていて。
だから各々が自分の意見をしっかり出して動いていけるというのは、ここで活躍していくためにとても重要な要素ですね。


地方活性化をあらゆる切り口で!

Q:今後の目標や今頑張っていることはありますか?

2019年から『SOGAっ娘。』という千葉のご当地アイドルをプロデュースしていて、動画コンテンツで地方活性化をどんどんやっていきたいです!

元々僕自身が歴史好きで、素晴らしい武将や改革を起こした人が、地方のあらゆるところにいることを知れば地元愛がもっと深まるのになぁ、という思いがあって。

地方活性化を歴史の観点からも広めていきたいですね。今は少し難しいかもしれませんが、最初は歴史を語る飲み会から始めていきたいと思っています。

新時代の先端を行く会社形態

Q:メディアパーティは井坂さんにとってどのような会社ですか?

自由であり、時代にあったやり方をしている会社ですね。
代表の池さんの理想がちゃんとあって、そこに向かっていってると思います。
だからメンバーもそれぞれ、本人が何を伸ばしたいかがとても重要で、技術が完全にありますっと思っている人にはやりずらい、逆にあまりにも走り出しの人にとっては自身でできることが少ないことから少し難しいところではあります。
今持っている技術を生かしつつ、さらに吸収してどう伸びていくのか、ちゃんと自分の仕事をして成長していけるかどうか。
そんな、向上心とチャレンジ精神が集結しているからこそ成り立っている会社だと思っています。

ありがとうございました!

メディアパーティではアートを通して一緒に『感情を生み出す』メンバーを募集しています。


メディアパーティは動画クリエイターやWebデザイナーを中心に、様々な価値観を持ったメンバーを募集しています。

「楽しそうかも!」そう感じた方は、私たちとぜひ一緒に『感情を生み出す仕事』をしていきましょう!

メディアパーティ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

メディアパーティ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more