1
/
5

もういくつ寝ると…!?


【記事の最後にめずらしい写真あり!お見逃しなく!!!】


こんにちは!大進本店です(*^^*)

早いもので、2月が終わろうとしています。(びっくりです)

間もなくやってくる3月3日は、そう!ひな祭りですよね♪♪

大進では節句(ひな・五月)人形も取り扱っており、店舗での販売に加え、広島市の産業会館にて大展示会を毎年行っています!




今年もコロナ禍により開催が危ぶまれましたが、感染防止対策の徹底・予約制度実施など念には念を重ね準備し、無事に開催することが出来ました。



↑写真は5年目のギフトアドバイザー(前回記事のヒロイン)ですが、4月から一緒に働く新入社員にもアルコール消毒などのお手伝いに来てもらいました!


お客様の「孫・わが子の無事、無病息災を祈る気持ち」と「節句人形」の本来の意味合いがうまく合致したこと、販売員の「お客様にお気に入りの1台を決めていただきたい」という強い気持ちがあったことから、今期も多くのお買上げをいただきました!

広い会場で人数制限もあり、ゆっくりと人形を見ていただくことが出来ました*



ここで「ひな祭り」に関する豆知識を一部ご紹介!!


  • 「ひな祭り」には、もともとどんな意味があるの?

女の子の成長を祝福し、将来の幸せを祈るお祝いです。

3月3日の桃の節句に雛人形を飾り、祝膳でお祝いをします。

女の子の赤ちゃんが生まれると「病気をしないように」「ケガをしないように」と無事な成長の願いを込めて行う儀式です。


  • ひな人形を飾る時期は?

桃の節句のお祝いは3月3日ですが、2月の立春ごろから飾っておきます。ひな人形は女の子のお守りにもなるので、早めに飾るとよいでしょう。


  • 収める時期は?

3月3日のひな祭りが終わって、よく晴れた日に収めましょう。湿気を含んだまま収めるとカビの原因にもなります。特別な手入れはいりませんが、変色の恐れもありますので、人形は手袋などをして素手で触らないようにしましょう。そのときに、ひな人形専用の防虫剤を入れるとよいでしょう。また家や地域によっては、旧節句の4月3日まで飾るところもあります。

(書籍「広島県人のための基本マナー冠婚葬祭(大進本店)」より抜粋)



それでは最後に、今回の展示会の目玉商品をお見せしちゃいます!


              /これは…!あの、大人気作品の…!!\


ひときわ注目を集めていたようです☆(笑)


皆さま良いひな祭りをお迎えください♪


株式会社大進本店's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings