1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

独自のスタイルでCareconを引っ張り上げてきた実力派社長。その熱意と自信に迫る。


今回は株式会社Careconの取締役社長を務める井上陽介さんにお話を伺いました!
完全未経験からWebエンジニアを教育して育てたエンジニアをそのまま正社員雇用し社内のシステム開発やWeb制作、常駐の請負業務を行う独自のスタイルを持つCarecon。
Careconの始まりとその成功の秘訣に迫ります。

Careconの始まりは家電量販店だった?

ーはじめに、お名前と株式会社Carecon(以下Carecon)を設立するまでのご経歴をお聞かせください。

井上陽介です!
元々は、起業をする以前に派遣会社に自分で登録していて家電量販店で働いていました。

ーご自身が立ち上げた事業とは全く異なる仕事をしていたんですね。

そうです。しかし正直なところ、未来は見えていなかったですね。他の働いている人たちも、転職先を見つけながら働く人や将来起業しようとしてFXやっている人、何も考えないで働いている人たちがいました。

ーその中で井上さんは起業することを決めたんですね。

そうです。将来自分の子供から「お父さんはどんな仕事をしているの?」と聞かれた時に背中で語れる父親になりたいと思って起業を考え始めました。

家電量販店では1年6ヶ月ほど働いていたんですが、ある日他の店舗に訪問する機会があり、たまたま優秀な人を見つけて、この人と一緒にならいけるかもしれないと思って思い切って「一緒に起業しよう」と声をかけてみたんです。

ーその時に出会ったのが、一緒に事業を始めた西本さん(株式会社Carecon現執行役員)なんですね!

はい!



ー運命的な出会いだったんですね。西本さんに何故声をかけようと思ったんでしょう?

とにかく、営業力の高さに惚れ込んだからですね。販売営業をさせたら彼の右に出るものはいませんでした。彼も僕に興味を持ってくれて、一緒に事業を始めることになりました。

ー最初はどのような事業を行っていたんですか?

インターネット回線の訪問販売事業から始めました。やったらやった分だけ稼げる事業だったのでそこから2年間ほぼ毎日稼働していましたね。
そして、訪問販売の営業成績で全国一位を獲得できました。

ーすごいですね!!

それで当時代理店契約させて頂いていた某大手通信会社の表彰式に呼ばれたんですが、その時にその会社の役員の方に「今後は海外にも回線を売り出すから来年も頼むね。」と言われました。

その時に初めて、このまま来年以降もこの事業を続けていて良いのかと考えるようになったんです。

ー順調に進んでいた事業だったのに、何がネックになってたのでしょう?

訪問販売は毎月必ず売り上げを出していかなければ収入は止まりますし、40歳50歳になっても訪問販売で回線を売っていく未来が見えなくなってしまったからです。
また、誰かが作った商材を売っているだけでは制約がある。それならば、自分たちで新しいサービスを作り出し、世の中に出したいと考えるようになったんです。

ここで、成長傾向にあったIT事業に注目しました。

IT事業へ挑戦する上で必須だったエンジニア教育

ー当時井上さんと西本さんは元々ITに詳しかったのですか?

実は全く無知で右も左も分からない状態でした(笑)
それでも、当時は世界中でITが伸びる兆候が見え始めた頃だったので、この期を逃すわけにはいかないと思って、思い切ってIT業界へシフトチェンジすることにしました。

IT業界で何かを作り出すためには、エンジニアが欠かせないので、まずエンジニアを雇うところから始めたんです。

ー当初エンジニアはどのように育てていたのでしょう?

私と西本がエンジニアを育てる技量はもちろんありませんでした。そこで最初は会社から費用を出して、他社の研修プログラムを利用することにしました。そこから自社へそのノウハウを取り込み、何度もブラッシュアップをしました。

ー井上さんが得意とする営業を教えることは無かったのですか?

私は恥ずかしながら、営業を教えるセンスはなかったんです(笑)
しかしその分、熱量や、やる気を出し続けていくことの重要性は教えられました。そこについては誰よりも熱心にエンジニアに伝え続けてきており、それが現在の教育スタイルの原型にも繋がってきています。

ーエンジニアの育成は他社でも行っていますが、その中でCareconがここまで成長できた理由は何故でしょう?

やはり熱量とやる気を伝えることができたからですね。笑
当時からSESをやっている会社はありましたし、エンジニアの教育を行っている会社もありました。しかし、熱量を掛け合わせることができていなかったんです。
二つを掛け合わせたスタイルが現在でもCareconのオリジナルなスタイルとして定着しているんです。
また、育てている間も最低限の給与を保証し、そして、育てたエンジニアを即戦力のエンジニアとして正規雇用にしているところは他社では真似できないところですかね。
今は、自社内に確立した教育システムがあります。これを自社のプロダクトの柱として世の中に提供していきたいと考えています。

ーエンジニアの未経験者の方が本業に携わりながら研修に参加することはハードルが高いように思えるのですが、その中で教育システムが上手くいっている理由は何でしょう?

主に二つあります。
一つ目は、即戦力のエンジニアとしてSESにも出せる教育をしていること。そして二つ目は、研修を受けるための費用がかからず、「お金をもらいながら勉強ができる」環境があることです。

教育する上で自社で保証している部分が多いですが、これができるのは私たちに100%の自信があるからです。実際、過去4年間で研修を受けながらもエンジニアになれなかった人は1人もいません。

ー教育プログラムに関しては独自で作り上げてきたものなんですか?

そうですね、都度ブラッシュアップして見直しを繰り返しています。
初期の頃に研修を受けていたエンジニアは今を羨ましがっていますよ。何せ、当時は組み込まれていなかった内容がプログラムに入っていて、今研修を受けるエンジニアはすぐに分からないことを講師に確認することができてしまうのですから(笑)



オリジナルの教育システムを確立してエンジニア育てているCareconが次に向かう未来とは?

ーここ1年間コロナウイルス蔓延によって何か影響はありましたか?

無いと言えば嘘になりますが、やはりIT業界でインターネットを主戦場としているので、ほとんどありませんでしたね。
元からオンライン学習ができる環境が整っていましたし、今のこの状況となってなおさら出社しないようになりましたね。

ー今後の会社の展望についてお聞かせください。

今後は海外へ事業を広げたいと考えています。
実は、当社の社員は全員英会話スクールに無料で通えるんです。英語とプログラミング両方使える人の希少価値が上がっていますから。
未経験からエンジニアになれるというところで海外でも有名になってきているので、最終的には海外に拠点を置いて向こうでやりたいと考えています。

僕個人としては、5年後の37歳になったら海外に移住するつもりです。これは絶対にと決めています(笑)

ー最後に、井上さんが働く上で大事にしていることと、このストーリーを読む求職者様へのメッセージをお願いします。

父親が自衛官として世のため人のために働き続けていたため、その姿勢は私自身にも深く刻み込まれています。
私は自衛官という職業は選ばなかったけれども、起業家として世のため人のためにどんな事業を起こしていくのか考え続けることが一番大事だと思っています。
私がこれまでの人生で事業を成功させることができたのは、世のため人のためを考える熱意をこれまで絶やさず燃やし続けることができたからです。
今後働き始める方々にもぜひ、その熱意を大切にしてもらいたいですね。何かを始めること、そして続けていくためには根底にある気持ちが絶対に必要です。自分が働く意味に対して熱い気持ちを持ち続けていって欲しいですね。



株式会社Careconでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社Carecon's job postings

Weekly ranking

Show other rankings