1
/
5

[チェンソーマン人気キャラクターランキング1位]かわいいパワーのプロフィールや死亡した後に復活できた理由について考察!

個性的な見た目とエキセントリックな性格から「チェンソーマン」の中でも絶大な人気を誇るパワー。

物語の後半ではわがままな性格から一変して、デンジに甘える姿に心を鷲掴みにされたファンも多いのではないのでしょうか。

そこで今回はデンジとのパートナーであるパワーについてのプロフィールや、作中での名言、死亡した後に復活することの出来た理由についてご紹介していきます。

INDEX

  1. パワーのプロフィール
  2. パワーのこれまでについて
  3. パワーと関わりのあるキャラクターと関係性について
  4. パワーが復活できた理由
  5. パワーが可愛すぎると言われる魅力について
  6. パワーの名言集
  7. まとめ

パワーのプロフィール

・本名

パワー

・生年月日

不明

・年齢

不明

・パワーの正体

血の魔人

・パワーの能力

血を操る能力を持ち、血を固めることによってハンマーやナイフなどの武器を生成することができたり、あらかじめ瓶に入れた血を設置して、近づいた敵に武器を発射するなどの罠を展開したりすることもできます。

また、自分だけではなく、他人の血液も操作し、傷口を塞いで止血することも可能です。

吸血行為をおこなうことによって自分自身の力を更に強化することができますが、血を飲みすぎるとツノが生えてきます。

・パワーの弱点

血を操ることができますが、血を使いすぎると貧血になってしまい、動けなくなることがあります。

また、パワーは捨て猫を飼っており、「ニャーコ」と名付けています。

普段から生活を共にしており、唯一心を許せる存在となっていました。

それ故に、大切な存在だからこそ、ニャーコを人質に取られてしまうことも弱点と言えるでしょう。

パワーのこれまでについて

「血の魔人」ではあったものの、魔人の中では知能と理性が備わっており、極めて希少な存在だったので、マキマによって保護され、デビルハンターとして活動するようになりました。

見た目はピンク色のロングヘアーで歯は鋭く尖っており、2本のツノが頭に生えています。

一人称は「ワシ」と称しており、非常にわがままでプライドが高く、自己中心的な性格です。

デビルハンターの活動中に運転ミスでデンジを轢いてしまうと、「ウヌの車じゃ、ワシのせいじゃない」などとすぐに嘘をつき責任をなすりつけたり、魔人ということもありプライドも高いですが、自分よりも強い相手には従順になるなど、ずる賢い一面もあります。

デビルハンターになってからはデンジと早川アキと一緒に暮らすことになり、闇の悪魔との戦闘以来、恐怖心から「デンジィ…怖いから一緒にお風呂入ってぇ…」などと甘えるような態度もみせるようになりました。

早川アキが亡くなったあとは、デンジと2人きりで暮らしていましたが、マキマの家にいるデンジに誕生日ケーキを持って行ったところ、マキマによって殺害されます。

しかし、デンジに自分の血を吸わせていたことによって、デンジの中でまだ生きていました。

デンジがマキマとの戦闘で、絶体絶命の状況下の時にポチタからデンジを救って欲しいとお願いされ、血の悪魔として再び復活します。

その後、マキマと対峙して致命傷になりながらもデンジを最後まで守りきり、最期は「血を与える代わりに、いつか血の悪魔を見つけて再び友達になる」という契約を交わし、自分が消滅する代わりにデンジを復活させるのでした。

パワーと関わりのあるキャラクターと関係性について

パワーに最も関わりのあるキャラクターを3人紹介します。

・デンジ|デビルハンターの相棒

本作の主人公で、パワー同様にマキマにスカウトされてデビルハンターとなりました。

チェンソーの悪魔と契約しており、胸に生えているスターターを引っ張ることでチェンソーマンに変身し、全身に生えているチェンソーの刃で敵を攻撃します。

パワーと出会った当初は仲が悪く、パワーによって裏切られたりすることもありましたが、徐々に信頼関係を築くようになりました。

女性に対しての欲求が強いデンジですが、パワーに対しては「パワーの事はすごく知ってるのに何か...全然エッチな感じはしないんだ」このように思っており、「デンジィ…怖いから一緒にお風呂入ってぇ…」とパワーに言われても、下心はなく、パワーを兄妹のような存在と思っています。

誕生日の前日にパワーがマキマによって目の前で殺害され動揺を隠しきれませんでしたが、マキマとの戦闘中にパワーが血の悪魔として復活したことで絶体絶命の状況から逃れることに成功し、再会するのでした。

「血を与える代わりに、いつか血の悪魔を見つけて再び友達になる」ことをパワーと契約し、最終的にはマキマを討伐することに成功しました。

・マキマ|逆らうことの出来ない絶対的上司

パワーの上司であり、ミステリアスな女性。

デビルハンターの中でも異質な存在感を放っており、パワーですら逆らうことは出来ません。

表面上はデビルハンターとして活動しながらも真の正体は支配の悪魔であり、「より良い世界」を実現するためにチェンソーの悪魔を支配することを目的としています。

計画の為に、パワーをデンジの目の前で一度殺害しますが、デンジとの戦闘中に「ワシが最強じゃあああ!!」という声と共にパワーが血の悪魔として復活されて、「マキマは雑魚!!マキマは雑魚!!」と叫ばれながら、血によって複製された武器によって身体を刺されます。

チェンソーの悪魔を支配する一歩手前でしたが、血の悪魔によってデンジを持ち出され、デンジが復活します。

最終的にはデンジによって殺害され、デンジが罪を償うという理由で捕食されるのでした。

・ニャーコ|心の支え

パワーによって拾われた猫。

「ニャーコ」と名付け、最初は痩せ細っていましたが、パワーのおかげでふくよかな猫に成長します。

パワーが早川アキとデンジと一緒に暮らすようになってからは、ニャーコも共に生活を送るようになり、デンジにも懐くようになりました。

懐く様子をみたパワーは、ニャーコを時々「裏切り者」と呼ぶようになりました。

パワーが復活できた理由

パワーは81話でデンジの目の前で一度マキマによって殺害されますが、その後復活を遂げることとなります。

なぜ復活できたかというと、71話で闇の悪魔と対峙した後、パワーには強烈なトラウマが残っており、日常生活にも支障をきたすレベルでした。

デンジと早川アキがパワーの世話をする中で、マキマから旅行の提案がありましたが、パワーを見過ごすことができないという理由でデンジはキャンセルしました。

自分が理由でマキマとの旅行をキャンセルしたデンジに対する申し訳なさからパワーは、「特別にワシの血を飲んでもよいぞ...」と言い、一度は断るデンジでしたが、パワーが泣き止まない為、仕方なく血を飲むことにしました。

パワーの血を取り込んだことによって、デンジの中にパワーが復活する鍵となったのです。

その後、マキマとデンジの戦闘中にポチタによってデンジの中にいるパワーが眠りから覚めます。

ポチタの懇願によって、パワーはポチタを食べて血の悪魔として復活を遂げることができたのでした。

何気ないシーンがしっかりと伏線として回収されていましたね。

パワーが可愛すぎると言われる魅力について

パワーと言えば第1回チェンソーマン人気キャラクター投票でも1位を獲得していることもあり、非常に人気のあるキャラクターです。https://www.shonenjump.com/j/vote_chainsaw/

ファンを魅了させる理由はなんと言っても、ギャグセンスの高いエキセントリックな性格と甘える時のギャップです。

初回の登場から、「おうおう!ひれ伏せ人間!!ワシの名はパワー!」と偉そうな態度で登場します。

パワーの性格は、見栄っ張りで傲慢で、子供っぽくプライドが高いと、非常に癖のある性格で、デンジでさえも絶対に仲良くなることはできないと感じていたほどでした。

しかし、物語が進んでいくにつれてデンジとの信頼関係も築くことができるようになり、会話の描写が度々書かれているのですが、デンジもパワー同様に破天荒な性格をしているので、普通の会話であってもギャグセンスが非常に高いです。

また、闇の悪魔との戦闘後に、トラウマとなってしまったパワーはデンジに一緒にお風呂に入ったり、一緒に寝て欲しいと甘えたりするのですが、普段の性格からは想像できないようなギャップがなんとも女性らしくて可愛らしいと感じたファンも少なくありません。

パワーの名言集

次にパワーの名言をご紹介していきます。

・「おうおう!ひれ伏せ人間!!ワシの名はパワー!!」

パワーが初登場するシーンで放ったセリフです。

「パワー」という名前も印象的でしたが、ツノが生えている見た目もインパクトがあり、登場した時からこれからの展開がどうなるんだろうと期待させてくれるシーンでした。

・「デンジィ…怖いから一緒にお風呂入ってぇ…」

闇の悪魔の戦闘以来、トラウマになってしまい、デンジに甘えた時のセリフです。

普段はわがままでプライドの高いパワーからでた意外な言葉に、デンジも一瞬動揺を隠せませんでした。

デンジだけではなく、読者からしても予想外の発言に可愛いと感じた人も多いはずです。

・「デンジは...ダメじゃああ...」

血の魔人として復活したパワーでしたが、マキマに追い込まれて逃げる時のセリフです。

デンジと出会う前まではプライドが高く、平気で仲間を裏切るパワーでしたが、共に生活をしていく中で、心身共に成長していき、デンジを「初めてできた友達」と認識します。

そして、自分の身を呈してでもデンジを助けたいという想いが強くなったからこそ、命が尽きる寸前であっても、仲間のために奮闘するパワーが印象的でした。

・「見つけてどうにか仲良くなって血の悪魔をまたパワーに戻してくれ そうすればまたデンジのバディになれるじゃろ?」

デンジを復活させるときに言った契約時のセリフです。

デンジを生き返らせる代償としてパワーが消滅してしまいます。

自分の身を犠牲にしてでもデンジに自分の全てを託すという想いが強く感じられました。

それと同時に、「いつでもそばにいる」というメッセージが垣間見られて目頭が熱くなるシーンでした。

まとめ

今回はパワーの性格や特徴、名言などを紹介しました。

パワーは非常に個性的なキャラクターで、多くのファンを魅了してきました。

今後のアニメでは声優が誰になるのかも非常に楽しみですね。

今回の記事を参考に、もう一度原作を見直してパワーの魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

ライター:カルコレ編集部 shoji suzuki

<参考資料>

漫画コミックネタバレ|【チェンソーマン】パワーがかわいいとファン急増!見た目にだまされている?パワーの魅力をまとめてみた!

ピクシブ百科事典|パワー

wiki|チェンソーマン

コミックキャラバン|【チェンソーマン】パワーは死亡後に復活した?デンジとの関係も解説!

漫画コミックネタバレ|最新ネタバレ『チェンソーマン』90-91話!考察!パワー復活?!衝撃の展開とは?!


ライター募集中!

弊社ECサイト「カルコレ」に掲載する、上記のような記事を執筆いただけるライターさんを募集しています。

現在執筆いただいているライター皆さんは、リモートや在宅勤務でライティングのお仕事をしています。本業を別にされていて、副業として夜の時間を使ってライティングをされている方、子育ての合間にスキマ時間を活用してライティングされてる方もいます。

業務量の調整などできますので、お気軽にご相談ください!

株式会社ひかりてらす's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings