1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

製造業向け異常検知AIソフトウェアサービス
ほぼ100%の検査精度を実現
アダコテックは製造業に向けた異常検知のAIソフトウェアを提供しています。 サービス説明動画: https://youtu.be/-_iGTHu_ZwI 現時点までの実稼働ラインへの適用事例は5件、検証中の案件は10件以上。 Feasibility Studyで終わることも多いAI業界ですが、アダコテックは業界トップシェアを誇る自動車Tier 1企業複数社、三井E&Sグループ、上場警備会社等に本格導入頂いています。 プロダクトは産総研の革新的な技術をベースにした画像解析のアプリケーションです。少量のデータでも異常をほぼ100%検出できるモデルを構築できるところが強みです。汎用PCでもミリ秒単位で結果を出すことができ、異常の原因もブラックボックス化せず説明が可能であるため、特にタクトタイムが厳しく説明責任が問われる難易度が高い検査現場への適用が進んでいますす。 今後はソフトウェアをクラウドサービス化/SaaS化し、海外を含めたより多くのお客様にサービスを届けていきます。また検査性能の更なる強化と、UI/UXを含めたユーザビリティの向上を実現させ、より一層、現場に受け入れられ、愛されるプロダクトを創って参ります。 【参考プレスリリース】 ◆ICCサミット、検品AIのアダコテックが優勝 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55760290Y0A210C2XY0000/ >プレゼン動画: https://industry-co-creation.com/catapult/52869 ◆IVS LaunchPad 2020 Summerの優勝は製造業向けの異常検出AIを開発・提供するアダコテック https://jp.techcrunch.com/2020/07/31/ivs-launch-pad-2020-summer-online/ 【社員によるnote記事】 https://note.com/ryotakawamura9/m/m9657507df58d

Why we do

立場に関係なくコトに向かって議論することができ、情報もオープンなため風通し良くフラットな環境です!
技術、BizDevサイドの距離が近く和気藹々とした組織
日本は経済成長と共に「ものづくり大国」として世界的に高い評価を受けてきました。 「Made in Japan」「Japan Quality」といえば、世界に誇れるブランドです。 しかし、そんな日本のものづくりですが「少子高齢化や人口減少社会」への突入によって永続的に維持することが困難になりつつあります。特に製造業における製品検査の現場は、高い技術を持った熟練工によって支えられており、検査自動化の対応が急務です。 私たちアダコテックは最先端のテクノロジーを用いて、難しい検査をサポートするツールを提供し、ものづくりのあり方を変えたいと思っております。ものづくり産業の方々が、人材不足や検査不良問題から解放され、より自由に、より創造的に、ものづくりに没頭できる世界を創りたいと思っております。 【今後の戦略については代表のnoteをご覧下さい】 https://note.com/ryotakawamura9/n/n6a3d648aef9c

How we do

アルゴリズム開発と実装を担う優秀なインターン生が複数名ジョインしています。
オフィス環境、共有スペースにはカフェやバースペースなどもあり、充実した快適環境です。
【プロダクトの方向性】 今後何を作っていくのか?についてkiitokによる弊社インタビュー記事をご参照下さい! https://www.kiitok.com/media/review/adacotech 【開発組織】 2020年6月現在、23名体制で開発をしています(正社員3名、業務委託6名、副業6名、インターン8名)チームは大きくプロダクトとAIに分かれており、テックリードの柿崎がプロダクト、創業エンジニアの伊藤と伊部がAIを管掌しています。 【開発環境】 <利用言語> AI/機械学習開発(およびオンプレアプリの開発):C++11/14/17, C#, Python3 クラウドサービス開発(バックエンド):Python3, Go クラウドサービス開発(フロントエンド):TypeScript, HTML5, CSS3 <利用フレームワーク/ライブラリ> AI/機械学習開発:.NET Framework, OpenCV, Eigen, MKL(Intel Math Kernel Library) クラウドサービス開発(バックエンド):Flask, chi, etc クラウドサービス開発(フロントエンド):Next.js, etc <Database> MySQL, SQLite <利用ツール・サービス> Visual Studio, GitLab, Slack, Notion, CircleCI, etc... <IaaS, PaaS, SaaS> 各種AWSサービス(ECS, RDS, API Gateway, Lambda, Route53, S3, etc...), Auth0, etc...