This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

随時ディスカッションを行い、サービス・方向性を改善・検討します
代表と常に情報共有できる環境です
私たち「VANDDD(バンド)株式会社」は、日本が抱える問題の1つである「事業承継問題」をAIを活用して解決に導く「M&A専門」のシステム会社です。 ■VANDDDの特徴と魅力 ・採用第1期目の募集(将来幹部候補) ・参入障壁の高いフィンテック領域(M&A)でのスタートアップ企業 ・20代代表 ・創業2期目にして累計1億円以上の調達 ・各業界リーディングカンパニーとの業務提携 ・M&A業界最大協会との業務提携 ・近々、オフィス移転予定! ・少人数の為、いつでも相談でき雰囲気もいいです! ■事業内容■ ・M&Aディールメーカー事業: 通常の営業管理システムでは対応が難しい、M&A取引業務に最適化したシステムです。全ての案件を一元管理します。 ・M&A情報サービス事業: Web上で公開されているM&A案件を横断検索できるサービスです。複数のサイトをまたぐ必要が無くなります。 ・人工知能を用いた価値算定事業: 5,000万のビッグデータと独自の価値算定AIエンジンにより、非上場企業の価値算定や事業価値算定を行います。

Why we do

AIの最適な学習方法を全員で検討します
■世界のあらゆる価値を計算する■ VANDDDは、「世界のあらゆる価値を計算する」をミッションに掲げ、世の中でまだ価値の相場が無いものを見つけ、算定することを目的に日々活動しています。私たちのシステムが構築されることによって、スタートアップ企業や投資家の方にとっても、新しい指標ができ、よりよい投資環境と日本企業の活性化につながると考えています。 ■事業承継に悩む会社をサポートしたい■ 国内で起きている事業承継問題は127万社に上ります。その廃業危機の陰には、650万人の雇用喪失・22兆円のGDP喪失の危機が待ち構えています。事業承継に悩む会社をサポートするということ、それは不透明化されているM&A業界の企業価値を標準化することであり、「日本を事業承継の課題先進国からM&A先進国へ導く」ことに他なりません。 一方で、この問題を解決すべきアドバイザー人口は数千人であり、十分に対応できる状況にありません。私たちは、システムによってこの問題を解決できる人材を増やしていきます。 ■日本を事業承継の課題先進国からM&A先進国へ■ M&Aには不動産のような相場が存在しません。現行のM&Aにおける価値の根拠は、いわば業界の慣習です。アドバイザーの言い値に対してエビデンスの作成を行っているのが現状です。 つまり、事業承継には会社の価値の「可視化」が不可欠です。 例えば非上場企業のように不確かな価値のものを可視化できる価値にする。私たちは事業承継・M&A業務を人工知能を活用して、Web上で誰もが使用可能なシステムを運営し、その会社に対する高精度な価値算定を提供していきます。

How we do

気分転換に外の空気をすったり、コーヒー屋で仕事も可!
■世界のデファクトスタンダードであれ!■ 創業2期目のスタートアップ企業ですが、事業承継に関心のある上場企業を始めとした大企業の連携が決まっています。今後も「事業承継の解決」という同じ目的で双方の強みを活かした戦略により事業展開を行います。 また、事業としても大きな市場であるにも関わらず、高い専門性から競合が居ない状態です。このため、VANDDDが世界のデファクトスタンダードになることができる領域であると確信しています。 ■公平性を担保する■ 価値を出すことは大切です。しかし、公平性を担保することが欠かせません。私たちは、社員全員が起業家精神を持ち、起業経験を持って、買い手・売り手に寄らない中立性を担保していきます。 ■気分転換もできるオフィス環境です■ 東京メトロ「新宿御苑」駅が最寄りのアクセス至便の立地にオフィスがあります。周辺には飲食店が多く、不便さがありません。気分転換にもってこいの環境です。 ■仕事環境をサポートします■ 基本的に、仕事に関係するものは自由に購入することができます。必要なツールやマシンの購入も基本的に可能です。