1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

日本技術士会「IT21の会」でアダコテックが登壇しました

2020年2月7日、「IT21の会」にて弊社の池田、伊部、佐藤が登壇しました!

「IT21の会」とは、日本技術士会の登録グループであり、技術者が集まり、最新技術の研究・開発・応用を通じてその成果を幅広く社会に還元する目的で1997年7月に設立されました。本日時点で約200名の方が所属されており、今回の月例会では約30名の方が出席されました。ほとんどの方が高度な専門性を持った技術士の方々なため、我々もいつもとは違った緊張感を持って臨みました。

今回のテーマは、

“正常”以外を漏れなく検出するAI検査アプリケーション

冒頭で池田より会社概要をご説明させて頂きました。会場を温めるべく、渾身のギャグで会場は”ややウケ”


続いてはメインパートの技術説明。今回は技術士の方に向けたプレゼンだったため、20枚以上のスライドで、過去最大のボリュームでお届けしました。普段は寡黙な伊部ですが、これまでの経験から得た知識や伊部自身の見解も含めアダコテックの技術を熱く語り、多くの参加者がメモを取られていました。


最後は導入事例の紹介です。営業責任者の佐藤からこれまでの成功事例をひとつずつご紹介させて頂きました。


会場からは活発に多くの質問を頂きました。終了後の懇親会も含めて、参加者の方々からは「大変興味深いサービスですね」「多くの製造業の企業で活用できると思いますよ」などの貴重なコメントを頂きました。また「社内に資料を共有しておきます!」という今後の展開に繋がりそうなお話もありました!

アダコテックでは製造業に関わる様々な方々との出会いを大切にしております。製造業に従事されている方で、話を聞いてみたいという方いらっしゃいましたら、大歓迎ですので、カジュアルに面談させて下さい!

採用も引き続き積極的に行っております!

フロントエンドエンジニア
モノづくりの進化をTechで支えるフロントエンドエンジニア募集!
アダコテックは製造業に向けた異常検知のAIソフトウェアを提供しています。 サービス説明動画: https://youtu.be/-_iGTHu_ZwI 現時点までの実稼働ラインへの適用事例は5件、検証中の案件は10件以上。 Feasibility Studyで終わることも多いAI業界ですが、アダコテックは業界トップシェアを誇る自動車Tier 1企業複数社、三井E&Sグループ、上場警備会社等に本格導入頂いています。 プロダクトは産総研の革新的な技術をベースにした画像解析のアプリケーションです。少量のデータでも異常をほぼ100%検出できるモデルを構築できるところが強みです。汎用PCでもミリ秒単位で結果を出すことができ、異常の原因もブラックボックス化せず説明が可能であるため、特にタクトタイムが厳しく説明責任が問われる難易度が高い検査現場への適用が進んでいますす。 今後はソフトウェアをクラウドサービス化/SaaS化し、海外を含めたより多くのお客様にサービスを届けていきます。また検査性能の更なる強化と、UI/UXを含めたユーザビリティの向上を実現させ、より一層、現場に受け入れられ、愛されるプロダクトを創って参ります。 【参考プレスリリース】 ◆ICCサミット、検品AIのアダコテックが優勝 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55760290Y0A210C2XY0000/ >プレゼン動画: https://industry-co-creation.com/catapult/52869 ◆IVS LaunchPad 2020 Summerの優勝は製造業向けの異常検出AIを開発・提供するアダコテック https://jp.techcrunch.com/2020/07/31/ivs-launch-pad-2020-summer-online/ 【社員によるnote記事】 https://note.com/ryotakawamura9/m/m9657507df58d
株式会社アダコテック
データアナリスト
データアナリスト募集 製造業の生きたデータを価値に変えて業界を変革する
アダコテックは製造業に向けた異常検知のAIソフトウェアを提供しています。 サービス説明動画: https://youtu.be/-_iGTHu_ZwI 現時点までの実稼働ラインへの適用事例は5件、検証中の案件は10件以上。 Feasibility Studyで終わることも多いAI業界ですが、アダコテックは業界トップシェアを誇る自動車Tier 1企業複数社、三井E&Sグループ、上場警備会社等に本格導入頂いています。 プロダクトは産総研の革新的な技術をベースにした画像解析のアプリケーションです。少量のデータでも異常をほぼ100%検出できるモデルを構築できるところが強みです。汎用PCでもミリ秒単位で結果を出すことができ、異常の原因もブラックボックス化せず説明が可能であるため、特にタクトタイムが厳しく説明責任が問われる難易度が高い検査現場への適用が進んでいますす。 今後はソフトウェアをクラウドサービス化/SaaS化し、海外を含めたより多くのお客様にサービスを届けていきます。また検査性能の更なる強化と、UI/UXを含めたユーザビリティの向上を実現させ、より一層、現場に受け入れられ、愛されるプロダクトを創って参ります。 【参考プレスリリース】 ◆ICCサミット、検品AIのアダコテックが優勝 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55760290Y0A210C2XY0000/ >プレゼン動画: https://industry-co-creation.com/catapult/52869 ◆IVS LaunchPad 2020 Summerの優勝は製造業向けの異常検出AIを開発・提供するアダコテック https://jp.techcrunch.com/2020/07/31/ivs-launch-pad-2020-summer-online/ 【社員によるnote記事】 https://note.com/ryotakawamura9/m/m9657507df58d
株式会社アダコテック
株式会社アダコテック's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more