1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

海外向けのWebサービス「ZeBrand」を運営・開発をしています。
ユーザとの対話を通して随時アップデートしています。
私たちは、ブランディングをオートメーション化するWebサービス「ZeBrand」の運営・開発を行っています。 ■ ZeBrand https://zebranding.com/ ブランドのコアとなるミッションやビジョンなどの想いの部分を言語化する体験をサポートをしながら、ユーザの業界やパーソナリティの情報をベースに、最適なフォントや色や写真などをビジュアライズして提案するサービス。 このサービスでは、特にスタートアップなどのビジネス初期のブランディングをサポートします。創業時のデザイナーがいないチームや、身近にデザインリソースが無い状況の方など、誰にでもブランディングの第一歩を始められる機会を提供。 海外向けのサービスのため、現在はUSをメインに、イギリス・フランス・オーストラリアに向けたマーケティングを実施しています! ※海外向けのサービスのため現在は英語版のみの提供となります。日本をはじめその他の言語での要望も高まっており、並行してリサーチやテスト導入なども行っています。 ▼トピック▼ ・Amex x WeWorkピッチコンテストでのグランプリ獲得 ・2019年12月25日発売のForbes Japanに4ページの特集記事掲載頂きました Webページ:https://forbesjapan.com/articles/detail/31217 ・TechCrunch Pitchers & Pitches Competition優勝 ・SXSW PITCH! 2020 にてFinal Alternates of Enterprise & Smart Dataにて選出

Why we do

ブランディングをサポートするWebサービス、ZeBrandを2019年2月末にMVPローンチしました。
ホラクラシーのもとに、メンバーそれぞれが役割を持ち、各自の領域を進めていきます。進化する組織に向けて新たな組織携帯についても研究しながら活動しています。
ブランディングとは、ビジネス規模の大小に関わらずに、あらゆるビジネスの成長のために必要なものであると私たちは考えています。 また、特にビジネス初期のブランディングについては、新規事業部として活動してきた私たちが自身が困った実体験であり、多くのスタートアップ企業が課題に感じていることでもあると、これまでのヒアリングなどのフィードバックを受けて体感しています。 そんな課題に対して、タイポグラフィやデザインの知見と、現代のテクノロジーの力を掛け合わせて、ブランディングの機会をあらゆる人たちに提供するために活動しています。

How we do

TOA2019ではStartup boothに出展、またInnovation Stageにて海外Pitchの機会もあり、多くのフィードバックをもらい、一次情報をもとにアップデート。
いつでもコアバリューを大切にし、互いを尊敬しあいながら活動しています。
【大切にする5つのコアバリュー】 ZeBrandのチームでは以下5つのコアバリューをメンバー共通の価値観として持つようにしています。デザイナー、マーケター、ディレクターといったチームメンバーそれぞれが、海外現地調査、アイデア発散、ミニマムプロトタイプの作成などの際にコアバリューを意識しながら取り組んできました。 《コアバリュー》 - Brand new value 誰もが想像していない世界を作る - Having fun 楽しめることをやる、楽しみながらやる - Growth mindset 失敗を気にせず、どんどん新しいチャレンジをする - Respectful communication チームの一員である誇りを持てる行動・コミュニケーションをする - User appreciation ユーザーがZeBrandの一員である認識を持ち、ユーザーにもRespectful communicationで接する 【他業界の方と交流しながら働けます】 現在は11人のコアメンバーで活動しており、活動拠点にはコワーキングスペースのWeWorkを利用しています。NYミッドタウンと渋谷スクランブルスクエアの拠点を中心にグローバルなメンバーで活動しています。 多業種の方が働く環境なので、事業のアイデアについてすぐ他社様にヒアリングできますし、日頃のコミュニケーションからコラボレーションが生まれることもあります。 【私服で出勤してOKです!】 リモートワークも導入し、比較的働きやすい環境で働くことが可能です。Covid19が落ち着いたタイミングでは、海外出張や海外カンファレンスでの登壇機会などもあります。 また、私服通勤で構いません。PC/Macやディスプレイなどの環境なども基本的には希望通りに提供できるよう調整できます。