This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

日本最大級ブロックチェーンカンファレンス「b.tokyo2019」にフィナンシェCEO田中が登壇いたしました✨

こんにちは〜!フィナンシェの西川です。

夜や朝はすっかり気温が低くなって秋模様ですが、昼間はまだまだ日差し暑いですね☀️
今朝、地下鉄の駅でキチンとオフィスカジュアル系女子3人が、すでに厚みのある黒いタイツを着用しているのを見かけました(゚ω゚)

その横を、まったく夏を忘れきれていない真っ青なワンピースで通り過ぎる私です...
都会の女子、季節感先取りしててエラい...
株式会社フィナンシェでは服装に決まりはないのでね〜😆

さて、10月2日(水)3日(木)、世界最大のブロックチェーンメディア「CoinDesk」の日本版「CoinDesk Japan」が総合プロデュースする日本最大級のブロックチェーンカンファレンス「b.tokyo2019」が開催されました!そこで株式会社フィナンシェCEO 田中が登壇させていただきましたので取材してきました‼️🎉🙌

さて、最近は新しいオーナーデビューが続き、話題沸騰中❗️のFiNANCiEですが、
フィナンシェCEO 田中もついにオーナーデビューを果たしました🎉✨詳しくはコチラ

⭐️まずは、FiNANCiEって?⭐️

夢をもつ人(オーナー)が自身の個人カード(トークン)を発行して、ファン(サポーター)に持ってもらいます。
カードを保有したサポーターはサポーター同士で交流や協力をしたり、オーナーからのミッションを受け取ってそれを実行したり、いままでの応援よりもより主体的にオーナーを応援することができます。
サポーターが主体的にオーナーを応援することでカードの価値が高まると、
オーナーだけでなく初期から応援するサポーターにもメリットがある、そんな新しい応援の形を提供したいと考えています。
「あなたの夢が、みんなの財産になる。」
夢を持つ人と、支援する人が出会い、夢の実現に向けて一緒に歩んでいけるコミュニティ、
そんな社会の実現を目指しています。

iOSアプリはコチラ
Webはコチラ

ようやく本題ですが、日本最大級のブロックチェーンイベント「b.tokyo2019」にてCEO田中が登壇させていただきましたテーマは「トークンエコノミーの未来」です✨

さて、トークンエコノミーとはなんぞや?

それぞれの持つ価値観において発行される、ブロックチェーン上で生成したトークンを、様々な機能や価値とひも付けて流通させる経済圏のこと。

FiNANCiEでは、ユーザー個人が自分自身のカード(プロ野球カードのようなものですね)を発行し、それが価値と結びついていますので、FiNANCiEのカードもトークンですね🤗

そんな「トークンエコノミー」について話すのは、モデレーターである博報堂の伊藤さんをはじめ、
トークンエコノミーを持つサービスを実装し、すでにユーザーを獲得しているサービスの代表者の3名です👏✨✨✨


安宅基さん(Tokyo Otaku Mode 共同創業者兼COO)
アニメ等、日本のカルチャーを愛する人のコミュニティ通貨、『オタクコイン』、世界中のファンが翻訳家となってアニメニュース記事の翻訳を行う「Tokyo Honyaku Quest」を運営する。
石川裕也さん(Gaudiy CEO)
ブロックチェーン技術を活用したコミュニティサービス・プロダクトの共創プラットフォームGaudiyを運営する。

そして最後に、

田中隆一(フィナンシェ代表取締役CEO)
「みんなの夢が自分の財産になる」ドリームシェアリングサービス「FiNANCiE」を運営する。
夢を持つ人と、支援する人が出会い、夢の実現に向けて一緒に歩んでいけるコミュニティを目指す。

※株式会社フィナンシェでは一緒に「FiNANCiE」を作ってくれるメンバーを大募集しています。
Swiftエンジニア
Railsサーバーエンジニア

各登壇者にモデレーターの伊藤さんからこんな質問が飛んできました。

・それぞれのコミュニティサービスの構想が生まれたきっかけは?
・海外と比べて日本の方がトークンエコノミーが進んでいるが、トークンエコノミーが加速する要因は?
・そのトークンエコノミーの発展には、機能の提供以外はどんなことが重要か?


その質問への各登壇者の答えを聞くと、他社様とFiNANCiEに✨多数の共通点✨を感じました✨

まずは他社様のサービスの説明をさせていただきますね😃

アニメファン達が、自分達の好きなアニメの翻訳を競うようにしてWebにアップロードしていたところから生まれた「Tokyo Honyaku Quest」
ここで翻訳をすると、翻訳のお礼としてトークンを受け取れる。
翻訳された記事は、クライアント(Web媒体など)からキチンと承認を得た正式な翻訳版として、翻訳者のIDと共にブロックチェーン上に記録されることによって、それを自分の「実績」や「キャリア」として証明することができるようになった。
「Gaudiy」は、企業(個人)とユーザーやファンが、プロダクトをより良くする為の会話や企業へのアドバイスができるコミュニケーションサービス。役に立つコメントをしてくれるユーザーにはトークンを発行。独自トークン、投げ銭、貢献値、チャンネル、企画などの機能が、コミュニティ活動を促進している。

FiNANCiEとの共通点は

・ファンが自律的に応援・参加することができる→それにトークンがついてくる
・コミュニティ内で、共通の話題でやりとりができる。

ということ。

✨その共通点を踏まえてのトークンエコノミーの特長は、

トークンの発行によるインセンティブ設計がされているので、

ユーザーが「自律的に」かつ「熱量をもって」活動してくれるところがトークンエコノミーの優位性である。

ということ。

✨さらに、「熱量をもって」というところが非常に重要なポイントであり、

⚡️熱量があるからコミュニティが動き⚡️
⚡熱狂するからトークンエコノミーが加速していく⚡️

ということに繋ります。

ブロックチェーン黎明期の今、世間でのトークンエコノミーの認知度はまだまだ高くありません。
そこでFiNANCiEではユーザーの参入障壁を下げるために、ブロックチェーン(イーサリアム)ではなく¥円決済¥ができるように開発しました✌️

だって、「オーナーのカードを買うためにイーサリアムが必要!ウォレットを作らなきゃ!まずは本人確認書類のアップロードからだ!」なんて事になると、とっても大変ですよね?
だからFiNANCiEがイーサリアムのウォレットの機能を担保することで、ユーザーにはブロックチェーン部分を見せずに¥円決済¥ができるようになっています。

支払い方法は「クレジットカード決済」もしくは最近導入した「コンビニ決済」。
誰もがすぐにFiNANCiEに参加できるような仕組みを実装しています。
オーナーの夢の実現に貢献すると、お礼にオーナーからカードをもらえることがあります🌟(ミッションをクリアした時など)
すると自分が支援したことのへの価値がわかりやすく、さらにオーナーからダイレクトに届くため、サポーターはより強くオーナーに貢献できた!と感じることができます。さらにオーナーも夢に向けて具体的にどうすればよいかをサポーターに相談することができます。

気軽にオーナーとサポーターが交流することで、コミュニティの活性化、リアルでの活動の活性化にも繋がっていきます。

【例えば。】
FiNANCiE
オーナーデビューを超初期から果たしているCOO前田ですが、
一度コミュニティでサポーターの方達にこんな質問をしました。

FiNANCiE、どうしたらもっと使いやすくなるかな?」

すると、40〜50件くらいのとってもアツい長文のメッセージが届きました☺️💕
自分たちのプロダクトながら、ちょっとびっくりするようなコミュニティの熱さです‼️

サポーターだけでなく、オーナー自身も積極的に動いていくことが大事で、
このように、オーナーとサポーター両方の熱量が高いと、コミュニティが自律的に動き出します。

FiNANCiEのアドバイザーであり、世界的に著名なサッカー選手である本田圭佑選手にはいつもアドバイスをいただいておりますが、先日オフィスにお越しいただいた時にはこんな言葉をいただきました。

「オーナーにするなら、情熱のある人。

やっぱりサッカー下手でも本気で頑張ってるやつを応援したいじゃないですか。」

たしかに😭😭!!

トークンエコノミーにおいてやはり大事なのは、情熱や熱量であるのですね☺️

そんなFiNANCiEをつくる株式会社フィナンシェですが、情熱や熱量を持った新メンバーを大募集しております🤗
グローバルメンバーや若手組もどんどん増えてきています❗️
・トークンエコノミーってなに?
・ブロックチェーンに興味あり!
・話を聞いてみたい!
・フィナンシェのブロックチェーン勉強会に参加したい!

たくさんの人からのご応募をお待ちしております🤗

株式会社フィナンシェ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more