1
/
5

What we do

ADDressの家 南房総
ADDressでの過ごし方
ADDressは多拠点居住サブスクサービスを通して、 ・好きな時に、好きな場所で、暮らしたい。 ・都市と地方の複数の拠点で生活をしてみたい。 ・リモートワークをしながら、各地の自然とふれあいたい。 ・その土地で暮らす人たちと出会い、交流したい。 といった、新しい暮らしのかたちを実現します。

Why we do

ADDressの想い 2033年には、全住宅の3割が空き家になると予測されているほど、地方の空き家問題は更に深刻なものとなっています。 同時に、リモートワークなどの新しい働き方が広がり、場所に縛られないライフスタイルが注目されるようになっています。 弊社は「いつもの場所がいくつもある、という生き方。」をミッションに掲げ、空き家をはじめとした日本各地の遊休物件を活用し、そこで二拠点・多拠点生活したい人に滞在いただくことで、空き家問題を解決すると同時に新しいライフスタイルを可能にし、豊かな社会を実現します。 ESGの観点でも、関係人口の増加やディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の促進など社会的インパクトの創出に取り組んでいます。 詳細は「ADDressインパクトレポート2020 -21」をご覧ください。 https://drive.google.com/file/d/1-giAdAUKwAjV_lWc8yaW-vqGipD4X_Td/view

How we do

2019/11から正式サービスを開始し、多拠点生活における移動パートナー(JR東日本グループやJR西日本グループ)との資本業務提携やVCからの資金調達も行い、サービスや体制を強化してきました。 昨今のテレワークやワーケーションの広がりとともに会員は急拡大し、メディアでも弊社を取り上げていただく機会が増えています。 また、会員の増加とともに利用できる家の数も全国47都道府県200ヶ所まで広がっています(2021/10現在)。 政府が今年発表した「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」においても、二地域居住・多拠点居住を促進するため空き家の活用を推進する旨が記載され、多拠点生活の広がりは今後さらに期待できます。 こうした時代の追い風も受けながら、組織を強化してもう1段成長スピードを上げるために、新しいメンバーを募集しています。 ※参考までにADDress会員の多拠点生活利用実態レポートもご覧ください。 https://address.love/column/?p=215