1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【社員インタビューVol.1】「この技術を埋もれさせてはいけない」ものづくりを根本から変える可能性に懸けるアダコテックへの想い

今回インタビューしたのは、取締役の池田満広。

銀行や金融ソリューション、IT業界に広く携わり、2014年にアダコテックに着任。
まだプロダクトが出来上がっていなかった時代からアダコテックの技術を信じ、エンジニアと共に製造業の課題に向き合ってきました。

本日は改めて、就任に至った経緯、大切にしていることや描く未来について聞きました。

池田 満広(いけだ みつひろ)
アダコテック 取締役。
大学卒業後、三和銀行(現三菱UFJ銀行)にて7年勤務。その後、電機メーカーの金融ソリューション事業に携わり、ITベンチャーでの経験を経て、2014年株式会社アダコテックに就任。

この技術を埋もれさせてはいけないと確信

ーー池田さんのこれまでのキャリアについて教えて下さい
いろんな会社の内情を見られるだろうという期待でキャリアの最初は銀行に就職しました。社会人として基礎的な部分を学ばせてもらったことは今でも感謝しているのですが、バブル崩壊の時期でもあり、決して前向きなことばかりではありませんでした。ちょうど「IT革命」だとか、社会の進歩が始まる時期だったので、もっとドラマチックなチャレンジを求めて活動してきました。

銀行や電機メーカーなど大手と言われる企業にいた頃、品揃えとしてはなんでもあるけど、ピリッとした決め手がないなと感じていました。外資系や金融ソリューションベンチャーは、規模は小さいものの他にはないピリッとした決め手を持っていたため、お客様にも強く刺さりますし、きっちりハマると非常に喜ばれ、また収益性もよいことを目の当たりにしました。器用ではない自分には、こういったピリッとした武器を扱う方がいいなと思っていましたし、ビジネスとして成功するためには、ピリッとした武器としての技術、優位性のある技術が必要なのだと、あらためて気付きました。

ーーそこからどのようにしてアダコテックと出会ったのですか?
前職のビジネスの中でフィンテックグローバルからアダコテックについて話を聞く機会がありました。これまでの経験から、「私ならこうします」という話をしていたのですが、それからしばらくして会社を退職することになり、ご挨拶に伺った際、「自分でやってくれないか」という話になって参画しました。

ーーどんな想いで決断されたのですか?
アダコテックの技術力には魅力を感じていました。純粋に日本で研究された、世界に伍していける可能性を持ったアダコテックの技術を、このまま埋もれさせてはいけない!、という何か使命感のようなものを感じました。

初めはHPなどもわかりにくくて、マニアックなエンジニアにしか理解できないようなことが書いてあったのですが、読み解いてみると非常に高い技術力を有していると理解でき、そもそも日本発でこんなに素晴らしい技術があるのかと驚きました。ものすごく汎用性が高く、今後の日本の産業に影響を与えられる可能性を感じましたし、ほとんど顧客もついていない状態ではありましたが、この技術を正しく花開かせるべきだと。

試行錯誤の末、お客様の製造ラインに導入

ーー就任当初、会社の状況はどうでしたか?
せっかくの良い技術があっても、製品としてのソフトウェアがお客様の現場のニーズに基づいてなかったりして、乖離が少なからずありました。お客様とのコミュニケーションの中で機能や操作性など改善を重ねることでフィット感が増していきました。
製品の完成度があがってくるにつれて、お客様での採用も増え、良い循環にできたことはとても嬉しかったですね。

ーー少しずつ顧客が増えていきましたが、印象に残っている事例はありますか?
世界有数の自動車部品の会社から、当時まだ3人の頃に相談をいただいたんです。ようやく事業が立ち上がり始めたばかりのタイミングで、これは身の丈に合わないかも、と正直一瞬悩みました。でも、お客様ご自身が長らく自前でやろうとしてきたけれど完結できず困っておられたこと、弊社を探し出して、わざわざ足を運んでいただいたこともあり、腹をくくりました。それが、弊社のパッケージを使って検証いただくと、当初からFN率(不良品を正常と誤る率)0%を達成しつつ、FP率(正常品を不良と誤る率)もゼロコンマみたいな、一定水準以上の成果を最初から出したことを教えていただきました。そこからですね、アダコテック自身のギアが切り替わったのは。

生産ラインに試験導入後しばらくして状況を伺うと、「ルールベースで把握できていなかった現象も含めて『いつもと違う』を漏れなく検出できている。見逃しゼロで、異常と判定した理由もわかるのは、パーフェクトだ。」とお言葉をいただいた時は、ガッツポーズでしたね。やっぱり、自分が信じたアダコテックの技術に間違いはなかったんだと感じました。

世界有数の会社の生産ラインで信頼を勝ち得ていることが、現在のプロジェクトにも繋がっていますし、これからもっと多くの人に使ってもらいたいと思っています。誰もが使えるようにすることで、その効果を広く行き渡らせて、ものづくり産業に貢献していきたいですね。

「信じたからには任せる」意識するのはフラットなコミュニケーション

ーー社内のコミュニケーションで気を付けていることはありますか?
まず第一に、自分で創業していないので、会社を自分の所有物としてではなく、客観的に見ることができると思います。社員に対しても「みんなで一緒にやっていこう」という思いがあるので、フラットなコミュニケーションが取れる環境をこころがけています。
実際、社員から意見を言われることも多いですし、厳しい指摘を受ける事もあります。もちろん行き違いもあるので、その時は状況を丁寧に説明して、お互いの理解を深めるようにしています。

ーー現状フラットな環境ですが、人数が増えたら難しい事も増えてくるのでは?
これから人数は増えても、フラットな環境は変えません。
たまたま役割としてもらっている肩書とかポジションはありますけどね。
それは先に入社したとか今その業務を任されている、というだけであって、インターンで参加してくれている学生さんも、業務委託の方も皆同じで、ただ職務や職責が違うということだと考えています。プロジェクトや業務の上で必要な場合以外は、肩書も年齢も関係ありません。1人の人間として、みんな対等です。だから、相手を尊重しながら、これからものびのびやってほしいなと思います。

社内ルールはありますが、ルールを守ることが主目的ではなく、正しいと信じるのであれば、若干逸脱したことでもきちんと説明してくれれば、全然問題ありません。
基本的には社員を信じて任せているので、本来の目的を達成するのであれば、フレキシブルで良いと思っています。

ーー「信じたからには任せる」のはなかなか簡単なことではないですよね?
はい、気持ちのうえでも簡単ではないです。でも、最後の最後は私が責任を負えばよいのだと自問自答して、少し気持ちに無理をしてでも任せるようにしています。
ITベンチャーにいた頃は各人に相当権限が委譲されていて、企画から実行まで1人か数名程度で次々実行に移していました。確立されたものが無いベンチャーだからこそ試行錯誤をいかに数打ち、いかに早くアタリを探り当てるかが重要なのだと実感しました。

会社で細かい部分まで上長が権限を持っていたり、何人もの知らない決裁権者に事前に細部まで申請を回さないと行動に移せないことが続くと、本当はもっと伸びしろがあるはずなのに、道幅からはみ出ないところに収まるようになりますよね。
そうなるとせっかくのポテンシャルが台無しになるので、個人も会社も成長していかないと思います。

ーー社内の環境づくりで工夫していることは?
気軽に、いつでも助けを求められる環境が大事だと思っています。
以前勤めていた会社で、わからない事やトラブルが発生した際に、なんの躊躇もなく、気軽に手を挙げて助けを求められる環境がありました。全員がその対処や改善に対しても協力的で、そういったフランクな環境は、とてもトラブル耐性が強いことを何度も目の当たりにしました。

馴れ合いはよくないが、各々プロの力を発揮しつつも少し肩の力を抜いて、フランクで気楽な環境をつくることが大事だと思っています。普段から、社内でBGMを流したり、積極的に話しかけたり、たわいない冗談を言って笑ったりして、頑張って雰囲気を醸成しています。
そういう環境や雰囲気をつくっていれば、深刻な事が起きてもすぐに、本当に気軽に相談ができるし、重大な事を抱え込んでずるずると沈み込むことはないと思っています。

モノづくりの進化と革新を支える

ーー池田さんが大事にしている事や重要視していることはなんですか?
二つあって、一つは、少し背伸びをすることですね。
親が亡くなった時にも感じたのですが、今日生きてるからといって明日生きてるとは限らない。せっかくもらった命を大事にしようと思うと、今日できることはやり切ろうという気持ちがあります。
ちょっと背伸びをして、昨日できなかった事や、やったことのない仕事にチャレンジする事で少しずつ成長できるんだと信じています。

もう一つは、スキームの重要性です。
単発でお客様の課題を解決して満足したら、その件はもうそれで終了ですよね。
私たちは、花を売ることが仕事ではなくて、お客様が好きな花を好きな時に買えるスキームをつくる事が仕事だと、日頃から社員にも伝えています。

頑張る事は尊いけど、頑張り続けないと収入が無くなるという事ではなく、今の頑張りの結果が将来にもわたってずっと続くようなスキームをこしらえるのが私の仕事だと思っています。
そして、そこに当てはまるプロダクトを作ってもらったり、それに参加してくれる仲間を探したり、特定の一人ではなく社員全員それぞれの役割分担で、みんなで良い会社に成長させたいですね。

ーー会社としてどんな未来を描いてますか?
「モノづくりの進化と革新を支える」をビジョンにしていますが、本当にその言葉を実現するチームを作っていきたいです。
そのために我々は現在先進性のある検査システムの提供に力を入れています。
それは社会正義にもかなっていて、ものづくり産業が完璧なものを作って世に出せば、長持ちするので資源の無駄遣いにもならないし、クオリティーの高いものに正当な付加価値がつけば、作っている人たちも幸せになります。
サステイナブルな社会に繋がるためには、粗製乱造ではなく、良いものだけを世に送り出さなければなりません。

我々はその正義の門番というか、絶対にOKと証明できるもの以外市場に出さない検査システムを通じてものづくり産業の支えになっていきたいです。
そして、一緒に働く仲間を増やし、この技術をもっと広く行き渡らせる為の活動をしなくてはならないと考えています。

ーーどんな方に入社してほしいですか?
まだ見ぬお客様の課題に対しても果敢に向きあう、好奇心と柔軟性のある方が良いなと思います。お客様の課題に向きあう中で、当初想定していなかった用途や、想定以上の性能を認めていただくなど、アダコテックにとっての宝はすべてお客様の課題の中から発掘してきましたから。

同じ目線を持ってさえいれば、皆フラットなので、自分の能力で一発ぶちかましてやるぞという気持ちでもいいし、社会の役にたちたいという崇高な想いでもどちらも大歓迎です。

元々フラットな環境ですが、既存メンバーも第二創業期として気持ちを新たに臨んでいますから、これからジョインいただく新たなメンバーにも、新しく会社を創業する気持ちで、Newアダコテック号という船に乗ってもらいたいと思っています。

クラウドエンジニア
ものづくり×AI×SaaSで業界変革を起こす クラウドエンジニア募集!
アダコテックは製造業に向けた異常検知のAIソフトウェアを提供しています。 サービス説明動画: https://youtu.be/-_iGTHu_ZwI 現時点までの実稼働ラインへの適用事例は5件、検証中の案件は10件以上。 Feasibility Studyで終わることも多いAI業界ですが、アダコテックは業界トップシェアを誇る自動車Tier 1企業複数社、三井E&Sグループ、上場警備会社等に本格導入頂いています。 プロダクトは産総研の革新的な技術をベースにした画像解析のアプリケーションです。少量のデータでも異常をほぼ100%検出できるモデルを構築できるところが強みです。汎用PCでもミリ秒単位で結果を出すことができ、異常の原因もブラックボックス化せず説明が可能であるため、特にタクトタイムが厳しく説明責任が問われる難易度が高い検査現場への適用が進んでいますす。 今後はソフトウェアをクラウドサービス化/SaaS化し、海外を含めたより多くのお客様にサービスを届けていきます。また検査性能の更なる強化と、UI/UXを含めたユーザビリティの向上を実現させ、より一層、現場に受け入れられ、愛されるプロダクトを創って参ります。 【参考プレスリリース】 ◆ICCサミット、検品AIのアダコテックが優勝 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55760290Y0A210C2XY0000/ >プレゼン動画: https://industry-co-creation.com/catapult/52869 ◆IVS LaunchPad 2020 Summerの優勝は製造業向けの異常検出AIを開発・提供するアダコテック https://jp.techcrunch.com/2020/07/31/ivs-launch-pad-2020-summer-online/ 【社員によるnote記事】 https://note.com/ryotakawamura9/m/m9657507df58d
株式会社アダコテック
CPO
4億円調達AI×製造業スタートアップ、SaaS化に向けたCPOを募集!!
アダコテックは製造業に向けた異常検知のAIソフトウェアを提供しています。 サービス説明動画: https://youtu.be/-_iGTHu_ZwI 現時点までの実稼働ラインへの適用事例は5件、検証中の案件は10件以上。 Feasibility Studyで終わることも多いAI業界ですが、アダコテックは業界トップシェアを誇る自動車Tier 1企業複数社、三井E&Sグループ、上場警備会社等に本格導入頂いています。 プロダクトは産総研の革新的な技術をベースにした画像解析のアプリケーションです。少量のデータでも異常をほぼ100%検出できるモデルを構築できるところが強みです。汎用PCでもミリ秒単位で結果を出すことができ、異常の原因もブラックボックス化せず説明が可能であるため、特にタクトタイムが厳しく説明責任が問われる難易度が高い検査現場への適用が進んでいますす。 今後はソフトウェアをクラウドサービス化/SaaS化し、海外を含めたより多くのお客様にサービスを届けていきます。また検査性能の更なる強化と、UI/UXを含めたユーザビリティの向上を実現させ、より一層、現場に受け入れられ、愛されるプロダクトを創って参ります。 【参考プレスリリース】 ◆ICCサミット、検品AIのアダコテックが優勝 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55760290Y0A210C2XY0000/ >プレゼン動画: https://industry-co-creation.com/catapult/52869 ◆IVS LaunchPad 2020 Summerの優勝は製造業向けの異常検出AIを開発・提供するアダコテック https://jp.techcrunch.com/2020/07/31/ivs-launch-pad-2020-summer-online/ 【社員によるnote記事】 https://note.com/ryotakawamura9/m/m9657507df58d
株式会社アダコテック
AI/C++エンジニア
製造業で実用化進むAIプロダクトで社会を変革したいC++エンジニアを募集!
アダコテックは製造業に向けた異常検知のAIソフトウェアを提供しています。 サービス説明動画: https://youtu.be/-_iGTHu_ZwI 現時点までの実稼働ラインへの適用事例は5件、検証中の案件は10件以上。 Feasibility Studyで終わることも多いAI業界ですが、アダコテックは業界トップシェアを誇る自動車Tier 1企業複数社、三井E&Sグループ、上場警備会社等に本格導入頂いています。 プロダクトは産総研の革新的な技術をベースにした画像解析のアプリケーションです。少量のデータでも異常をほぼ100%検出できるモデルを構築できるところが強みです。汎用PCでもミリ秒単位で結果を出すことができ、異常の原因もブラックボックス化せず説明が可能であるため、特にタクトタイムが厳しく説明責任が問われる難易度が高い検査現場への適用が進んでいますす。 今後はソフトウェアをクラウドサービス化/SaaS化し、海外を含めたより多くのお客様にサービスを届けていきます。また検査性能の更なる強化と、UI/UXを含めたユーザビリティの向上を実現させ、より一層、現場に受け入れられ、愛されるプロダクトを創って参ります。 【参考プレスリリース】 ◆ICCサミット、検品AIのアダコテックが優勝 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55760290Y0A210C2XY0000/ >プレゼン動画: https://industry-co-creation.com/catapult/52869 ◆IVS LaunchPad 2020 Summerの優勝は製造業向けの異常検出AIを開発・提供するアダコテック https://jp.techcrunch.com/2020/07/31/ivs-launch-pad-2020-summer-online/ 【社員によるnote記事】 https://note.com/ryotakawamura9/m/m9657507df58d
株式会社アダコテック
株式会社アダコテック's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more