1
/
5

What we do

アロウラ保育園(戸田市)の内装には、あたかも絵本のようなストーリーが込められています。
増田セバスチャン氏のアートディレクションで生まれた未来のピース保育園。既存の建物を活かし、千駄ヶ谷の一角に新たな物語を産み出しました。
◆◆ 未来のストーリーを創る ◆◆ ■□■------------------------------ 【事業内容】 グループ全体の基本戦略:既存事業できちんと稼ぎ、テクノロジーで大きくジャンプアップする。 <保育園運営事業(既存事業)> グループ会社のエデュリーは東京・神奈川・埼玉で12園の保育園を運営しています。 「主体性を育む」をミッションに、子ども達や保育士さんにとって、園に来る毎日がワクワクするような「世界に一つだけの保育園創り」を行っています。 きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースを手がける増田セバスチャン氏を筆頭に、実力派アーティストによって、各園で異なる内装、ユニフォーム、ロゴなどの保育園を作っています。 <保育園にレントゲンを作る(テクノロジー事業)> 保育園というハードウェアだけでなく、テクノロジーを活用して保育の課題を解決するソフトウェア開発を行っています。現在の保育園は人間の経験や感覚のみに頼って提供されています。これはレントゲンの結果を見ずに医師が「骨折です」と判断しているような状態です。私たちは、テクノロジーの活用を通して、子ども達の発達を客観的指標に落とし込み、一人一人の発達状況に応じた良質な保育の提供を行うことを目指しています。 ■□■------------------------------ ▼強み ・保育園というハードと技術を活用したソフトの掛け算ができる環境 ・主体性を育む保育に精通した実力派の園長 / 保育士 ・統計やAIなどの先端領域で実績を残してきた技術チーム ・サッカー日本代表の「遠藤航氏」や保育/子育てYoutuberとして著名な「てぃ先生」との協業など、強力なマーケティングパートナー ■□■------------------------------ ▼今後の展望:技術活用を駆使し、保育の常識を覆す。 エデュリー:負けない経営を通じて、拡張性の高い保育園というハードウェアを作りあげる。 エデュラ:テクノロジーの力を駆使し、ただのデジタルではなく、子どもの成長を本当の意味で支える保育OSを作りあげる。 ▼参考記事 ・「日本で浮いてしまう人材」がなぜ幼稚園事業を立ち上げたのか……「高校退学体験」をばねにAIで主体性を育てる事業を展開(週間エコノミスト) https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20201020/se1/00m/020/060000c ・高校中退し19歳で起業 25歳で11保育園を経営するまで(日刊ゲンダイ) https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/269482 ・9個の保育園を運営する僕が、エンジニアと主体性を育む「スマートエデュラ」をつくる理由(菊地翔豊) https://note.com/edula/n/n8fc7f52cfd08

Why we do

子どもたちの「主体性」を育むことが当社のミッションです。
個性あふれる保育園を創るのも、我々のミッションを達成するためです。
【なぜ一人一人違うのに、均一化した教育を提供するのかに疑問を抱きました。これが、私たちの旅の始まりです。】 ■□■------------------------------ 創業者の菊地翔豊は、日本の高校に馴染まず退学になり、自らニュージーランドに行くことを決心しました。このニュージーランドでの経験が、その後の人生を大きく左右します。彼はニュージーランドの「自分のやりたい事を追求できる教育環境」から、教育の与える影響を肌で実感し、このような機会を多くの子ども達に提供したいという思いから19歳の時にエデュリー(当時 Kids One)を創業します。 特に乳幼児期において、非認知能力の発達が生涯に与える影響が大きいということが、様々な研究で明らかにされています。 現在の保育現場では、保育士の多大な努力によって子ども達の成長を支えている一方、誤った常識や大人の物差しによって子どもの発達にマイナスな保育が行われしまっていることも事実です。またその問題の裏には多くの解決するべき課題があります。 世の中が便利になり、あらゆるモノや情報が溢れる時代において、自らの人生を取捨選択する重要性は一層高まっています。20年後の姿を想像して、幼児期に必要な「主体性のベース」を築きあげることで、一人一人が輝く社会をつくっていきたいと考えています。 ■□■------------------------------

How we do

■□■------------------------------ ▼チーム エデュリー:若手からベテランまで幅広い年代構成、~150名体制 エデュラ:20代中心、~6名体制 子ども達の健やかな成長を支えると同時に、安心安全な体制作りが保育園には必要です。そのため実現のために、常に常識をアップデートできる変化力と、子ども達や現場の保育士さんの目線に寄り添うことができるチームを目指しています。一人一人が責任を持ち、ミッション達成のために手足を動かすことを重視しており、年齢の関係ないフラットな組織づくりに努めています。 ■□■------------------------------ ▼オフィス:虎ノ門ヒルズ駅から徒歩3分 ■□■------------------------------ ▼働き方:原則オフィス勤務(副業除く)、コアタイム制の導入、フレックス休暇制度 ■□■------------------------------ ▼4つのバリュー(行動指針) " Issue Driven - 課題を解こう" チームとして解くべき課題を定め、課題を解くことにコミットする組織を目指しています。だからこそ、人の顔色を伺うのではなく、個々がチームの目的を果たすことに全力を注ぎます。 " Admire diversity - 個性はカラフル" 多様性を尊重し仲間を大切にしよう 子どもたち一人一人の主体性を育むということは、子どもたち一人一人の個性を受け入れるということです。だからこそ私たちは集団として多様性を大切にすることを重要視しています。 " Respectful Thinkers - 志高く目線は低く" 大きな目標や妄想なくして、大きな成果はあげる事はできません。一方で、大きな目標を達成するためには、一つ一つ丁寧に積み上げていくための目線の低さや謙虚さが重要であると私たちは考えています。 " Become Independent 主体的に行動しよう" 小さなチームで大きな成果を生み出すために、一人一人が主体的に行動することが重要です。子どもたちは大人の言動よりも背中を見て育ちます。主体性を育むことをミッションとしている私たちだからこそ、子どもたちの良い影響を与えることができる背中となれるに、自らの頭で考え、行動することを求めています。