1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

2020年夏のVRハッカソン開催レポート(オンライン)

GIBの宮本です。皆さんは連休は何されてましたか?

弊社ではハッカソンを開催していました。弊社のエンジニアが描いたウサギが社内で話題になり、そのままTシャツになりました。VRウサギと名付けました。今後の開催で色んなウサギが誕生しそうで楽しみです。

2日のハッカソンでオンライン開催だったので少し不安なところもありましたが、結果的には参加者の質が高かったこともあって良い結果になりました。

4チームでの開催でした。3チームは知り合いで参加いただきました。1チームは即席のチームでした。

どのチームもたった2日でここまで完成度上げるのものかと感心しました。


1位はチーム:チームAのVIRTUAL SPEACHでした。

仮想空間の中でスピーチの練習ができるものでした。Unityとtensorflowを繋ぎ込んでいて、スピーチのやる気に応じて観客が反応していました。

既存製品との差別化や完成度も高く、分野自体も面白いということで1位になりました。


2位はチームくまもとのOte-AR/AIでした。

こちらもサーバー側でPoTorchが動いてお手洗いの技を判定するというものでした。

判定結果と共に完成度や事業性も高いというので2位にランクインしました。


チームJetComaのVirtual Squatはスクワットの回数を遠隔確認できるものでした。

WebVRを採用しており、アイデアも使ってる技術も面白かったです。サーバーの裏側も自動デプロイができるようになっているようで、レベルの高さを感じました。


チームとんこつのVirtual216-analyzerはディスコードのボットを作成していました。

完成度も高かったのですが、審査側があまり質問できなかったのを反省してます。

機能が笑ってしまうほど面白い隠しイベントがあったので今後の発展を楽しみにしてます。


1位のチームにはOculus Questを。2位のチームにはVRウサギTシャツをプレゼントしました。ってか今週郵送します。


最後になりますが、今回参加していただいた方に感謝します。また手伝いに参加いただいた、弊社のメンバーやその他ステークホルダーの皆様に感謝します。

10月末にはハロウィンハッカソンをやる予定です。興味ある方はツイッターなどフォローしていただければと思います。仮装して仮想環境を立ち上げましょう。次回はステッカーなど参加賞を用意しようと思います。

では、お楽しみに〜

株式会社GIBJapan's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more